meal insightー 日々ホオバル

渋谷LOFT他で夏のお弁当箱特集開催中

渋谷LOFT他で夏のお弁当箱特集開催中

夏のような暑さが続いた5月。これから梅雨がやってくる気配感じる雨の本日。暑さやジメジメはお弁当を傷みやすくし、また食欲もわかない日が出てきたりするので何を詰めようかと思案したり。お弁当を作る私たちにとっては、なかなか悩ましい季節になります。 現在、渋谷ロフトなどで開催中の夏のお弁当箱特集。 冷気は上から下に動くので、保冷剤はお弁当箱の上に乗せるのが基本ですが、そうなると2弾のお弁当箱だと下段まで冷気が届きにくいのが難点。でも、上段下段それぞれの内ブタに保冷剤を入れられるお弁当箱や、夏場さっぱりした麺類などが食べたい時に便利な汁漏れしないソース入れ付の丼型弁当箱などが提案されています。 そこで私も、夏向けのお弁当レシピを3種類ご提案しています。 さっぱり具沢山サラダとチーズベーグル、夏野菜の冷製パスタ、簡単カオマンガイのレシピが3種類。無料でこのレシピが掲載されているリーフレットが配布されているので、お弁当箱選びと一緒に是非お手にとってくださいね。 売り場には以前執筆させていただいた、子どもの部活や塾や学童にオススメの夏向け弁当レシピ本「夏弁」も置いていただいています。レシピだけでなく夏のお弁当で気をつけたいポイント(ハムやちくわをそのまま入れるのは実はキケン、ミニトマトのヘタはとる!など)情報も満載ですので、ぜひこちらもお手に取って見ていただけたらうれしいです。

Continue reading
美濃焼弁当箱【ieben】について

美濃焼弁当箱【ieben】について

家でも弁当っていい(家でも弁当のススメ)。そう思っていて、デザイナーさんと窯元さんと一緒に、持ち運ばない、うつわとしての弁当箱を作りました。 家族と一緒に夕食が食べたいな、と思っても仕事で夕食までに帰れず、そんな時は「置き弁」を作っていきます。夕食をお弁当に詰めて冷蔵庫に置いておくわけです。2人、3人となると、重ねられない平皿だと場所をとって仕方がない。でもフタ付きのお弁当なら重ねられる。 フタを開けるときにちょっと楽しみだと思ってくれたらいいなあ、と思いながらいつもお弁当を詰めます。ラップよりも、少しは味気なさが軽減できるかなあと。一人で食べる寂しさも、少しでも和らいだらいいなあと。このお弁当箱は、そんな思いが出発点です。 美濃焼で作られた磁器の弁当箱、ieben(イエベン)です。織部グリーン、黄瀬戸、ホワイトの3色。大と小の2サイズ。 手に持った感じや口当たりは、飯碗のそれと似ています。飽きが来ず、和洋中のどんな食べ物も美味しく見えるように、そして機能的であるようにとデザイナーさんが設計してくれました。そして、少し厚手で丈夫ながら重さは軽くするために、窯元さんが試行錯誤してくれて、これができました。忙しい毎日の中で使いやすいようにと、電子レンジや食洗機、オーブンが使用できる素材です。 うつわが食べ物を美味しく見せる。お弁当に詰めることでその価値が変わる(お弁当の魅力について)。その効果は確かにあるように思います。 こんなふうに使えます。オンラインショッピング(芳泉窯ストア)で購入できます。もしよかったら、使ってみてください。その良さがじわじわきます。以上、宣伝でした。

