辺野古リレー

「勝つ方法はあきらめないこと!」私たちも声をあげ続けよう!新宿スタンディング

「勝つ方法はあきらめないこと!」私たちも声をあげ続けよう!新宿スタンディング

先月、沖縄県名護市辺野古での新基地建設強行が再開されました。命豊かな大浦湾にはさらに多数のトンブロックが投げ入けられ、新たに汚濁防止用とされる幕も張り出され始めました。 これに抗議するゲート前での座り込み行動もまた、粘り強くたたかわれ続けています。 「勝つ方法はあきらめないこと!」を合言葉に、不屈に座り込みを続ける沖縄の人々。この日3月25日には辺野古現地での大規模な県民大会が予定されています。 これ以上、沖縄の自然と人々の生活と生命、そして沖縄の人々の願いを踏みにじらないために。 私たちもこれに呼応して、倦まず弛まず「本土」でも声を挙げ続けましょう。 ※思い思いのプラカードをご持参ください! とき:2017年3月25日(土)11時~ ばしょ:新宿駅南口集合 呼びかけ:辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

Continue reading
抗議声明:沖縄への新たな弾圧を許さない!不当逮捕した6名の即時解放を強く求めます

抗議声明:沖縄への新たな弾圧を許さない!不当逮捕した6名の即時解放を強く求めます

抗議声明 沖縄への新たな弾圧を許さない! 不当逮捕した6名の即時解放を強く求めます 日本政府が沖縄・高江で米軍ヘリパッドの建設工事を強行しています。また阻止行動をする人々に対し10月から11月にかけて計6名を不当に逮捕しました。 沖縄に支援者を派遣しながら東京でも抗議行動を続ける私たち「辺野古リレー」は、これまでの被逮捕者の即時解放と工事の中止、機動隊の撤退を要求する抗議声明を11月9日に出しました。 この連続的に行われている弾圧で特に注意すべきは、全員が「現行犯逮捕」ではなく、1か月以上前の不当な「罪状」で事後弾圧=令状逮捕をされたことです。私たちは警察と司法によるこの手法を強く批判しました。 ところが11月29日に、今度は辺野古の抗議行動に対し4名が事後弾圧されました(うち1名は再々逮捕)。今年1月のゲート前の阻止行動にさかのぼる「罪状」です。 前回の抗議声明の繰り返しになりますが、現在の高江や工事中断前の辺野古のように、抗議現場にたくさんの警察官がいるなかで現行犯逮捕しなかった(できなかった)ということは、「犯罪」にあたる事実がなかった、ということに他なりません。事後に逮捕できるのであれば、いくらでも「犯罪」をでっちあげることが可能となり、事後弾圧を繰り返す警察の手法自体が、批判されるべき大問題です。しかも今回は1年近く前の「罪状」であり、手法の悪質さと不法性がさらに増しています。 警察は、辺野古のゲート前テントや海上近くのテント、被逮捕者の自宅や那覇市内の事務所など複数個所を家宅捜索しました。この警察による不当な家宅捜索とそれを許可した裁判所の判断を強く批判します。そして連続的に弾圧を続け、人を入れ替わりで監獄へ放り込む手法も許されません。 今回の弾圧の直前に、政府の要求する辺野古キャンプ・シュワブの隊舎工事再開を沖縄県が受け入れました。また翁長県知事が北部訓練場の一部返還とともに高江ヘリパッド建設を「事実上容認」したとの報道もされました。しかし、翁長知事は、オスプレイが使うヘリパッドの建設は容認していないと明言しています。政府と警察は、このタイミングをはかって今回の弾圧を実行しました。その狙いは、辺野古の工事再開前にゲート前での抗議行動に圧力をかけ、県政と現場の運動を分断することにあるのは明らかです。 米軍基地建設のために、なりふり構わず事後弾圧を拡大させる異常事態を、全国で広く共有し、抗議しなければなりません。私たちがつながり声を上げ続けることで、さらなる弾圧の拡大と高江・辺野古の工事再開を止めていきましょう。 私たちはあらためて、日米両政府・防衛省・警察に対し、  ・不当に逮捕された全員の即時解放  ・起訴の取り下げ  ・高江・辺野古の新基地建設工事の中止  ・すべての機動隊の撤退 を強く要求します。 また今回も、警察発表そのままの実名報道を行った共同通信の報道に対しても強く抗議するとともに、報道機関に二度と実名報道を行わないことを求めます。 2016年12月2日 辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

