JW組織崇拝の実情 - ネオによるブログ

160812エホバの証人日本支部法律部門の石原隆弁護士へ排斥問題についての抗議

160812エホバの証人日本支部法律部門の石原隆弁護士へ排斥問題についての抗議

エホバの証人 日本支部 法律部門の石原隆弁護士は、京大卒でべテルに入り、一定期間仕事もせず、協会の支援の元、ただひたすらに弁護士となるためのトレーニングを無償で受けて、見事一発で司法試験に通ったべテル一の秀才である。 彼にjw組織の唱える排斥制度により、信者の両親と排斥者である当事者の間で会話すらできないために、社会的な問題が発生していること、及び、一宗教の教理上の制約が個人の社会生活に多大なる影響を及ぼしている点について抗議した。それに対して、石原弁護士は、取り決めで組織に戻る道もあるのでその手段をとるように勧めてきた。しかしそれは、個人に信仰を強制する行為であり、個人の選択権の自由を侵害する行為でもあると主張した。しかもその主張は、エホバへの信仰を再び育んで組織に戻らない限り、親子の関係が修復しないと述べているのと同じではないか、と抗議した。 すると彼は、この件に関してはこれ以上申し上げることは無いと返答し、回答をしなかった。つまり回答する責任から逃れたのである。彼もJW組織の一人の奴隷であり、盲目の牧者であったのである。 法律部門 石原隆の排斥問題に関する弁明  

Continue reading
エホバの証人日本支部 魚谷明広の肉声

エホバの証人日本支部 魚谷明広の肉声

エホバの証人の排斥問題について、エホバの証人 日本支部 奉仕部門の魚谷氏へ直接電話し、抗議しましたが、魚谷からは「排斥処置についてあなたは良くご存知でしょう」と言われ、一切回答を得ることなく電話を切られてしまいました。 ただし、魚谷氏本人がネオに排斥処分を下していることについて異議は唱えませんでした。彼の肉声をお聞きください。私はこの悪の組織をネットの力で粉砕します。

Continue reading
医師の皆様、輸血拒否患者は証明書ない限り無視していいですよ!

医師の皆様、輸血拒否患者は証明書ない限り無視していいですよ!

医師の皆様へ エホバの証人の輸血拒否の信条なんて、いい加減なもんなんで、無視していいですよ。 継続的委任状を所持していない患者の場合はなおさらです。 そんな彼らは、輸血拒否の根拠すら、そらで言うことができないはずです。 そんないい加減な信者の信条のために、医師の良心を無視する必要は全くありませんよ。 輸血非使用を強硬しなければならないのは一部の狂信的マイコン患者だけで良いです。

Continue reading
鶴間会衆での思い出の一枚

鶴間会衆での思い出の一枚

懐かしい、下鶴間の群れ、カトヒロ宅での一コマです。 あの多言語電算写植システム、通称MEPSを開発した、ベテルNo1のプログラマーであり、弥生台会衆の調整者の竹内裕司兄弟姉妹を招待した時の一コマです。 現役開拓者の 中村啓悟も写っていますね。あとは生活保護を受けていた益子夫妻も写っています。 彼らからは、受給額が少なくて生活が苦しい、とのクレームを受けていました。 こちらで生活保護の申請をした挙句に、まさかのクレームを受けたので、とてもびっくりしたという記憶がありました。 日本はJWにも生活保護費を払ってくれる、という点でとても優しい国ですよね  

