映画瓦版

フェリシーと夢のトウシューズ

フェリシーと夢のトウシューズ

2017年8月12日(土)公開 新宿ピカデリー他にて全国ロードショー 孤児院からパリ・オペラ座のバレリーナへ!  1890年代のフランス。ブルターニュ地方の孤児院で育ったフェリシーは、ダンスが大好きな女の子。幼なじみのヴィクターと施設を脱走した彼女は、バレリーナになる夢を叶えるためパリ・オペラ座のバレエ学校に向かう。だが何のコネも資格もない彼女が、入学を許されるはずがない。行くあてのないフェリシーはオペラ座の掃除係オデットの仕事の手伝いをしはじめるが、雇用主のル・オー夫人はひどく意地悪で冷酷。バレエを習っている娘のカミーユも、母親譲りの傲慢で残忍な性格だった。そんなカミーユ宛にバレエ学校から届いた入学通知を偶然手に入れたフェリシーは、カミーユのふりをして憧れのバレエ学校に潜り込む。編入したメラントゥ先生のクラスは、間もなく上演される「くるみ割り人形」の出演者を選抜する真っ最中。まるで素人のフェリシーだったが、元バレリーナだったオデットの指導を受けながら、何とか落後せずレッスンに食らいついていく……。

Continue reading
ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

6月24日(土)公開 TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー 地獄の戦場で、戦わない男は英雄になった  1945年4月。激戦が続く沖縄のアメリカ軍前線基地に、ひとりの衛生兵がやってくる。名前はデズモンド・ドス。彼が同じ部隊の仲間たちから変わり者扱いされているのは、菜食主義のやせっぽちだったからではない。彼はセブンスデー・アドベンティスト教会の敬虔な信徒で、十戒の「殺すな」の掟を守るために銃を取らないことを信条としていたのだ。これが原因で訓練中には上官のしごきや周囲のいじめを受けることもあったが、「殺すのではなく、命を救いたい!」という決意は固く、こうして衛生兵として戦場にやって来ている。だが沖縄での戦いは、それ以前にデズモンドが経験してきたグアムやレイテの戦いとは比較にならない凄惨なものとなった。戦いの舞台は「ハクソー・リッジ」と呼ばれる高い断崖の上にある日本軍陣地。これを攻略しない限り、部隊は釘付けのままだ。激しい戦闘の中で、デズモンドは戦場に取り残された兵士たちを救出するため走り出す。

Continue reading
ジョン・ウィック:チャプター2

ジョン・ウィック:チャプター2

7月7日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー 目を覚ました暴力は新たな暴力を呼びさます  ロシアン・マフィアとの諍いから一度は暴力の世界に舞い戻ったジョン・ウィックだったが、亡き妻の思い出と共に再び平和な引退生活を送ることは許されなかった。新しい仕事を持ち込んできたのは、かつてジョンが血の誓印を交わしたサンティーノ。殺しの世界で誓印は絶対的な価値を持ち、その持ち主からの依頼を断ることは許されない。サンティーノの依頼したターゲットは、父から組織の全権を譲られた姉ジアナ。ジョンはこの仕事をやり遂げ誓印の縛りを解かれたが、依頼者のサンティーノは新たな脅威となったジョンの命を狙う。最初の襲撃を何とか切り抜けたジョンだったが、サンティーノは奥の手として、ニューヨーク中の殺し屋にジョン殺しを依頼する連絡を入れる。成功報酬はなんと700万ドル! 高額報酬に目の色を変えた殺し屋たちが、ジョンの行く先々に現れて襲いかかってくる。たび重なる刺客の襲撃に深手を負ったジョンは、ある男に助けを求める。