Continue reading
抗議声明:高江での弾圧に強く抗議します

抗議声明:高江での弾圧に強く抗議します

抗議声明 高江でヘリパッド建設工事に抗議する人たちへの弾圧をやめ、 不当逮捕した5名を即時に解放するよう求めます 沖縄県東村にある、人口150人ほどの高江地区を取り囲むように、米軍北部訓練場へのヘリパッド建設が強行されています。住民の静かな生活と豊かな自然環境を破壊しながら、すでに国内にある米軍基地の約74パーセントが集中している沖縄県に、新たに米軍基地の機能強化のための施設をつくることは絶対に許せません。 しかし安倍政権は、年内にもヘリパッドを完成にこぎつけようと、ヘリパッド建設工事を急ぐ姿勢を強め、全国から数百人の機動隊を高江に送っています。このヘリパッド建設を止めようと全国・全世界から集まった人たちに対する警察の暴力は激しさを増し、機動隊員が差別的な言葉を口にして問題になりました。そして10月に3名が不当逮捕、うち1名が起訴されました。さらに11月8日にも3名が不当に逮捕され(別件で勾留中の1名の再逮捕を含む)、現在も全員が勾留されています。つまり、高江の工事阻止行動で5名が不当逮捕され、うち1名が起訴されていることになります。 今回の5名の不当逮捕がこれまでと違うのは、現行犯逮捕ではなく、「犯罪」が行われたとされる日から、1か月以上経ってから逮捕されていることです。現在の高江のように、抗議現場にたくさんの警察官がいるなかで現行犯逮捕しなかった(できなかった)ということは、「犯罪」にあたる事実がなかった、ということに他なりません。事後に逮捕できるのであれば、いくらでも「犯罪」をでっちあげることが可能となり、今回のような事後弾圧を繰り返す警察の手法自体が、批判されるべき大問題です。さらに、10月4日に弾圧された1名には、起訴段階になってから、米軍提供区域に入ったことを罪とする、いわゆる「刑事特別法」が適用されました。これは高江で不当逮捕された人に対しては初めての適用です。 事後弾圧の常態化、「刑事特別法」の適用、抗議行動をおとしめるインターネット上でのデマや罵詈雑言などが、沖縄への新基地建設を強硬に推し進めたいと考える者たちによって一斉に実行されています。このような卑劣な企てを、絶対に許すことはできません。 高江は、住民の暮らしの場であり、生きものたちの生息地でもあります。米軍のものではありません。しかし沖縄防衛局は、やんばるの森の24,000本を超える木々を違法に伐採しています。砂利の運搬方法など工事自体に数々の違法性があることを指摘され続けているにもかかわらず、警察はこれらの違法状態を放置し、まったく取り締まっていないばかりか、その無法に対して抗議の声をあげ行動する人々を不当逮捕しているのです。高江の土地から出ていくべきは米軍と沖縄防衛局であり、警察が繰り返す不当逮捕こそが重大な人権侵害として批判されなければなりません。 私たちは、不当に逮捕された5名の即時解放、1名に対する起訴の取り下げ、高江・辺野古の新基地建設工事の中止と、すべての機動隊の撤退を強く要求します。 また、産経新聞、毎日新聞、朝日新聞など一部の大手マスメディアは、不当逮捕の直後から被逮捕者の実名などを報じました。不当逮捕された当人やその関係者へのダメージが大きいばかりでなく、運動全体に対するネガティブなイメージを与えています。警察による不当な弾圧の片棒を担ぎ、個人のプライバシーを著しく侵害するマスメディアに対しても、厳重に抗議したいと思います。 個人のSNSも同様です。たとえ善意であったとしても、弾圧を受けている人の実名やプライベートな情報をインターネット上に書き込むことは、マスメディア報道と同様の被害を起こしえます。不当に逮捕された人を守り、意図せぬかたちでの情報拡散などの被害を拡大させないためにも、当事者の個人情報をインターネットやその他メディアにのせないという原則を、改めて広く呼びかけたいと思います。 2016年11月9日 辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

Continue reading
辺野古リレー 報告会の報告!