Continue reading
三鷹HLC司会者の吉野兄弟の駅前奉仕

三鷹HLC司会者の吉野兄弟の駅前奉仕

私もJW組織に長くいたので、各地にたくさんの知り合いがおります。 吉野兄弟はその一人で以前は横浜市矢部会衆で同じ時を過ごしました。 彼は校内一、運動神経が良かったので、もしもエホバの証人としての生き方を選択していなければ、スポーツ推薦で一流アスリートになっていたとしてもおかしくはありませんでした。 しかし、彼はクリスチャン家族の子供の宿命なのかもしれませんが、県内随一の進学校卒業後に、パートタイマーで働きながら、開拓奉仕に入り、やがてMTS生になり、結婚し、必要の大きな三鷹エリアへ移りました。 やがて、彼は私と同じくらいの時期にHLC委員に任命され、すぐに三鷹HLCの司会者となりました。 そして、期せずして、お互いのHLC活動の一環で、医師たちの集まる学会などで再び顔をあわせることとなります。お互いにHLCの名刺を交換したりもしました。 その後、私は2013年に排斥となり、彼とは5年ほど会うことはありませんでしたが、先日、まさかの再会をしました。 その日、私は墓参りで東京郊外の駅前の花屋へ向かいましたが、彼は駅前奉仕をしていて妻と共に不毛な奉仕を数時間捧げていました。 まさか、向こうもこんな遠方で私に遭うとは予想していなかったようで驚いた表情を浮かべておりましたが、私はただ淡々とその店で仏花を購入しました。 そんな状況が発生するとは、私も驚きました。これは神のいたずらなのか、はたまた、運命のいたずらなのか。いずれにせよ、どこに出かけてもJWに出くわす悪運には本当に驚かされました。生きていれば色々とあるものですね。

Continue reading
RBC会計担当であって不正会計に関わった稲田堤会衆の最古参長老、河合利器をあえてフォローした不公正な海老名ベテルから派遣された特別委員の中村アキラ巡回監督には、主イエスキリストの名において、すべからく、正義の鉄槌が下されますように。エホバよ!もし存在するならばアーメン!

RBC会計担当であって不正会計に関わった稲田堤会衆の最古参長老、河合利器をあえてフォローした不公正な海老名ベテルから派遣された特別委員の中村アキラ巡回監督には、主イエスキリストの名において、すべからく、正義の鉄槌が下されますように。エホバよ!もし存在するならばアーメン!

稲田堤会衆の河合利器B一味は、稲田堤会衆長老であり、神奈川HLCメンバーであるネオに断りなく、隠密で協会宛に偽りの長老団名義で、ネオ長老の処分を求めました。 これは長老団の一致を乱す行為であり、あきらかにイエスの会衆の頭としての権限を踏み越えた、甚だしい逸脱行為でした。 彼らは、あからさまに神の任命した権威を踏み越え、自らを神よりも高い地位に据え、冒涜行為を故意に犯したのです。 その罪は聖霊に対する冒涜よりもはるかに重く許され難い不遜な罪です。 ですから裁かれるべきは河合利器Bなのであって私ネオではありません。 そしてあえてネオの排斥を良しとしてしまった海老名ベテル奉仕部門長 である魚谷明広はまた神の処罰を被るべきでした。 さらには魚谷明広にだまされ、ネオの冤罪を真の罪として受け入れてしまった高座渋谷会衆、ネオ家族は、憐れむべき愚か者であり、自らをものみの塔の洗脳から解く以外に彼らには救いの道はありません。 そして、彼らは、唯一無二の真の息子を一切信用せず、未だにJW組織を盲信してしまっている限り、これまでにいかなる善行を積もうとも全くもって無意味であり、愚鈍そのものにほかなりません。 あの悪しき魚谷と肩を組み、ともに笑顔を浮かべて微笑んでいる限り、彼らに一切の救いは無いのです。 彼らにとっては極めて厳しい言い方とはなりますが、それが紛れもなく真実であり現実なのです。不確かな永遠の命なんていう幻想に惑わされず、今を生きるようになるしか、彼らに救いはありません。

Continue reading
久しぶりの集会参加で消滅を覚悟する不活発な信者たち

久しぶりの集会参加で消滅を覚悟する不活発な信者たち

現役信者から聞いた話です。 久しぶりに集会に参加したり、記念式に出席すると、その会衆に引っ越してきた新入りの長老や僕に挨拶されることがあるでしょう。 彼らはたいてい全成員の名簿を持って近づいてくるのですが、そこに自分の名前がどこの群れにもないことを発見した時、その信者は自分は会衆から忘れ去られ軽んじられた人間なんだ、という思いに至り、エホバの証人組織から離れ去ることを固く決意するようです。 このようなエホバの証人の長老の無慈悲な仕打ちが信者数減少をますます加速させているのです。