Continue reading
ちょっと今から仕事やめてくる

ちょっと今から仕事やめてくる

5月27日(土)公開予定 TOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショー 突然現れた「元同級生」の本当の正体は?  青山隆は憂鬱だった。大学を卒業して1社だけ採用が決まったのは、上司のパワハラと理不尽な命令が横行する広告代理店の営業部だった。連日の深夜残業で体力を奪われ、上司の怒鳴り声に心を削り取られていく隆は、列車のホームから線路の方にフラフラと足が向かうのを止められない……。いままさにホームに転落する寸前、隆の身体をつかんで引き戻したのは、小学校時代の同級生と名乗る山本という大阪弁の男だった。だが隆には彼の記憶がまったくない。しかし強引に「懐かしいな〜。飲みに行こう!」と居酒屋に引っ張り込まれてしまった。こっそり小学校時代の同級生に電話してみると、確かに小学校3年生の時に転校して行った山本という同級生がいる。調子のいい山本に引っ張られるように、少しずつ明るさを取り戻していく隆。だが間もなく、小学校同級生の山本はまったく別人であることがわかる。ならば目の前にいる「元同級生の山本」は何者なのだろうか?

Continue reading
いつまた、君と 〜何日君再来〜

いつまた、君と 〜何日君再来〜

6月24日(土)公開予定 TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー 実在した家族の戦中戦後史  一人暮らしをしている祖母・朋子の家を訪ねた孫の理は、祖母が脳梗塞の発作を起こして倒れているのを発見。幸い命に別状はなく、朋子は病院で順調に快方に向かいはじめる。荷物を整理するため祖母の家に戻った理は、彼女がパソコンで自分の半生の記録を整理していることを知った。その手記は昭和15年、祖父母の結婚からはじまる。「日中和平のために働きたい」と言う祖父・吾郎と結婚して南京に渡った朋子。だがほんの数年で戦況は厳しくなり、一家は上海へと移住。さら敗戦によって、着の身着のままで日本に引き揚げてくることになった。愛媛にある朋子の実家で冷遇された一家は、茨城で運送業をはじめようとするが失敗。吾郎は福島のタイル販売業者に勤めるが、出張先で交通事故に遭って大ケガし、なんとか会社に戻ってみれば経理の持ち逃げで事務所はもぬけの空。吾郎はその後も次々職を変えるのだが、運に見放されたようにどれも長続きしなかった……。

Continue reading
ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

5月27日(土)公開予定 新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか順次全国公開 Facebookから生まれた本物のラブストーリー  2011年3月。東日本大震災のニュースを見た台湾ではすぐさま義援金の受付が開始され、各種のSNSは日本へのお見舞いと応援のメッセージで埋め尽くされた。これから紹介する恋物語は、そんな台湾からの「日本加油!!(日本がんばれ!!)」というメッセージのひとつに、日本人の青年が「ありがとう台湾!!」というお礼のコメントを付けたことからはじまった。間もなくこのコメントに返事が届く。「日本の方ですか?」「はい。あなたは台湾人?」。台湾からメッセージを送ったのは、日本語学科で学んでいる台湾人の女の子リンちゃん。日本からお礼の返事を送ったのは、宇都宮で会社勤めをしている地味な青年モギサンだった。ふたりはそのまま、SNSでつながりあった友達同士になる。互いのことや、日常のことを、少しずつ語り合うふたり。ちょうど友人たちと旅行の計画を立てていたモギサンは、リンちゃんの提案で行き先を台湾に変更したのだが……。

Continue reading
ラストコップ THE MOVIE

ラストコップ THE MOVIE

5月3日(水・祝)公開 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー 毎度バカバカしい展開のままで完結編  30年の眠りから覚めた昭和の熱血刑事・京極浩介と、相棒の草食系平成刑事・望月亮太。ルール無用の型破りな捜査で、周囲の批判にもかかわらず数々の成果を上げてきた京極たちだったが、犯罪捜査の世界にもハイテク化の波が押し寄せてくる。人工知能、AIの登場だ。人工知能研究者の西園寺が、横浜中央署に犯罪捜査のためのAIロボット「ブナッシー」を提供したのだ。既に起きた犯罪の捜査だけでなく、これから起きる犯罪まで事前に予知するブナッシーの登場に、時代の変化をひしひしと感じる京極。彼は最近になって自分の身体にある変化を感じ、それを周囲に必死で隠し通そうとしていた。じつは京極の身体は病魔に蝕まれており、医者からも余命宣告を受けていたのだ。だが事件はそんな中で起きる。西園寺の人工知能研究所から、助手の藤崎がAIの本体を盗み出してテロ組織に売り渡した。AIを使えば世界中を乗っ取り、どんなことも可能になってしまう。