辺野古リレー 報告会の報告!

10月2日の日曜日の午後、辺野古リレーとしては久々の屋内報告会を行いました。どれくらいの人が来てくれるか不安でしたが、会場いっぱいの75名(主催者込み)が駆けつけてくれました。 はじめに司会から会場に向けて、「沖縄に行ったことがない方はいますか?」と問いかけると、3分の1くらいの方が挙手してくれました。そこで報告会の前半は、「沖縄基地問題の基本」をおさらいします。 いま辺野古、高江、伊江島で起きていることは、「基地の負担軽減」ではまったくなく、むしろ沖縄北部を海兵隊の一大拠点にし、その機能を強化するものであることを、ニュース映像を交えながら説明しました(沖縄には米軍だけでなく、自衛隊の配備も進んでいます。奄美・先島諸島への配備の動きについても触れました)。 これに対して沖縄の人々は「島ぐるみ会議」を結成し「オール沖縄」で抵抗していること、国と知事が法廷闘争で争っている内容を紹介しました。 さらに国は基地建設に抵抗する人々に対し、暴力をエスカレートさせています。辺野古の海上では海上保安庁が、ゲート前では機動隊が、けが人を続出させ、不当逮捕を繰り返していることを写真で説明しました。 翁長知事が国連人種差別撤廃委員会で訴えた国による「沖縄差別」は国際的反響を呼びました。この間、国際NGOや、アメリカの退役軍人会など数々の団体や自治体が、新基地建設をやめるよう声明を出しています。 以上、駆け足で学習会をしたあと、15分間の休憩をはさみ、国が埋め立てようとしている辺野古(大浦湾)がいかに豊かな生態系を持つ海であるかを紹介しました。 続いて、7月から8月、辺野古・高江を訪問し現場のたたかいに参加した方から、「私と沖縄」というテーマでスピーチしてもらいました。 彼女は、今年初めて沖縄を訪れ、自然の圧倒的な豊かさや、戦跡めぐりをして凄惨な沖縄戦に触れた上で、7月から辺野古リレーのカンパを利用して辺野古・高江の現場へ。とりわけ7月21日から22日にかけて、高江の工事再開で、機動隊の圧倒的な暴力に直面しました。そこで自分が「知らないうちに加害者になっていた」と感じ、機動隊の背後にある国と、その国を容認している東京の自分という関係性が見えてきた、と語りました。それは沖縄に行かなければ見えてこない構造であり、だからこそ東京に住む者が現地に足を運ぶ必要があるのではないか、と問題提起しました。 彼女の話を受けつつ、ここで会場の参加者が6〜10人くらいずつ別れて、グループ・ディスカッションへ。十分な時間はとれませんでしたが、「職場で沖縄の話がなかなか通じない」「現地に行きたいけど行けない」といった率直な感想や、「まず自分の家族に沖縄の話をしよう」「首都圏の基地にも反対していこう」などのアイディアが出されました。 おわりに、辺野古リレーの東京での活動を紹介し、いくつか行動提起をさせてもらったうえで、辺野古への派遣の説明をして報告会を終えました。 参加していただいた皆様、ありがとうございました! なお会場で集めさせていただいたカンパ額は37,063円でした。今後、辺野古現地への派遣や東京での活動に大切に使わせてもらいます。カンパをくださったご来場の皆さま、どうもありがとうございました。 ※報告会当日の会場写真については、顔がわからないように画像を加工しています。理由は、警察関係者が当ブログを見て人定することを防ぐためです。なにとぞご了承ください。