Continue reading
【テレビ】2017/5/23O.ATBSマツコの知らない世界「パン弁当の世界」の中身

【テレビ】2017/5/23O.ATBSマツコの知らない世界「パン弁当の世界」の中身

5/23O.AのTBSテレビ『マツコの知らない世界』でパン弁当の世界をご紹介しました。 ご覧くださった皆様、本当にありがとうございます。 限られた時間の中でお伝えすることなので、至らないところや言葉足らずな部分が多々あったかと思いますが、どうぞお許しください。 今回は、 ごはん+おかず数種類だけが弁当じゃない。 ご飯がなければパンがあるじゃない! パンになんかはさんでもってきゃ、お弁当になる! と、私はふだんから「とても大雑把に日々の弁当を捉えて作り続けている」ことをお伝えできたらと思いながら収録させていただきました。 なんだ、料理研究家とか言ってる人でも、毎日きらびやかなお弁当作ってるわけじゃないのね、お弁当続けるのって意外と気楽じゃない、と思っていただけたら、うれしいです。少なくとも私に関しては、まさにおっしゃる通りです! パンに何かを挟む時のポイントは 断面にからしバターなんかを塗る(水分が滲みにくい効果がある) はさむ具の水分をできるだけ減らす 固いパンには柔らかめの具を、柔らかいパンには硬めの具をはさむと食べやすい あたりでしょうか。 それでは、番組内でスタジオにお持ちしたお弁当箱とその中身を、順不同でいくつかご紹介します。 ・焼きサバサンド+Compleat Foodskin Compleat Foodskinは、ノルウェー発のサンドイッチ専用ランチボックス、といってよさそうです。シリコン素材で、BPAフリー。丸洗いができて、食洗機も電子レンジも使えます。ぎゅっとパンをはさむので、はさんでおく時間は不要、持ち歩いている間にしっかりサンドイッチになるというわけです。 中身は、バゲットに、軽く塩をして焼いた鯖にレモンをふって、レタスや新玉ねぎやミニトマトのスライスをはさんだものです。断面には、からしバターでなく、ゆずこしょうとバターを混ぜたものを塗り込んでいます。 はさんでいる具がトマトでなはなくミニトマトなのは、トマトの方が水分が多いから。はさみたてはジューシーでおいしいのですが、時間が経過したトマトはとても不味くなるので、ミニトマトにしています。 この付け合わせは、春野菜の具沢山オムレツにしました。季節それぞれの旬野菜を適当に刻んで卵でとじてしまえば良いだけです。参考まで、簡単なレシピを以下に。 【春野菜のスパニッシュオムレツ】 *材料4人分(8切れ分) 卵(4個)、オリーブ油(大さじ1.5)、新玉ねぎ(1/4個)、 アスパラガス(1/2本)、ブロッコリー(1/4個)、 スナップインゲン(4本)、塩(小さじ1/2) *作り方 1.野菜をさいの目切りにして、オリーブ油(大さじ1)をフライパンに熱し、 野菜を炒めたら軽く塩(1つまみ)で下味をつける。 2.卵をボウルに割り入れ、塩(小さじ1/3程度)を加えて溶く。残りのオリーブ油 をフライパンに回しかけた後、野菜を覆うようにフライパンに卵を流し入れる。 3.蓋をして3分火を通し、卵に8〜9割方火が通ったらひっくり返す。 4.中まで完全に火が通ったら完成 ・ハムとチーズのフレンチトースト+薄型弁当箱フードマン お弁当箱は、CBジャパンの超スリム型弁当箱。A4サイズの書類と同じ幅で、厚さもわずか3.5cm。フタが4点ロックで密封性が高く、弁当箱を立ててカバンにしまえるのが画期的。これで800mlの大容量。女性向けに、この半分のサイズもあります。 これは、クロックムッシュの変形、というか、しょっぱいフレンチトーストみたいなものです。お弁当はつくりたてを食べるわけではなく冷めた状態で食べるので、お弁当にするなら、はさむスライスチーズは、溶けるチーズよりも、溶けないチーズの方がおいしいです。 薄切りの雑穀パンに、ハムとチーズ、焼いた野菜をはさみ、卵を牛乳を混ぜ合わせた卵液にしみこませて、オリーブ油を熱したフライパンで両面を焼くだけという簡単さです。 付け合わせは、ポテトサラダと紫キャベツと新玉ねぎとうずらの甘酢漬け。ポテトサラダは、新ジャガイモと新玉ねぎ、にんじん、きゅうりが入っていて、マヨネーズとマスタードで和えています。マスタードを加えると、少し酸味が増して塩分控えめでも美味しく食べられます。 紫キャベツは、よく色素がでるので、カリフラワーやうずら卵など、白色の食材と漬けるときれいな赤紫色になります。甘酢をご飯に混ぜれば、綺麗な色の酢飯に。卵の酢漬けは私の大好物で、酢醤油などにも漬けます。簡単なレシピを以下に。 【紫キャベツ新玉ねぎとうずら卵の甘酢漬け】 *材料4人分 紫キャベツ(1/4個)、新玉ねぎ(1/2個)、うずら卵水煮(10個)、 甘酢液(砂糖大さじ1.5、酢 大さじ3、塩小さじ1/2、水50ml) *作り方 1.紫キャベツと新玉ねぎを千切りにする。 2.甘酢の材料を全て耐熱容器または鍋に入れ、沸騰するまで温める。 3.1とうずらの卵を煮沸消毒して乾燥させた容器に入れ、 そこに熱々の甘酢液を流し入れてフタをする。 4.熱が取れたら冷蔵庫へ。1晩寝かせて味がしみこんだら完成。 ・タルタルフィッシュフライサンド+ANCIENTコンテナランチ03 お弁当箱の写真を撮り損ねてしまいました、すみません。[ANCIENTコンテナランチ03]は、SHOWA社の商品で、とにかく大容量。900mlです。4点ロックのフタはドーム型なので、お弁当を詰めてもフタでつぶされにくいです。手頃な値段でカラーバリエーション豊富。今回使用したミリタリーの他、赤、白、ネイビーがあります。 コッペパンの断面にからしバターを塗って、そこに千切り野菜とアジフライ、タルタルソースをはさむだけ。アジフライの他に、いわしフライでも、白身魚のフライでも、エビフライでも、ささみフライでも。前日の夕食の残りがなければ、スーパーなどのお惣菜コーナーで買ってきておけば、3分もあればできちゃいます。要は、アジフライ定食のおかずをパンにはさんだだけです。 タルタルソースは、ゆで卵1個ときゅうりピクルス1個をみじん切りにして、マヨネーズ大さじ2を混ぜただけ。 付け合わせは、アジフライ定食に合うような和風のものにしました。きゅうりの浅漬けは、みょうがと新生姜の千切りを混ぜています。白和えには、新ごぼうと春掘り人参とほうれん草、そしてひじき。春の食材を混ぜ込みました。簡単なレシピを以下に。 […]