Continue reading
美女と野獣(IMAX 3D 字幕)

美女と野獣(IMAX 3D 字幕)

4月21日(金)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー 世界中が待ち望んだ実写版ミュージカル映画  むかしむかし美しいが高慢な王子が、城を訪ねてきた老婆を侮辱した。じつは彼女の正体は魔法使い。王子は罰として醜い野獣の姿に変えられ、本物の愛を見つけない限り呪いは解けないと宣告される……。それから何年が過ぎただろうか。偶然城に迷い込んだ近くの村の男が、庭園のバラを一輪手折ったことから野獣に捕らえられてしまう。男の娘ベルは父が捕らえられたことを知ると、城に乗り込んで父の身代わりを志願する。これに喜んだのは、家具に姿を変えられていた城の召使いたちだ。「ひょっとしたら彼女が本物の愛を教えてくれるかも」と期待し、召使いたちはベルを歓待する。城で過ごすうちに、恐ろしい姿をして粗暴に振る舞う野獣の中に、高い教養と優しさがあることに気づくベル。いつしか野獣も、ベルのことを愛するようになってた。だが自由のないところに、本物の愛は存在しない。野獣は彼女を愛するがゆえに、城から出て村に帰ることを許すのだった。

Continue reading
アシュラ

アシュラ

3月4日(土)公開 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー 暴力描写はヘビー級だが、ドラマ部分は重量不足かも  韓国のアンナム市は、インフラ開発から取り残されて薄汚れた地方都市だ。汚れているのは町の中身も同じ。政治家も腐りきっている。その親玉が、長年市政を牛耳る市長のソンベだった。刑事のドギョンはそんな市長に飼われ、汚れ仕事を一手に引き受けることで甘い汁のおこぼれに預かっている。だがそれを察知した同僚の刑事が「自分にもオイシイ仕事を回せ」と半ば脅迫してきたことから、取り返しの付かないトラブルが起きる。ドギョンが誤って、その同僚を転落死させてしまったのだ。彼は自分を「アニキ」と慕う後輩刑事ソンモと示し合わせ、近くにいたヤク中の男を犯人に仕立て上げる。だが市長の告発に執念を燃やす特別検察のキム検事は、事件の真相を知りながら、ドギョンに市長を潰すためのスパイになれど持ちかける。断ることはできない。だが市長を裏切れば、自分の命はないだろう。ドギョンは市長と検察の板挟み。どこにも逃げ隠れする場所はなかった。

Continue reading
ボヤージュ・オブ・タイム

ボヤージュ・オブ・タイム

3月10日(金)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー テレンス・マリックが描く「いのちの営み」の世界  「世の中は 何にたとえん 水鳥の嘴(はし)振る露に 宿る月影」と、曹洞宗の開祖である道元禅師は歌に詠んだ。世界の姿は、水鳥のくちばしから滴り落ちた水滴に映る月のようなものだ。それはきらめきながら水に落ち、あっという間に姿を消してしまう。だが月そのものは、その前も、その後も、夜空に輝き続けている。宇宙の誕生以来、星々は生まれては消え、地球の上では生命が生まれては消えて行く。ひとつひとつの命は儚く脆い。だがその背後には、宇宙誕生から一貫している命の営みの法則がある。命は現れては消える。これからも、命は現れ、そして消えて行くだろう。そのすべての命は、宇宙の中でひとつにつながっている。遠い昔に現れて消えた命が、いま生まれる命に力を与える。そしていま消えて行く命が、未来の命につながれていく。世界は命に満ちている。この映画は宇宙に満ちるすべての「いのちの営み」を、ダイナミックな映像で紡ぎ出していく。