Continue reading
お知らせ:悪質なメール送信について

お知らせ:悪質なメール送信について

最近、困ったことが起きています。 辺野古リレーのメールアドレスを悪用し、辺野古リレーが送ったかのように見せかけて悪質なメールを、行政などの質問コーナーに送りつけている人がいることがわかりました。 辺野古リレーは、行政や個人、その他団体に対して、意図のわからない内容のメールや誰かに対する悪意をもった差別的な誹謗中傷、あるいは誰かに対して危害を加えるかのようなメールを送ることは一切しておりません。辺野古リレーを騙り悪質な行為をする人に対しては、この場から厳重に抗議します。 この件に関するお問い合わせは、辺野古リレーのメールアドレスか、このブログのコメント欄にお書きください。もし、実際にそのようなメールを受けたという方がいらっしゃれば、どのようなメールが送られてきたかなどのご報告もお受けしたいと思います。なお、ブログのコメント欄は非公開になっていますので、辺野古リレーの関係者のみで閲覧し、公開する予定はありません。 お騒がせして大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 2016年10月13日 辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

Continue reading
10月2日に報告会をやります!

10月2日に報告会をやります!

◀︎◀︎◀︎辺野古に行こう!高江に行こう!▶︎▶︎▶︎ 辺野古リレー報告会 日時 2016年10月2日(日)13:15 開場 13:30 はじまり 16:30 おわり 会場 中野区立商工会館 3階 大会議室(東京都中野区新井1-9-1) ※JR中野駅北口から徒歩7分。早稲田通り沿い、ブロードウエイ横断歩道渡ってすぐ。 入場料 無料です! 主催 辺野古リレー  辺野古のたたかいを全国へ ▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎当日のおおまかな内容◀︎◀︎◀︎◀︎◀︎ ◎2014年から現在まで、沖縄の米軍基地建設を止めるたたかいをふりかえります! ●翁長県政と国の動きを解説! ●辺野古・高江・伊江島……沖縄県北部の「基地機能強化」について ●辺野古・高江での海保・警察機動隊の暴力のこと ●国際的な動き(国連人権委員会など) ◎沖縄のゆたかな自然を知ろう! 自然豊かな環境を壊して基地をつくることのおかしさがよくわかります! ◎「わたしと沖縄(仮題)」 今年初めて沖縄に行った方に、辺野古・高江の現場報告をしてもらいます。 ◎辺野古リレーの紹介と、これまでの活動をちょっぴり報告 ◎辺野古リレーの現地派遣について説明します そのほか、いろいろとお話できるような時間ももうけたいと思っています。 初めて参加されるという方、大・大・大歓迎!! どうぞお気軽にご参加ください。お待ちしております〜!!!

Continue reading
神出鬼没?!ゆんたくリレー

神出鬼没?!ゆんたくリレー

去る8月16日、19時から新宿駅東南口の高架下で「ゆんたくリレー」を行いました。 写真や新聞記事などを展示をしたり、音楽や高江の映像を流しながら、リレーメンバーがのんびりゆんたく。「何をやってるの?」と興味を覚えた人にふらりと立ち寄ってもらおうと企画しました。 緊迫する高江に行っ てきたメンバーからそれぞれどんな様子だったか、など報告話も聞きました。 写真に興味を持った男性と新聞記事を見てもらいながら話しを聞いたら、なんと瀬嵩(辺野古の近隣の区、目の前に大浦湾が広がる)出身だとか。工事を請け負う大成建設のことなど意見交換しました。 この日は、あいにく台風の直撃でゆんたくしている間にも雨風がどんどん強まっていきました。そのため予定していたプロジェクターによる映像上映も中止。道行く人も足早でした。 これからも不定期ですが、今回できなかったプロジェクターでの映像上映など、道行く人に足を止めてもらう工夫をしながら、沖縄・辺野古を考える“ゆんたくの場”を作っていこうと 考えています。 次回開催日時などはまだ未定。皆さんが新宿駅東南口を歩いていたらばったり出くわすかもしれないですね。