Continue reading
【動画】GYAO!「さきどりBose」配信中

【動画】GYAO!「さきどりBose」配信中

先日GYAO!配信番組「さきどりBose」に出演させていただき、手づくりお弁当事情についていろいろお話させていただきました。 MCの スチャダラパーBoseさんはお子さんに、アシスタントの小池美由さんは弟さんやご家族に実際にお弁当をつくっていらっしゃるとのことで、ご質問くださることが本当に的確!そのおかげで、とても楽しくお弁当についていろいろなことがお話できました。 配信期間は、2017年5月8日~2017年11月8日。お時間ありましたらぜひご覧下さい。 https://gyao.yahoo.co.jp/player/11185/v00004/v0000000000000000161/ 小池さんが「自分の作ったお弁当がダサかったりしたら、弟とかが友だちに見られた時に恥ずかしかったりしたらかわいそうかな、と思うんですよ」とおっしゃっていた言葉に、とても家族を思っていらっしゃる気持ちがこもっていて、印象的でした。 でも、人のお弁当をのぞいてあれこれ言う人なんて、友だちになりたいですか?そんな失礼な人って、ねえ。と思うのです。実際にそうお話もしたんですけれども。 朝と夜の間、1日を元気に過ごせるように美味しく食べられたらお弁当はそれで良し。私自身、おにぎりとスープだけで良い日も、サンドイッチ1つあれば十分、という日もあります。食べる人がおいしくて、心身が元気になればそれでよしです。

Continue reading
【新聞】朝日新聞be「かしこく選ぶ 買い物指南」(4/22号)

【新聞】朝日新聞be「かしこく選ぶ 買い物指南」(4/22号)

朝日新聞beの「かしこく選ぶ 買い物指南」のコーナー、取材協力させていただきました。数回に分けて、その特徴や選び方を含め、いろいろなお弁当箱をご紹介させていただきました。 短い文面の中で、お話ししたことすべてをお伝えできないのがとても残念!なのですが、少しでも弁当箱選びのヒントにしていただけたらうれしいです。 内容については、ウェブサイトでもご覧いただけるようです。 http://www.asahi.com/articles/DA3S12900940.html

Continue reading
【テレビ】テレビ東京「ソレダメ!」(4/5放送)

【テレビ】テレビ東京「ソレダメ!」(4/5放送)

4/5放送の、テレビ東京「ソレダメ!」でお弁当のテーマでちょこっと出演させていただきました。番組でお話しした内容は、 詰めた時はいいのに、食べるときにフタを開けてみると偏りが…というお弁当のお悩みについて。そんなときは、ラップをして余分な隙間がないように上から軽く抑えてラップしてからフタするといいです。 ドーム型のフタのお弁当箱は、詰めたものが潰れない分、上下に動く余地があります。全体にすき間なく詰めたつもりが偏ってしまうのはそのため。特にお子さんはぴょんぴょん跳ねるように歩くので、ズレやすくなります。その、上下の余分なすき間を埋めることで、お弁当の偏りが防げます。 それから、お弁当のイヤーな匂いについて。洗剤で洗ってから米のとぎ汁に一晩浸け、再度洗うと匂いがおさまります。樹脂製のお弁当箱は、素材自体が匂いを吸い込んでしまったりするので、なかなか落ちにくいです。ちなみに、ステンレスのお弁当は匂いがつきづらく、そしてとても落ちやすいので洗剤で洗えばOK。ですが、意外と盲点なのは、フタ。本体がステンレスでもフタが樹脂、というものがあり、洗ったのに臭い、という時は本体でなく樹脂製のフタの方が臭い可能性が高いです。 でもお弁当を臭くしないための一番の方法は、食べ残しないお弁当を作ることです。 お弁当箱が臭くなるのは、食べた後、家に持って帰るまでの間なんです。 飾りだけで食べなかったレタスやミニトマトのヘタ、おかずの汁気の残ったおかずカップ、そういうのが入っていると、食べ終わってフタをして家に持ち帰るまでに、弁当の中で生ゴミ化する。だから臭くなるのです。

Continue reading
【講演】大学と高専で日本の弁当文化についての特別授業@台南

【講演】大学と高専で日本の弁当文化についての特別授業@台南

3月下旬に、台湾の台南市と高雄市に行ってきました。 長榮大学と樹人醫護管理專科學校、2ヶ所の学校で、日本語や日本文化学科専攻の学生さんに向けて、日本のお弁当文化についての特別授業をさせていただきました。 ジャパーベ?(ご飯食べた?)が挨拶の言葉になるほど、食への興味が強い台湾。台湾には弁当はたくさんありますが、さすが外食天国、家庭から持っていく弁当、というのはとても少ないそうです。学生の皆さんがとても熱心に、そして楽しんで聞いてくださったのがとてもうれしかったです。 講演後には、 なぜ日本人はミニトマトをお弁当に入れるのですか? (台湾ではミニトマトは果物、というジャンルに入っているそう) どうして常温のものを食べるのですか? (台湾では毎食外食なので、基本的に温かいものを温かいうちに食べる。特に学生は料理をする習慣がなく、学生寮や一人暮らし用の賃貸居室には、コンロ自体がないのだそう) 今まで一番失敗したお弁当は何ですか? (娘が小さい頃に作ったキャラ弁です。唯一まずくて残してきたお弁当です) など、学生さんからの率直な質問が飛びました。そこが不思議に思うんだ!と私にとっても、いつもと違う視線で日本のお弁当をみる機会をもらえて、素晴らしい経験になりました。 駆け足での出張になりましたが、台南在住の友人と、台南生まれ台南育ちの奥様の二人にいろいろ案内してもらい、たくさん食べました!もう、お腹いっぱいで動けなくなるほど。また近いうちに、今度は仕事ではなく、ゆっくり遊びに行きたいです。