Continue reading
モアナと伝説の海

モアナと伝説の海

3月10日(金)公開 全国ロードショー いずれ舞台版が観られそうな本格ミュージカル  遠い遠い昔の話。世界のあらゆる生命を生み出した女神テ・フィティの心が、神の釣り針を持つ英雄マウイに盗み出された。世界には闇が生まれ、マウイは火山の悪魔テ・カァと戦ってテ・フィティの心を海に落としてしまう。それから千年。島の族長の娘モアナは子供の頃から海に憧れていたが、海の恐ろしさを知る父は彼女が海に出ることを決して許さなかった。なぜ父は海を恐れるのだろうか。祖母タラは父の過去と、島に伝わる秘密をモアナに伝える。遠い昔、島の住民の祖先たちは、大船団を組んで広い海原を渡る海の民だった。島から島へと渡り、村を作り、また別の島へと渡っていく人々の血が、モアナの中にも流れている。だが世界に広がる闇は、モアナたちの島にも近づいている。島では魚が捕れず、ココナッツも病気で枯れていく。「世界をもとに戻すには、マウイと一緒にマウイテ・フィティの心を返しに行くしかない」。世界を救うモアナの旅がはじまる……。

Continue reading
映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

3月4日(土)公開 TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー ドラえもんの世界にナウシカがやって来た  夏の暑さにウンザリしたのび太とドラえもんは、どこでもドアを使って南太平洋を漂流する巨大氷山に移動する。氷山の上ではかき氷も食べ放題。氷細工ごてを使って家具を作り、さらに大掛かりな巨大遊園地を作って仲間たちを招待する。そんな中、のび太は氷山の奥深くに埋まっていた不思議な腕輪を見つける。誰かが落としたのだろうか? だが氷山が流れ出したのは、遠い昔の南極大陸からだ。腕輪が埋まったのは、今から10万年も昔だという。その頃にはまだ人類の文明も生まれていない。謎の腕輪の持ち主を探そうと、のび太たちは南極大陸へ。分厚い氷の下には、いまだ誰も見たことのない古代文明の遺跡が眠っていた。一行はタイムベルトを使って10万年前へジャンプ。そこには腕輪の持ち主と、古代文明の謎の答えがあるはず……。だがそこで待ち構えていたのは、遺跡を守る巨大モンスターの手荒い歓迎だった。のび太たちはカーラと名乗る少女に助けられる。

Continue reading
ラビング 愛という名前のふたり

ラビング 愛という名前のふたり

3月3日(金)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー 人種差別法と戦ったラビング夫妻の物語  1958年、バージニア州。恋人ミルドレッドの妊娠したと知った時、リチャードは迷うことなく結婚を申し込んだ。ふたりはワシントンD.C.で結婚の手続きを済ませ、バージニアのミルドレッドの家で一緒に暮らし始めた。だがそれから間もなく、ふたりは逮捕されてしまう。罪状は異人種間結婚禁止法違反だった。ふたりは執行猶予が付くことを条件に罪を認めるが、それは夫婦が生まれ故郷のバージニアを去らねばならないことを意味している。執行猶予期間は何と25年。その間に州内で夫婦が一緒にいれば、再逮捕されて刑務所に送られてしまうのだ。新居はワシントンD.C.。夫婦の間には3人の子供が生まれるが、夫婦揃って故郷に帰ることはできない。田舎育ちの夫婦にとって、D.C.での暮らしはあまりにも窮屈だ。アメリカは公民権運動の時代を迎えている。ミルドレッドは友人の薦めで、司法長官のロバート・F・ケネディに窮状を訴える手紙を書いた。

Continue reading
トリプルX:再起動[IMAX 3D]

トリプルX:再起動[IMAX 3D]