Continue reading
児童献身を許す違法だらけのものみの塔

児童献身を許す違法だらけのものみの塔

ものみの塔は、分別のつかない未成年者の宗教選択を容認している。 これは未成年でも信者にさせられてしまう法的逸脱行為である。 本人が望んでいたからというのは詭弁である。 信者になるには長老との討議が必要となる。その密室での長老と児童の討議という取り決めがまさに児童虐待の温床となるのだ。

Continue reading
エホバの証人は未来に何も遺さない教団

エホバの証人は未来に何も遺さない教団

エホバの証人たちは、未来に何も遺さない生き方をしていることに気づいていない。しかし、彼らは死ぬ間際に気がつくのだ。 「自分はこれまで組織にはたくさんの犠牲を捧げてきたが、目の前にいる自分たちの家族のためには何も遺してこなかった。それだけが心残りだ」と、後悔しながら、死んで行くのである。 今はまだ知らないだろうが、信者たちは皆、死ぬ前にふと我にかえって後悔することだろう。 エホバの証人は、いつまでも実を生み出さないイチジクの木のように信者を死ぬ間際までガッカリさせるだけの不毛な教団なのである。

Continue reading
他人なんてどうでもいい!

他人なんてどうでもいい!

エホバの証人世界には、結局のところ、他人同士なのに、神を挟みこんで、なんらかの切り断てない繋がりがあると思い込んで、ズルズルと引っ張られている柳橋姉妹みたいな人が大勢います。 でも本当は、図々しいあの長老もあの長老夫人も全くの赤の他人なんです。全く気にしなくていいし、むしろ無視してもいいぐらいですよ。 愚かにも、彼らと永久に繋がると思い込むからいつまでも思い切りがつかないズルズル状態になるのですね。いい加減、長女さんを見習いなさい。確かめぐみさんでしたかね。 姉妹はこれからも、そんな底なし沼状態を味わいたいですか。それよりも、いい加減覚醒したらどうですか。 エホバの証人の兄弟関係なんて全くの幻想です。 目覚めたら長老も、ただの臭いオッサン以外のナニモノでもありませんから。どうぞご安心くださいませ。

Continue reading
ベテルでは漫画マスターキートンは禁書です

ベテルでは漫画マスターキートンは禁書です

ベテルではマスターキートンは禁書扱いにされていました。なぜなら、ベテルホームの風紀担当の穀田兄弟は、建設奉仕に来ていた僕の兄弟の部屋からその漫画を見つけ、なんと世的で不道徳な漫画なんだ、と一蹴し、それを禁書扱いとしたからです。 この噂は当時全ベテル成員に伝わり、各自、その漫画を処分した、とのこと。今では懐かしい思い出です。その後、穀田兄弟は脳梗塞を患い半身不随となってしまいました。その彼は今もベテルにはいるのでしょうか。そこから追い出されていないか、心配です。

Continue reading
稲田堤会衆から記念式の招待はありませんでした

稲田堤会衆から記念式の招待はありませんでした

やはり稲田堤会衆の誰からも記念式の招待をいただきませんでした。訪問拒否ではないのにおかしいですね。 組織も失われた羊を呼び寄せるために今回はかなり力を入れて、指示していたはずなのですが、稲田堤会衆だけはその指示を無視したのでしょうね。 結局、エホバの証人なんて人の命を軽んじているテキトーな愚民たちなんです。   

Continue reading
いきてるだけで丸儲け

いきてるだけで丸儲け

こんなくそみたいな人生やけど生きてるだけで丸儲けやん(≧∇≦) 辛い時はラーメンくいましょ、そしたら俄然、元気になれるばい(≧∇≦)

Continue reading
みんな身体を犠牲にしてエホバのエセ組織ものみの塔に仕えているんですね。

みんな身体を犠牲にしてエホバのエセ組織ものみの塔に仕えているんですね。

ものみの塔なんてエセキリスト教組織なんですが、あの組織の愚鈍さゆえにどれほどの人間たちが、自らを犠牲にしてしまったことか、あの組織の被害者たちは後をたちません。 愚かで人を不幸にするだけのものみの塔組織に存在価値は全くありません。 あるのは寄付で至福を肥やす統治体の成員たちだけです。神ではなく人間に選ばれただけの欲深い統治体の成員たちだけなんです。 彼らは奴隷である信者たちのことなんて少しも考えていませんし、犠牲にしている意識もありません。それでは信者たちは本当生き損ですね。このまま、マイコン信者を続けるつもりなら、生まれて来なかったほうが良かったかもしれません。