Continue reading
警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動  報告

警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動 報告

警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動 2016年7月19日(月) 19:00~20:30 @警視庁前 当日参加者:約180人 沖縄県北部・高江地区を取り囲むようにある米軍の北部訓練場に、オスプレイや軍用ヘリの着陸帯を新たにつくろうとする工事が、参院選の翌日に、突如再開されました。さらに、全国から機動隊500人~1000人が高江に配備されると沖縄の地元紙で大きく報道されました。 これを受けて、辺野古リレーは、辺野古に続き高江への派遣を決定した警視庁に対する緊急の抗議行動を呼びかけました。 (7/19の時点で、警視庁・神奈川・千葉・大阪・福岡の警察車両が沖縄で確認され、福岡県警は高江地区へ向かう県道で、通行者に不当な検問をはじめていました) たった3日間の呼びかけにも関わらず、約180人が警視庁前に集まりました。集まった人は皆、高江の現状に胸を痛め、気にかけ、工事強行と国による暴力に憤りを感じていました。 辺野古リレーからの抗議文を読み上げた後、現地での座り込み行動の状況を説明し、時折コールを交えつつ皆で抗議の声を上げました。 参加者からは、オスプレイ着陸帯の工事が不当なやり方で進められていること、美しい自然を壊し、住民の生活を壊しながら危険な軍事施設が作られていることの不当性が訴えられました。そして、私たちを取り囲む機動隊員一人ひとりに対し、政府が主導する暴力行為の手足にならないでほしいという切実な訴えが続きました。「この工事によって豊かな自然環境を壊すことになる」「子供たちのためにも、戦争のための基地を作らせるわけにはいかない。あなた方はそれでいいのですか?」と、機動隊員の良心に強く問いかける訴えもありました。 また、沖縄県警の機動隊員が辺野古新基地建設に反対する市民を排除する時、全ての機動隊員が喜んで命令に従っている訳ではなく、辛い思いを抱えている人もいるという現地での葛藤が伝えられました。市民に暴力を行使する「駒」として、機動隊員に無情な命令を下す者たちへの強い憤りを禁じえません。 「沖縄をバカにするな、機動隊には負けない」と、うちなーぐちで強い抗議の声を上げる方もいました。また、全国からの機動隊配備について、「攻めてくるのは中国ではない。日本だ」という声もありました。70年もの間、基地負担を押し付けられている現状に反対の声を上げている沖縄の人々の目には、何百という機動隊員が、まるで小さな集落を制圧しに来た軍隊のように映っているでしょう。 沖縄の人々と連帯して、基地建設反対をともに闘うのなら、自分たちの住む地域から、全国から、機動隊が派遣されることを許してはなりません。そして、すでに実際に機動隊が沖縄の人々に振り下ろした凄まじい暴力の責任を追及し、一日も早く派遣を中止・撤退させるため、各地から声をあげていかなければいけないのではないでしょうか。 高江だけではありません。辺野古も、いつ工事が強行されるか分かりません。辺野古の基地建設は一時中断と言われていますが、政府はキャンプ・シュワブ内の陸上部分の工事を進めようとしていることが報道されています。さらには、高江で強制排除のあった7月22日、政府は沖縄県を提訴しました。和解など念頭にないことは明らかです。 私たちは今以上に、各地で抗議の声を強めなければいけません。辺野古にも高江にも基地建設をさせない、普天間基地の即時返還と全基地撤去を強く訴えましょう。可能な限り、基地建設をさせないための行動を共有し、実行しましょう。 ★★★ 辺野古リレー抗議文 ★★★ いま、高江では連日のようにオスプレイが低空飛行訓練を行い、爆音と重低音によって健康被害が起きています。住民の方から、オスプレイの着陸帯を作ることに反対する訴えが何年にもわたって続けられてきました。 政府はその状況を更にひどくさせて、住むことさえできなくなるような、子供を育てられないような環境にする工事を一気に進めようとしています。それに反対する市民による行動は、非暴力で、対話を望むものであるにもかかわらず、高江に、今月の16日以降、警視庁を始めとした関東・関西・九州から、500人とも1000人とも言われる機動隊が沖縄に配備されると報道されました。 高江に機動隊が500人も配備されるということは、機動隊が市民の動きを暴力的に抑えつけ、住民のライフラインである県道を占拠することにほかなりません。 昨年の11月4日、辺野古に警視庁から機動隊が配備されましたが、その時の機動隊による行為は許されないものでした。暴言を吐く、市民を力でねじ伏せ、引きずり倒し、不当逮捕まで繰り返していました。私たちはその事実を決して忘れてはいません。今後、警視庁機動隊が再度、暴力によって生活を破壊する行為を繰り返すものであると想像に難くありません。 警視庁は、沖縄への機動隊派遣を即刻中止しなければなりません。 警視庁が政府の主導する沖縄への暴力に加担することに、強く抗議をします。

Continue reading
警視庁機動隊は高江に行くな!緊急抗議行動やります!!!