Continue reading
【新聞】毎日新聞「くらしナビ」(3/21掲載)

【新聞】毎日新聞「くらしナビ」(3/21掲載)

本日の毎日新聞「くらしナビ」紙面に取材協力させていただきました。お弁当作り、実は時間がかかっているのは、調理そのものよりも、メニュー決めや盛り付けだったりします。 メニュー決めをできるだけシンプルに簡単にするコツや、同じお弁当のおかずでも盛り付け方を変えるだけで印象が違うことなど、簡単レシピや写真と共に紹介していただきました。 内容はこちらでもご覧頂けます↓ http://mainichi.jp/articles/20170321/ddm/013/100/021000c 当日作ったお弁当はこんな感じ。手前が中高生女子の量でご飯とおかずの組み合わせ、奥が男子の量で、のっけ弁スタイル。 新学期が始まり、お弁当生活を新たに始める方も多いと思います。 お弁当は、何を持っていくかをあれこれ悩む前に、「毎日何かお昼に食べられるものを持っていく」という習慣をつけることが第1歩です。 新生活が始まる時期は、そもそも慣れないことだらけで疲れも溜まる毎日です。 一人暮らしを始めたばかり、という方は、料理を作ること自体まだ慣れていなかったりします。そんな時に最初から全て手作りで、なんて言っていたら、ハードルが高くなって、嫌になったりもして、なかなか続けられません。 慣れないうちは、1品だけ手作りのものにしてあとは市販のおかずや冷凍食品を活用してもOK。 料理は、毎日少しずつでも続けていると習慣になって、気づけば結構腕が上がっているものです。自転車だって、逆上がりだって、最初はできないけど、慣れると簡単になります。料理も一緒。 まずは、食べる人がお昼に食べたいと思うものを、家から持って出かける。おにぎり1個でも、全然OK。そこがスタートです。

Continue reading
【新聞】日本経済新聞土曜日版日経プラスワン(3/18号)

【新聞】日本経済新聞土曜日版日経プラスワン(3/18号)

だいぶ遅くなってしまいましたが…。お弁当づくりのコツについて取材協力させていただきました。 お弁当って時間も手間もかかる、なんとなくそう思ってしまうと、一気に面倒になります。 お弁当を作る時、一体何がストレスで、何に時間がかかっているのか。 時間がかかっているのは実は調理でなく、メニュー决めや詰める作業だったりします。少しでもその負担が軽くなるヒントになるといいなあ、と思ってインタビューにお答えしました。 詰め方のコツについては、手順ごとにご紹介させていただきました。記事についてはこちらでもアップしてくださっているようです。 弁当、彩りの法則 赤・黄・緑・茶・白…5色そろえる(日経電子版NIKKEIプラス1暮らしの知恵) ちなみに、撮影当日作ったお弁当はこちら↓

Continue reading
【ムック】『悩まず作れる!おべんとうの手引き』発売

【ムック】『悩まず作れる!おべんとうの手引き』発売

『悩まず作れる!おべんとうの手引き』(笠倉出版社)の見本誌が到着。 今回はレシピ本ではなく、手引きなので、大きなテーマは 「お弁当に何を詰めるのか、どう詰めるのか。」 です。 ごはんとおかずの割合についてとか、お弁当箱の形別に詰め方の手順とか。と言いつつ、72品お弁当向けおかずのレシピも掲載していたりします。 このムックは、全国のセブンイレブン16000店舗をはじめ、書店やオンラインストアでも購入いただけます。お値段お手ごろ490円(税別)。 制作にあたり、コンビニでも販売するので、コンビニ弁当も飽きたしお弁当でも作ろうかなー、と思う人の第一歩になりますように!その一歩がなんとなく続いて習慣になって、お弁当って面倒でも難しくもないじゃん、って思ってもらえるヒントになるといいな!それだけ思って作りました。 こんなお弁当作れたら素敵、と眺めるものではなくて、このレベルでいいなら私だってできるわ、と実際に試して、使っていただけるものを、と思って制作しました。実際にお弁当を作ってもらえたら、心底うれしい。 見かけたらペラっとめくってみてもらえるとうれしいです。