Continue reading
大和市鶴間会衆の王国会館の末路は

大和市鶴間会衆の王国会館の末路は

大和市鶴間会衆の王国会館前を久しぶりに通りました。 以前の会館の景観はもはやなく、地上14階建のマンションに囲まれ、以前よりも、かなりみすぼらしく見えてしまったのは言うまでもありません。 鶴間会衆の借りていた王国会館前の駐車場は、今では整地され他人の土地になってしまいました。 どうやら会衆基金を協会に奪われた鶴間会衆が土地購入費用を賄えなかったようです。また金のなくなった協会も貸付が出来なくなり、鶴間会衆からの貸付の依頼を断ったのでしょう。あわれな話です。 ですが、鶴間会衆の成員たちにとってみれば一大事です。なにしろ駐車場が購入できず、結果として利用が出来なくなってしまったわけですから。あとは高額な近隣の有料駐車場を使うしかありません。 また、キーコーヒー役員で栃木県N会衆のT姉妹は所有していた鶴間会衆王国会館の土地を鶴間会衆に寄贈してしまいました。 彼女のありあまる財産の中で鶴間の土地なんて少しも価値が無かったのでしょう。 こうして鶴間会衆は、ものみの塔の策略により、騙された結果、いずれ建物と土地までも失うことになるのでしょう。

Continue reading
陸前高田出身の菅野姉妹から聞いた幽霊を見た人の話

陸前高田出身の菅野姉妹から聞いた幽霊を見た人の話

エホバの証人は、幽霊を悪霊の仕業であり、サタンが死後も命が続くことを人間に信じ込ませるための手段である、と言いますが、震災後、陸前高田で、特に津波被害の多かったエリアではあちこちで幽霊を見たという体験談が後をたちませんでした。 陸前高田市出身で現在、大和市在住の開拓奉仕者 菅野姉妹もそのエリアでは幽霊が出る、と言っていました。石巻の幽霊タクシーの話もありますし、地元では幽霊話が本当に良く聞かれるそうです。 聞けば、どうやら震災で亡くなった方々が幽霊となってあらわれているらしいのです。死後の魂が現世に未練を残して彷徨っているのでしょうか。ですが、その幽霊たちは人間に危害を及ぼすことは決してなく、ただ地元の人間と話がしたかっただけみたいです。 そう考えると、悪霊たちはいったいどういう目的で人間たちをたぶらかすのでしょうか。 震災被害地の幽霊の話はいずれも温かくて切ない気持ちになる話ばかりです。 こうなると、悪霊たちは実はとてもハートフルな存在なのではないか、と思えて仕方ありません。 石巻の幽霊タクシーに関するある女子大生の卒業論文について詳しくは、下記のリンクご覧ください。 http://m.huffpost.com/jp/entry/9398868 彼女はフィールドワークが初めてだったのですが、最初は直球で、「幽霊見たことありますか?」と聞いていたらしいですが、「不謹慎」だなんて怒鳴られたこともあったそうです。それで、巧みさが必要であることを学び、やり方を変えました。 彼女はその時のことについて次のように語っています。 「雑談して終わったのがほとんどですが、話が盛り上がってきたあたりで『そういえばこんな話もありますよねー』と、すっと投げ込んだりしました。ただ、なかなかみんな語りたがらないんですよ。確かに、もし私が身内を亡くしたときにガツガツこられたら言いたくないなと思いましたね。それと同じかなあと思いました」 まるで、エホバの証人の非公式証言みたいですね。ガツガツいくとたいていダメな結果になりますね。 彼女は2014年3〜4月ごろから1年間、足繁く石巻に通いました。 一般人を対象にして「観光に来た大学生のふりをする」作戦が奏功して、多くの人と会話できるようになったものの、なかなか証言は集まりませんでした。 しかし、彼女はそれまで石巻の人全体が対象だったのを、タクシー運転手に狙いを絞りました。その理由については下記のように語っています。 「調査から半年たったころに、先生から示唆があったんです。社会学のスタンスとして、(白鳥の群れから黒い個体を見つけることになぞらえて)ありふれた事例から特別な『ブラック・スワン』を見つける必要があったんです。金菱先生が『タクシー運転手の件って、すごくリアリティがあるよね』って言ってくれて、それでタクシー運転手がブラック・スワンなのかもしれないって掘り下げていきました」 「タクシー以外の方は、聞いたときは『確かにそうだ』って言うんですけど、『本当にそう言い切れますか?』と私が詰め寄った場合に「そこまで言われるとちょっと……』とだんだん崩れてくるんですよ。けれど、タクシーの方はどれだけ詰め寄っても『絶対にそうだ』と揺るがないものを持っている人が多かったので、重点的に聞き取りをしていきました。」 大変、興味深いですね。その中でも、工藤さんが最も衝撃を受けたタクシー運転手のエピソードが次のものです。 「巡回してたら、真冬の格好の女の子を見つけてね」。13年の8月くらいの深夜、タクシー回送中に手を挙げている人を発見し、タクシーを歩道につけると、小さな小学生くらいの女の子が季節外れのコート、帽子、マフラー、ブーツなどを着て立っていた。 時間も深夜だったので、とても不審に思い、「お嬢さん、お母さんとお父さんは?」と尋ねると「ひとりぼっちなの」と女の子は返答をしてきたとのこと。迷子なのだと思い、家まで送ってあげようと家の場所を尋ねると、答えてきたのでその付近まで乗せていくと、「おじちゃんありがとう」と言ってタクシーを降りたと持ったら、その瞬間に姿を消した。 確かに会話をし、女の子が降りるときも手を取ってあげて触れたのに、突如消えるようにスーっと姿を消した。 (新曜社「呼び覚まされる霊性の震災学」より) 工藤さんは「私自身、こういった話が得意でないので、いろんな意味でメンタルやられながら聞いてたんですけど、この方の話が一番、衝撃を受けました。運転手は少女に触り会話もし、降ろすときに触っているんですよ。それなのに……と思いました」と打ち明けています。 悪霊って本当は可愛い存在なのですね。