警視庁機動隊は高江に行くな!緊急抗議行動やります!!!

美しい森の広がる沖縄県北部・高江。 この高江に、なんと参院選の翌日から、オスプレイの着陸帯を作る工事を再開させるために、沖縄県警機動隊が100人規模で配備され、工事に反対する人々を排除しています。 さらに政府は、本日7月19日から警視庁をはじめとして全国から500人もの機動隊を投入する予定であることが明らかとなりました。 沖縄の民意を踏みにじる暴挙を許すことはできません。在日米軍基地は、「沖縄の問題」ではなく、私たち自身の問題です。関東からも工事強行を止めるために行動しましょう! ★★★ 警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動 ★★★ 日時:2016年7月19日(火)19:00 集合 集合場所:東京メトロ有楽町線「桜田門」駅 有楽町寄りの改札を出たところ(皇居方面改札口) ※注意:単独での行動はたいへん危険です。みんなで集まってから、一斉に抗議を開始したいと思いますので、ご理解とご協力をお願いいたします。 呼びかけ★辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ 上記チラシのダウンロードはこちらからどうぞ! 行ける人は、無理のない範囲で高江に行こう!今はとにかく、高江になるべく多くの人が集まることが重要です。とはいえ、那覇から車でおよそ3時間。宿泊場所や食事なども自分で手配する必要があります。そこで、高江への行き方などをまとめてくれているブログがありますので、ご紹介します。ぜひご参考ください。 ★【緊急掲載】高江への行き方(ゆんたく高江) ★Access TAKAE 高江に行こう!でもどうやって?(合意してないプロジェクト Project Disagree) ★高江に行こう 座り込みのしおり(スワロウカフェ@京都) 高江現地に行けなくても、いま住んでいる場所でも、できることはあります!沖縄の米軍基地問題への関わり方について、沖縄の高江や京都の宇川で取り組みを続けているスワロウカフェ@京都さんのブログをご紹介します。 ★高江を想う皆さんへ(スワロウカフェ@京都) ★辺野古だけじゃない、高江や宇川、あらゆる土地と人々を守るために、今、私ができること(スワロウカフェ@京都) その他にも、長年高江に関わり続けているグループがいくつもあります。以下のリンク先も参考にしてください。 ★やんばる東村 高江の現状 現地からの声が掲載されています。 ★ゆんたく高江 高江への行き方など、最新の情報はこちら! ★ONE LOVE 高江 グッズの販売、高江に「特派員」を送る活動を続けておられます。 ★辺野古浜通信 高江で座り込む際の心構え、抗議先などはこちら! ★チョイさんの沖縄日記 ★海鳴りの島から 沖縄・ヤンバルより…目取真俊 ★平和市民連絡会 高江へのオスプレイパッド建設問題をあつかったTVドキュメンタリー『標的の村』は映画にもなっていますが、映像の権利の関係で8月には上映ができなくなってしまいます。各地で自主上映会などが行われていますので、お近くで上映会がある場合は、ぜひ足を運んでください。 → 朗報!配給契約が1年間延長されました!自分の住んでいる地域で、上映会を開催してみませんか?詳細は、映画『標的の村』公式ホームページをご覧ください。(7月30日追記) 以下のリンクはTVで放映された短い46分バージョンですが、高江で起きていることがよくわかります。ご覧ください。

Continue reading
5・21レジスタンス大行動の会計報告(2016年6月28日)

5・21レジスタンス大行動の会計報告(2016年6月28日)

2016年5月21日におこないました「国の暴力を許さない!!! レジスタンス大行動!」につきまして、会計報告をさせていただきます。 皆様からカンパのご協力をいただきました。この場を借りてご報告とお礼を申し上げます。

Continue reading
5.21レジスタンス大行動の大報告!

5.21レジスタンス大行動の大報告!