Continue reading
家でも弁当のススメ

家でも弁当のススメ

弁当は持ち運ぶもの、というのが一般的ですが、家で食べる食事が弁当でもいいじゃないか、と思っています。弁当は「お弁当の魅力について」で書いた通り、食事を1つのうつわに収める、それ自体にとても素晴らしい合理性があると思っています。 私は、お昼過ぎまで打ち合わせや会議で、午後は家で作業という日も、朝に家族のと合わせて自分のお弁当を詰めます。お弁当は外に持って行かずに、家に置いておきます。この写真も今日のお弁当。持ち運ばないので、ずれたりすることを心配しなくてよく、とにかく1食分、家にあるものを詰めておくだけで良いのです。 そうすると、お腹ぺこぺこで午後2時近くに帰宅しても、2分でお昼。 お腹が空くと途中で余計な寄り道したくなりますが、お弁当が家で待っていればしなくて済みます。家に帰ってふたを開ければすぐお昼ですから。食べるお店を見つけたり、注文したり、料理を待ったり、お金を払ったりする面倒を回避できる。 家に帰って手を洗えばお昼。レンジで温めたり、皿や茶碗をいくつも出して盛り付け直したりしなくてもいい。ふたを開けるだけ。食べ終わったら洗い物は、お弁当箱1つだけ。弁当の、その清々しさが好きです。 終日家で仕事するときもそう。朝に詰めておけば、自分のタイミングで、手を止めて、お弁当を目の前に置くだけでお昼。フタを開けるとき、自分で詰めたのですから何が入っているかわかるのに、ちょっとワクワクします。作る時間が省けるので、休憩時間がそのぶん長くとれる。 家族に持たせるのと同じお弁当を食べると、ああこれは冷めても美味しいんだな、とか、これはあんまり美味しくなかったのね、これって時間が経つと結構色や味が変わるのね、という発見がちょいちょいできます。 自分自身のためだけでなく、例えば塾に行く前の子どもや留守番する家族に食事を作っておくこともあるわけですが、例えば残り物をただ皿に乗せてラップすればそれは残り物でしかないけれど、でもそれらを1つの弁当箱に詰めると、その集合体は「お弁当」という食事に変身します。 ワンプレートで盛り付けてもいいのですが、平皿は重ねられないから、人数分置いておこうと思うと、ものすごく幅を取るんですよ。でもお弁当箱は重ねておける。 ちなみに、家で食べる弁当は仕切りナシがいいです。あらかじめいくつかに仕切られていると、一見盛り付けが簡単そうに見えますが、その一方で全ての空間を埋めなくちゃいけないプレッシャーが潜在する。結果、いらないものまで詰めちゃったりして、意外と使いにくいです。 ほんの些細なことですが、実は食卓の問題解決の1つになるんじゃないか、と密かに思っています。図にするとこんな感じ。 お弁当は作り手の温もりを伝え、そしてフタを開けるときに人はワクワクする。少しだけ、寂しさも和らげてくれる。 そう思うので、家でも弁当、オススメです。

Continue reading
【テレビ】NHKスタジオパークからこんにちは(2017/1/10放送)

【テレビ】NHKスタジオパークからこんにちは(2017/1/10放送)

本年もどうぞよろしくお願い致します。 1/10のNHK「スタジオパークからこんにちは」という生放送の番組の第2部に出演させていただきました。その日のゲストは俳優の瀬戸朝香さんでしたが、とてもお綺麗な方で、忙しい中でも、ご家族との時間をとても大切になさっている姿が垣間見られて、ますます感じ良い方でした。 さて今回出演させていただいたのは、お弁当についてのコツということで、いただいたお題は2つ。 ・お弁当の盛り付け ・お弁当の定番おかずのアレンジ でした。 ・お弁当の盛り付けについて 子ども用の同じお弁当箱に、ほぼ同じ材料と作り方をしたおかずを詰めて比較しました。 お弁当の中身は、 焼き紅鮭、卵焼き、枝豆塩ゆで、オクラ入りハンバーグ、マカロニサラダ、海苔、ごはん という内容です。 普通に盛り付けたもの(向かって右)と、こども用のアレンジ(左)を並べてみました。 これを子ども向けにほぼ同じ材料と作り方をしたおかずをアレンジして詰めました。違いは、 ・紅鮭をほぐし、枝豆をさやから出してごはんに混ぜる ・ハンバーグを切った断面が見えるように詰める ・マカロニサラダのマカロニを、3色のアルファベットのマカロニに変更 ・海苔を、ご飯の上に敷かずに卵焼きに巻き込んだ というところです。魚はほぐして入れると子どもは食べやすく、お豆もまだお箸が苦手な子にはごはんに混ぜると食べやすくなります。彩りも鮮やかに。海苔も、ごはんにそのまま乗せておいたままのものは、結構ちぎれにくくて食べにくいことがあります。卵焼きは、熱がある間にラップに包み、その上から竹串を5本周りに置いてくぼみを作り、花形にしてみました。 ほかにも、おにぎりにしてみたり、三色丼風にしたり。(三色丼のコーンは、マカロニサラダに入れたものを活用しています) 忙しい朝に飾り切りしたり型抜きするのも、結構時間がかかりますし、野菜の切れ端が出ると片付けも面倒で、捨てたりしたら食べ物がもったいないです。断面に特徴があるおかずや野菜(オクラやレンコン、ズッキーニなど)の断面が見えるように盛り付けるとか。同じお弁当箱と同じ内容でも、ちょっとしたことで意外と見た目に変化がつけられます。 ・定番のおかずをアレンジする 今回使ったのは、ひじき煮ときんぴらです。どちらも、一度にたくさん作りがちですし、たくさん作った方が美味しくできるおかずです。そしてお弁当のおかずに最高の甘辛味。スタジオでガスコンロだけの調理器具で短時間に作れるもの、という条件があったので、2つ合わせて10分程度で作れるアレンジレシピを実演させていただきました。 まずは、きんぴらから。 ・きんぴら入りのお揚げ焼 材料:2個分 きんぴら(1/2カップ程度)、 油揚げ(1枚)、鶏ひき肉(80g)、 ねぎの白い部分(1/4本)、 しょうが(少々)、 酒(小さじ1)、 醤油(小さじ1) 作り方 1. 油揚げは半分に切って、袋状にする。ねぎとしょうがはみじん切り。 2. ボウルに鶏ひき肉、ねぎ、しょうがを入れてよくこねる。 きんぴらを加え、塩と酒で下味をつける。 3. 油揚げの中に2を詰め、平らにならす。口を楊枝でとめる。 4. フライパンに3を並べて火にかける。 中火でフタをして焼いて、焼き色がつくまで2分程度焼いたらひっくり返す。 さらに2〜3分焼き、両面に焼き色をしっかりつける。 酒(または水、分量外:大さじ4程度)を加えて蒸し焼きにする。 汁気が飛んで中心まで完全に火が通ったら完成。 ※きんぴらを粗みじん切りにして加えると、より混ぜやすく、詰めやすくなる。 ※油揚げに詰めた後、平らにならすと火通り良く、加熱ムラも出にくい。 これを焼いている間に、ひじきのアレンジメニューが作れます。 ・ひじきの五目ちらし風 材料:2人分 ひじきの煮物(1/2カップ程度)、 酢飯(茶碗2杯分)、 錦糸卵(1個分)、 塩茹で絹さや(3〜4枚)、 いくら(お好みの量) […]