Continue reading
ベテルの建設奉仕中に、片目を潰した埼玉県T会衆の宮さんの話

ベテルの建設奉仕中に、片目を潰した埼玉県T会衆の宮さんの話

25年以上前、1980年代になりますが、海老名ベテルでは建設奉仕と呼ばれる奉仕があり、現在の印刷棟などいくつかの棟が増築されました。 その当時、宮さんは基礎工事に参加していました。 基礎工事というのは、建物の土台を作る工事なのでたくさんの鉄筋を縦横無尽に張り巡らします。たくさんの兄弟達がその鉄筋を埋め込む工事をしていました。 彼は、その工事を担当していました。ある日、その作業中にふいに工具を床に落としてしまったのですが、それをすぐに拾おうとして、目の前にある剥き出しの鉄筋に気付かずに自分の眼球を鉄筋の先端に強くぶつけてしまいました。 ベテルに救急車が呼ばれてすぐに病院に運ばれましたが、その眼球は完全に潰れてしまい、その眼は永久に見えなくなってしまいました。 現役信者の皆さんは、その宮さんが今はどうされているかご存知ですか? 宮さんは、しばらく運送関連の仕事についていましたが、片目の組織が壊死した影響は何年も後になって、もう片方の目の視力にも影響を及ぼすようになり、仕事にも支障をきたすようになってしまいました。 さいわい、15年前に市営住宅が当選したため、家賃は数万円で済んでいますが、もし仕事を失ったならば、障害者手当てしか当てにできません。ですがそれではとても生活できません。 こんな状況でも、彼は妻子を養い、会衆では長老として25年以上奉仕し建設奉仕にも参加してきました。私がここまで詳細な情報を知っているのは彼を直接に知っているからです。 そんな彼の生活を、エホバの証人 日本支部、海老名ベテル内の羊の皮を被った狼のような幹部たちは補償してくれましたか? いいえ、答えはノーです。 彼はエホバの証人やものみの塔から、一切、金銭的援助を受けてはいません。 こんな慈悲のないJW組織に皆さんは信頼を寄せることができますか? あの組織と関わりを持つなら、生活全体を含めて全てを失います。 だから、少しでも早いうちに組織との関わりを断つように心よりお勧め致します。