国の暴力を許さない!!! レジスタンス大行動! 2016年5月21日(土) 14:00~16:00 国土交通省・海上保安庁前、警察庁前 賛同団体:80団体 当日参加者:約250人 ライブ閲覧者:1211人、ライブ・録画含む閲覧者合計:1711人(6/9現在) 私たちは、辺野古への警視庁機動隊の派遣と現地での暴力行為、海上保安庁による暴力行為、国土交通省による代執行手続きの強行を、国家機関(公権力)による許しがたい弾圧であると考えます。この日、辺野古新基地建設強行へ加担することをやめさせるため、<国土交通省・海上保安庁前>と<警察庁前>の2か所同時並行で抗議行動をおこないました。 辺野古で行われてきた弾圧に対しては、今後も継続して抗議し続けなければいけない。また、辺野古だけではなく、不当な逮捕や家宅捜索、市民への暴力や監視、過剰警備などの弾圧は日本各地で続発しています。そこで、各地の現場で活動されている方々をお呼びし、公権力による弾圧について話してもらい、弾圧の実態を共有することで、その場に集まった人たちと連帯し抗っていこう、という趣旨で「レジスタンス大行動」を呼びかけました。 この行動に賛同してくださった団体は80にのぼりました。また、さまざまな個人・団体の方々に当日の運営を担っていただきました。出演者の方々のアピールや演奏は素晴らしく、どちらの会場でも盛り上がりました。心よりのお礼を申し上げます。 そして、「レジスタンス大行動」3日前の5月18日。元・アメリカ海兵隊員(元・米軍属)による、うるま市の女性暴行殺害事件が明らかになりました。危険な基地と隣り合わせに生活することを余儀なくされている沖縄の現状、そして、このような悲惨な事件に際してもアメリカに対して徹底的に抗議することができず、日米安保体制の下、あくまで「盟友」であろうとする日本の態度に、あらためて愕然としました。 集会が始まる前に、この事件についての私たちの思いと、被害女性への哀悼の言葉を述べました。そして、あらゆる公権力による暴力に対して抗っていくことを呼びかける「宣言文」を読み上げ、「レジスタンス大行動」を開始しました。 国土交通省・海上保安庁前 ●集会のようす 国土交通省の建物のなかに、海上保安庁の本庁があります。辺野古の海で日々、基地建設のためのボーリング調査に抗議してきたカヌーチームや船団に対し、「安全確保」と称して暴力的な拘束を繰り広げてきたのが海保職員です。けが人が続出しましたが、誰も責任を取っていません。 まずは、弾圧に抗議する意思表示として、新聞紙を丸めて作った「鉄柵」をみんなで破るというパフォーマンスをおこなって開始!警察庁前の喧騒とは打って変わり、警察の警備もほとんどなく(公安警察は張りついていましたが)、なんだかのんびりほのぼのムード。 「一坪反戦地主会・関東ブロック」の方は、元・米海兵隊員による女性殺害事件を受け、黒装束で彼女を追悼し、静かな怒りをこめたアピールをおこないました。続いて、「立川自衛隊監視テント村」の方が米軍犯罪は本土でも多発したが、沖縄に大部分が移転することにより見えにくくなってきたことを語り、「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対する連絡会」の方は、反差別の立場からともにたたかおうとよびかけました。 さらに、北陸ツアーからキャラバン中の、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」の方が、関西でXバンドレーダー基地に反対してきた仲間3人が不当逮捕されたことに抗議。今年2月に辺野古を訪ずれ座り込みに参加した学生グループ「直接行動(Direct Action)」も、連帯を込めてアピールしました。 こうしたアピールの合間にも、「あしびなーず」、元「the yetis」の里美さん、「トッケビアン」などミュージシャンの方々が、沖縄に寄り添う歌を歌い、演奏をしてくれました。さらには、辺野古のゲート前からヤスさん、京都から川口真由美さんがかけつけてくれ、「座り込め、ここへ」を合唱するなど、場は大いに盛り上がりました。 抗議行動が始まった時点では少なかった参加者も徐々に増え、終わりには約100人の方々が国交省正門前に集まり、整然と抗議行動を終了。大半の方々は、坂を下って警察庁側の行動に合流しました。 