Continue reading
【ラジオ】11/24NHKラジオ第1「すっぴん!」

【ラジオ】11/24NHKラジオ第1「すっぴん!」

11/24に、NHKラジオ第1『すっぴん!』内「本、ときどきマンガ、ところによりごはん」のコーナーに3回目の登場をさせていただきました。 当日の様子はこちらのブログでも少し紹介されています。 すっぴん!ブログ(2016/11/24、NHKラジオ第1) http://www.nhk.or.jp/suppin-blog/2016/11/24/ 今回のテーマは「レパートリーの増やし方」。 レパートリーを増やしたいからといって、新ネタレシピを1つずつ覚えるのは大変。例えば何かを調べてレシピを見つけ、その時は作れても、それが自分の持ちネタとして蓄積されることはほとんどないです。 それよりも、自分の作れるものを深掘りしていく。チョイ足し、チョイ引き、チョイ変。あくまで定番というベースがあって、あくまで「チョイ」変える(ものすごく変えるとリスクが高いです)。これを続けていくうちに、気づけば違う料理にたどり着いていたり、いつの間にか料理の腕も上がり、レパートリーも自分でひらめくようになる、ということをお話しました。 料理は、ある突然神の啓示がピカリと降りて、誰もみたことも聞いたこともない素晴らしく美味しい料理を思いつく、なんてことはほぼナイ、と私は思っています。レシピは、ゼロからの丸暗記ではなく、自分のできるものから派生させていくほうが、確実に身につきます。 この日持っていったお弁当は、 ・黒米入りごはん ・塩肉じゃが ・柴漬け入りの卵焼き ・ブロッコリーのきな粉和え ・白カブ甘酢漬けゆず風味 です。ずべて定番ものを、チョイ足し、チョイ引き、チョイ変しただけ。 ・黒米入りごはん →いつも炊いている白米に、黒豆をチョイ足し。炊き方は一緒。 ・塩肉じゃが →いつもの肉じゃがのしょうゆを塩に変えただけ。その他の材料と作り方は一緒。 ・柴漬け入りの卵焼き →いつもの卵焼きに柴漬けをちょっと混ぜて焼いただけ。 ・ブロッコリーのきな粉和え →いつものごま和え、すりごまをきなこに変えただけ。作り方味付けは一緒。 ・白カブ甘酢漬けゆず風味 →かぶの甘酢漬けに、ゆずの絞り汁と皮をちょっと足しただけ。 聞けば、なーんだ、という感じですよね。 ちなみに、卵焼きのバリエーションを広げようと思ったら、卵かけご飯に混ぜて美味しいものを思い出して混ぜるか巻くかすれば、ハズレ無しです。 次回は、12/22(木)に出演予定です。テーマは、「詰め方の極意」です。 ※生放送当日は雪が降って交通機関があちらこちらで混乱していました。私は北国生まれなので雪に強いと自負しており、いつもより30分早く出て余裕で到着したのですが、なんと入り時間を間違えていて(前日もNHKだったので、その時間と勘違いしてしまっていたのでした) 実際の時間よりも30分も私は遅刻していて、結局生放送ギリギリにスタジオに入り、それなのにスタッフの皆さんがお優しくて何も言わずにいてくださったので、私は放送中はもちろん、家に帰るまで全くそれに気づかず、すみませんも言わずに「余裕でしたよ」ぐらいの勢いでのん気に過ごしてしまったという、申し訳なくて、穴があったら入りたいとはこのことです。涙 しかもその日の番組のテーマは、「遅刻」だったそうです。今月は絶対に遅刻しません。