Continue reading
開拓要求時間の未達成長老を3年間、見過ごした巡回井出佳範の罪

開拓要求時間の未達成長老を3年間、見過ごした巡回井出佳範の罪

どうやら協会の犯した大罪とネオの冤罪の意味が分からない方が多いようなので再度提示する。 まず巡回井出佳範の犯した罪は、巡回監督としての責務不履行という罪である。 すなわち、開拓要求時間の未達成長老である稲田堤会衆の茂筑を三年間見過ごし、長老の立場に留まらせたという罪である。 なぜ彼がそうしたのか、それは、RBCの金庫番である長老 河合利器がかつて長老に任命したのが、茂筑だったからだ。 茂筑を長老から降ろせば、河合利器の任命責任が問われてしまうのだ。それゆえ、井出佳範は茂筑の扱いに手心を加えて彼の責務不履行を見過ごしたのだ。 はじめにまずこの罪があったので、当時、協会の任命を受けた医療機関連絡委員であり、海老名ベテルの準成員であった長老ネオがその罪を指摘し、抗議した。 しかし、エホバの証人日本支部、奉仕部門監督 魚谷明広は罪を犯したほうの井出佳範を擁護した。 そのネオの正当な抗議を無視し、かえって、ネオは厚顔無知である、と後付けの罪を着せた巡回監督井出と奉仕部門監督魚谷の罪は重い。 なぜなら、彼らは結果として二重の罪を犯したことになるからだ。 こうして、ネオに加えられた厚顔無知という罪状は紛れもなく、冤罪であり許されない不正であり大罪なのである。 なお、井出佳範の罪が犯された後に、抗議したネオの態度がいかなるものであったとしても、それに対して事情を十分理解しながら、ネオに嫌疑をかけるのは全く的外れな行為であり、私はその者を誰であろうと許すことはしない。 なぜなら、神殿で不正に商売をしていた者たちを苛立ちながら、力づくで一掃したイエスキリストもまた義人であり、その義憤は神により許されていたことと同例だからだ。 私の抗議も井出の罪により義憤にかられた結果、行ったのであり、なんら罪に問われることはない。むしろ、その行為を罪に問い、排斥へと至らしめること自体、ものみの塔の過ちであり、大罪である。 このものみの塔の最終決定により、長老ネオは、JW組織を罪に定め、二度と関わるまいと袂を分かち、断罪したのである。 エホバの証人組織には、正義は微塵も無いのであり、自ら自浄しようという意志もない。ゆえに彼らは滅びを待つしかないのである。

Continue reading
二二六事件の首謀者の孫はエホバの証人

二二六事件の首謀者の孫はエホバの証人

1936年に発生した二二六事件の首謀者は青年将校であった安藤輝三大尉。 彼は「君側の奸」の思想の下、天皇を手中に収め、邪魔者を殺し皇道派が主権を握ることを目的とした「昭和維新」を実行に移した。二二六事件とはその安藤をはじめとする青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件である。 斎藤實(内大臣) 高橋是清(大蔵大臣) 渡辺錠太郎 (教育総監 )が襲撃により殺された。 安藤は鈴木貫太郎侍従長を襲ったが止めをささずに立ち去った。 このクーデターは失敗し、安藤輝三大尉ら青年将校たちは叛乱罪で銃殺刑となった。 なにを隠そう、横浜市M会衆に在籍していた安藤姉妹の三人の息子たちは皆献身した兄弟であったが、正真正銘の安藤輝三大尉の直系の孫なのである。 おそらく未だに現役信者として活動しているはずです。 お爺様とは異なり、現人神を担いで、自らが、日本政府の主権を握ることを画策するわけもなく、エホバ神の主権を立証しています。ずいぶんとスケールが違いますね。早くエホバの証人たちの教えるおとぎの国から脱出してくださいませ。

Continue reading