警察庁前 ●集会前……荒れる警視庁。落ち着け警視庁! 集会前の準備中、警察庁前では警察の過剰警備で大混乱となりました。私たちは、警察に対する抗議の声を上げて、集まった人と思いを共有しようとしていたのですが、警察は慌てて、私たちを規制するコーンを設置し始めました。しかし、私たちは自分たちだけで整然と抗議行動ができるのだから落ち着きなさいと、警視庁機動隊をなだめることに。 私たちと共にたたかおうと参加してくださった弁護士が、「集会の権利」を主張したり、過剰な警備を敷く理由を求めたりましたが、警察はこれを完全に無視し、麹町署警備課の新課長・前田氏は「言うことを聞かなければ排除する」としか繰り返さず、挙句の果てに、私たちに背を向けたまま、呼びかけに答えてもくれませんでした。 一時混乱しましたが、最終的には、私たちを取り囲んだ機動隊に対して、「適当なライン」を指示し、その中には一歩も入れさせず、コーンも設置させずに、警察庁前の場所を確保することができました。辺野古ではもっと苛烈で露骨な暴力が振るわれていたことを考えると腹立たしく、また、警察の横暴な態度と暴力行為が、平然と日常的に行われることこそが問題なのだと改めて認識しました。そんなわけで、集会前から一苦労でした。 ●集会のようす 集会は、国土交通省・海上保安庁前の集会と同様に、新聞紙で作った自作の「鉄柵」を参加者と一緒に破り捨てることで、弾圧に抗う意思を示しました。「あしびなーず」が「沖縄を返せ」を演奏してくれたことで、集会は序盤から熱気があふれました。こうなると、警察が介入する余地などありません。 最初に「オリンピック追い出しヤメロ応援する有志」から発言をもらいました。オリンピックのために野宿者が排除される現場の説明と、どんなに当事者が少数だろうと、生きる場を奪われることがいかに不当かが伝えられました。「破防法・組対法に反対する共同行動」からは、公権力の監視や介入の動きが加速・拡大していることが話され、生活の中に徐々に浸透してくる権力による縛りは、私たちに向けられているという訴えでした。 中盤で、「トッケビアン」の演奏が入りました。韓国の伝統的音楽(プンムル)は、賑やかでありながら、沖縄の被害女性の死を悼むようでもあり、集まった人の思いをむすんでくれました。 続いて、沖縄での女性殺害事件の発生で急きょ「レジスタンス大行動」への参加を取りやめ、現地での抗議行動に専念されていた山城博治さんから電話メッセージをもらいました。辺野古現地では米軍を基地から出さない座り込みしていること、また、今後は全基地撤去へ向けた運動が展開するだろうということと、それへの連帯の呼びかけをされました。 辺野古から飛んできてくれたヤスさんからも、沖縄での現状と、座り込みをしている人たちの思いなど詳しいお話を聞き、現地の方々と思いを共有することができたように思いました。 「沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック」からの発言では、東京で沖縄の状況を長い間訴え続けてきた方の、深い怒りに静かに耳を傾けました。「立川自衛隊監視テント村」からの発言では、自衛隊もまた軍隊組織であること、軍隊が内包する危険性が伝えられました。 終盤で、豊岡マッシーさんが被害女性を悼んで、二胡の演奏をしてくれました。マッシーさんは、沖縄の芭蕉布が一本一本の糸をむすんで織られるように、被害に遭われた女性に私たちの思いをつないでいきましょうと、呼びかけました。 集会の最後には、辺野古では恒例の「座り込めここへ」をヤスさんに歌ってもらい、海上保安庁・国交省前での抗議に参加していた方々と一緒に抗議の声を上げて、今後も連帯してあらゆる弾圧に抗っていこう!という呼びかけをして、「レジスタンス大行動」は終了しました。 今回参加してくださった皆さま、賛同してくださった団体のみなさま、インターネットの中継を通じて連帯してくださった皆さま、どうもありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。 今後もまたいろいろな工夫をしながら、皆でつながって、レジスタンスしましょう。そして、関東からも「全基地撤去、日米安保条約破棄」を訴えていきましょう。

Continue reading