Continue reading
アメリカの公立小学校の給食見学

アメリカの公立小学校の給食見学

ポートランド滞在中に、公立小学校の給食見学に行って来ました。友人がポートランド州立大学でスクールランチの研究をしている縁で、市内でもスクールランチに積極的な取り組みをしているというリッチモンド小学校に行くことができました。 この小学校は半日は英語、半日は日本語で授業が行われるそうです。だから表玄関に掲げられた学校の名前も、アルファベットとカタカナ漢字が併記されていました。公立小学校というのですから、なかなか珍しいですね。 到着した時は、ちょうど低学年のランチタイムが始まったあたり。ずらりと子どもたちのランチバッグが並んでいました。 ランチは、自分でお弁当をもってきてもよし、学校が用意したものを購入して食べても良し。こちらの学校を見ると、低学年高学年ともに、自分でお弁当を持ってきているお子さんが多かったです。 スナックや野菜、フルーツというお弁当もあれば、海苔巻きやおにぎらず、というメニューもあり。 お弁当を持ってこない場合は、学校で用意されたものを食べることもできます。その場合は別途有料で、利用する児童の家庭が個別に支払い。1食当たりの金額が決まっているので(保護者負担は2.50ドル程度。学校給食については公的な費用助成が学校にあるそうです)利用回数分を支払います。 こちらの学校は、調理設備が学校内にあって自校調理で、温かい料理が提供されています。印象的だったのは、サラダバーの野菜と果物がとても新鮮でおいしかったこと。地元の農家さんから直接入手しているそうです。野菜と果物は好きな分だけ取って良い、取り放題でしたよ。 私はチキンのミートボールと玄米を選びました。メインディッシュを食べない場合は、ヨーグルトやシリアルなどを代わりに選べるそうです。 十数年振りにアメリカの公立小学校のランチの様子を取材しました。実際に見て食べて思ったのは、地域による差はかなりあると思いますが、学校が提供するランチの質は、格段に上がったように思いました。以前見学した時も、保護者が払う金額は今と同じ2.5ドル程度でしたが、野菜も少なく、質もとても悪かった。学校によって、もちろん現在もばらつきがかなりあるそうですが、少しずつながら子どもの昼食への関心は、確かに変化しているような気がします。 そしてもう1つ。日本の学校給食は、提供される全部の種類の料理を、全員に同じように盛り付けます。それを写真におさめると、バランスの良さがよくわかる。でも、実際にそれを全部食べていない子どももたくさんいる。アメリカでは、子どもが好きなものを選んでトレイに並べます。たとえ野菜が豊富に提供されていても、取るか取らないかは個人に委ねられます。それを写真に撮ると、個人の好みに偏った、まるでバランスが悪いことを強調するかのような食事になることもしばしば。瞬間的に切り取られた情報では、実態はとてもわかりづらいと改めて実感しました。 ちなみに他の小学校では、週に一度、希望者が注文できる、地元のレストランによるケータリングサービスもあるそうですよ。実際に学校給食のケータリングサービスをやっているお店も取材させてもらいましたが、この日はミートソース。なかなかおいしそう。本当はここパセリをふりたいんだけど、子どもたちの残食率を上げないため、あえてナシにしているそうです。味見させていただきましたが、数時間野菜と肉がしっかり煮込まれた手作りのミートソース、とてもおいしかったです。  

Continue reading
【Chef Naoko しずく】@ポートランドが新装オープン

【Chef Naoko しずく】@ポートランドが新装オープン

先週は1週間、アメリカのポートランドに出張へ。 ポートランドは秋真っ盛りでした。 ポートランドのダウンタウンにある、オーガニックな地元食材をふんだんに使った日本料理レストランChef Naokoが、建築家隈研吾氏のデザインによってリニューアルし、そのオープニングのサポートのために1週間厨房。オーナーシェフは、私のとても大切な友人なのです。 美しい内装は、くつろぎと美しさが兼ね備わった素敵なものでした。ソフトオープンということで橙たきなアナウンスをしなかったにもかかわらず、オープンの数日間はランチのみなのに開店前に行列が。地元の人に愛されて来たことがわかります。 あたらしいレストラン「Chef Naoko Shizuku」では、弊社がプロデュースさせていただいた美濃焼弁当箱「ieben」が使われています。 この器とのコラボメニューがランチでいただけます。使っていただくにあたり、日常の日本のお弁当を体験していただくために、盛り付けのチェックなどもさせていただきました。   自家製のぬか漬け、そして自家製味噌による味噌汁付き。衣にオートミールをプラスして、クリスピーなのが大好きなアメリカの舌にマッチさせながら日本のとんかつの美味しさをしっかりと伝えていたり、と随所に小さな発見や楽しみも。ポートランドにご滞在の際は、ぜひ足を運んで見て下さい。 ちなみにChef Naokoは、デルタ航空の日本からのポートランド直行便の機内食(ビジネス・エコノミー共に)も手がけています。もしポートランドからのお帰りにエコノミークラスでカツカレーが登場したら、「pork」を選ぶことをお勧めします。とてもおいしいですよ。   Chef Naoko http://www.chefnaoko.com 1237 SW Jefferson St. Portland, OR 97201

Continue reading
【ラジオ】10/27NHKラジオ第1「すっぴん!」

【ラジオ】10/27NHKラジオ第1「すっぴん!」

10/27に、NHKラジオ第1『すっぴん!』内「本、ときどきマンガ、ところによりごはん」のコーナーに2回目の登場をさせていただきました。 当日の様子はこちらのブログでも少し紹介されています。 すっぴん!ブログ(2016/10/27、NHKラジオ第1) http://www.nhk.or.jp/suppin-blog/2016/10/27/ 今回のテーマは「彩り」。彩りの解決ポイントは、いつも同じことを言って恐縮ですが 「5色=赤・緑・黄色・白・黒(茶色)」をお弁当の中に入れる です。色の割合は問わず、入っていさえすればよし。今回スタジオに持って言ったお弁当はこちら。 中に入っているおかずはほぼ同じ。味付けも同じ。ただし、左には、赤が入っていて(コールスローのにんじん、赤ピーマン肉詰め、さつまいもの皮)右には入っていません。比べてみるとわかりやすです。 赤なら梅干しや紅ショウガ、トマトケチャップ、緑なら小ねぎや大葉やドライパセリなど、黄ならレモン、黒なら黒胡麻や海苔、(白はごはんがあるので)とちょい足しでOK。 かぼちゃやさつまいもなど、中身と外の皮の色が違うものは、皮付きで調理してその色が見えるように盛り付けるだけで2色獲得です。 そして、もう1色。紫を足したら、かなり華やかで素敵になります。 なんとなく今日のお弁当の彩りが少し寂しいかな、と思ったら、どの色がないかを探してみてください。ちょい足しで雰囲気がガラッと変わるかも。 次回は、11/24に登場予定です。お時間があったら聞いてみてください。

Continue reading
【イベント報告】町田市食育フェア講演会無事終了

【イベント報告】町田市食育フェア講演会無事終了

11/6に開催された町田市食育フェア講演会@町田市民フォーラムは、無事に終了しました。 当日はとても大きなお祭りの真っ最中だったので、来てくださる方いるかなとちょっと心配でしたが、たくさんの方が来てくださり、本当にありがとうございます。 テーマは「簡単にできちゃう!バランス弁当のコツと最新お弁当箱の紹介」。 ・お弁当の中は5色(赤・黄・緑・白・黒または茶)を入れさえすれば美味しく見える ・料理スキルは1日にしてならず、でも料理のレパートーリーが簡単に増やせる考え方 ・お弁当づくりを気楽にするお弁当メニューの組み立て ・お弁当の中身とお弁当箱の関係 などについてお話しさせていただきました。いらしてくださったみなさんのお弁当作りがもっと楽しくなったり、悩みが少しでも軽くなったりしてもらえたらいいな、と思います。

Continue reading
【イベント報告】10/29鳥取ガス展無事終了

【イベント報告】10/29鳥取ガス展無事終了

10/29に行われた鳥取ガス展@鳥取ガスショールームサルーテは、お天気こそあまりよくなかったものの、無事に終了しました。                 午前午後の部とも、たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。 ご飯を炊き、お肉を焼き、卵焼きを焼き、野菜の素焼きをして、そしてお弁当に盛り付ける。調理を手軽にするコツやお弁当箱選びのポイントをお話ししながら、簡単お弁当の実演をさせていただきました。 そして、ご来場くださった方に先着順で実際に作ったお料理を試食もしていただきました。 メニューは ・鶏の味噌漬け焼き ・煮豆入り卵焼き ・野菜の素焼きポン酢漬け ・鳥取産のごはん   です。 各ポイントは、 ■鶏の味噌漬け焼き あらかじめ密封できる保存袋に味噌やその他調味料をいれ、袋を揉み込んで混ぜ、そこに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れ、袋の外側からかるくもみこんで空気を抜いて封をして冷蔵庫で一晩寝かせるだけ。そうすると、少ない調味料で味がなじみ、しかも冷蔵庫の場所もとりません。そのままでしたら2〜3日冷蔵保存できます。 今回はガスの良さを最大限に活かしたかったので、グリルで焼きました。 味噌漬けは焦げ付きやすいので、焼く前には味噌を拭き取ってください。 ■煮豆の卵焼き これは、市販の金時豆の甘煮を粗く刻んで、卵とほんのちょっとのお塩と混ぜて焼くだけです。甘めの卵焼きがおすきな方にはぜひおすすめ。味付けも、煮豆がちゃんと甘いので、それを引き立たせるための塩をほんのちょっと効かせるだけでいいです。 ■野菜の素焼きポン酢和え 鳥取は長芋の産地でもあるので、他の野菜と共に、長芋の素焼きをご紹介しました。とろろにしたり千切りにしたりして、ふだんは中で食べることが多い長芋ですが、焼いても美味しいです。しかも表面に焼き色がつくだけでOK。火の通りを気にしなくていいので、忙しい朝にも向いています。 翌朝、当日取材にいらしていた日本海新聞さんでも掲載してくださったようです。鳥取、人も食も、そして土地も素敵なところでした。また行けたらいいなあと思います。

Continue reading
【イベント】11/6町田市食育フェアにて講演会

【イベント】11/6町田市食育フェアにて講演会

東京都町田市で毎年行われている、町田市食育フェア。 町田市の地元食材を使った「まちだすいとん」の試食を始め、竹の食器の親子制作体験や食育ゲームなど、様々なものが楽しめるそうです。 今年は私もそちらに伺って、簡単に彩り良いお弁当を作るコツ、についてお話しさせていただくことになりました。電話による事前申し込み制(無料)だそうで、もしお近くにいらしたら、まちだすいとんを食べながら来ていただけると嬉しいです。 11/6  11:00〜12:00(受付開始10:30) @町田市民フォーラム3階 お申込 042-724-5656(町田市保健予防課)  

Continue reading
【イベント】お弁当実演@鳥取地区第55回リフォーム&ガス展

【イベント】お弁当実演@鳥取地区第55回リフォーム&ガス展

鳥取で大きな地震があり、被害に遭われた方もいらして、とても心配です。 小さな地震もまだあるそうで、1日も早く生活が落ち着かれますことを心からお祈りしています。 今週末は鳥取市に伺って、皆さんの前で簡単お弁当の実演をさせていただく予定です。 地元の食材を使って実際に作り、簡単な試食もしていただけたら良いと思っています。 10月29日(土) 1回目:10:30〜 / 2回目:13:30〜 場所:鳥取ガスショールームサルーテ 無料のイベントなので、もしご無理なくいらしていただけたら、そしてちょっとでも楽しんで元気になっていただけたら、とても嬉しいです。 (↑ウェブサイトから一部抜粋)

Continue reading