2月24日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー ヴィン・ディーゼルがトリプルXに帰ってきた!  人工衛星の制御システムが何者かにハッキングされ、地上に向けて落下する事件が起きた。これに巻き込まれて命を落としたのが、トリプルXチームを率いるNSAの工作員ギボンズだ。衛星のハッキングには世界にひとつしかない「パンドラの箱」と呼ばれる装置が必要だが、問題に対処するためCIA本部で行われていた会議の場からそれが強奪されてしまった。ギボンズの後を継いだマルケは、かつてトリプルXのリーダーだったザンダー・ケイジに装置の奪還を依頼。ザンダーは自分の信頼する仲間に声をかけてあっという間に強奪グループの行方を突き止めると、相手の本拠地に真っ正面から乗り込んでいく。しかしザンダーがそこで知ったのは、強奪グループもまたギボンズに集められたトリプルXのチームだという事実だった。ギボンズが死んだのは不幸な偶然ではない。彼は何かを知って、その解決に動いていたらしい。だが敵にその動きを悟られて殺されたのだ……。

Continue reading
ラ・ラ・ランド[IMAX2D・字幕]

ラ・ラ・ランド[IMAX2D・字幕]

2月24日(金)公開 TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー ミュージカル映画が好きな人は必見!  女優を目指してハリウッドにやって来たミアだが、チャンスをつかめないまま6年の歳月が流れている。それでも彼女は夢をあきらめない。ハリウッドで成功の女神が微笑むのは、最後まで夢をあきらめない者にだけなのだ。彼女が知り合ったジャズピアニストのセブもまた、時代遅れの夢を追いかける青年のひとりだ。彼が愛するのは古き良き時代のジャズ。いずれは自分の店を持ちたいと願っているが、そこまでの道は果てしなく遠くけわしい。それでも互いに惹かれ合ったふたりは、一緒に暮らすようになる。夢見るふたりの夢のような暮らし。だがそこでセブは、自分たちの現実の生活を振り返ってしまった。ミアとの生活を考えて、気乗りのしない売れ筋のバンドでの活動を引き受けたセブ。「君のためこんなに苦労しているのに!」「それはわたしが望んだことじゃない!」。収入が増えて暮らしに余裕が出始めた矢先、セブとミアの気持ちはすれ違っていくのだった……。

Continue reading
ドクター・ストレンジ(IMAX 3D)

ドクター・ストレンジ(IMAX 3D)

1月27日(金)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー めくるめく映像の魔法!  スティーブン・ストレンジは天才的な腕を持つ脳神経外科医だったが、交通事故で両腕の神経を損傷して外科医としての道を断たれてしまう。再手術を繰り返し、最新の実験的な医療を試みても、かつてのような繊細な指先の動きを取り戻すことはできない。だが彼は「致命的な脊椎損傷から回復した患者がいる」という噂を聞き、その元患者から「カマー・タージに行け」というヒントを得てネパールのカトマンズに向かう。カトマンズで待っていたのは、エンシェント・ワンと彼女の弟子モルドだった。そこでストレンジに示されたのは、世界の常識を超越する魔法の力。そこに大きな希望を見たストレンジもまたエンシェント・ワンに弟子入りする。だがカーマ・タージはこの時、魔法の力を悪用するカエシリウスとの戦いを控えていた。ストレンジはそのための戦士として見込まれ、弟子入りを許されたのだ。暗黒の魔法を操るカエシリウスの手が、カーマ・タージに迫る……。

Continue reading
未来を花束にして

未来を花束にして

1月27日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー 100年前のイギリスで女性の参政権を求めて戦った人たち  20世紀初頭のイギリス。子供の頃から洗濯工場で働くモーラは、配達の途中で過激な婦人参政権活動家たちのデモに巻き込まれる。当時のイギリスでは女性たちに参政権がなく、社会的な権利もほとんど保障されていない。権利を求める女性たちの声は、政治家たちに無視され、社会からも無視され、マスコミも完全に沈黙していた。活動家たちが時に暴力的な示威行動を起こすのは、自分たちの主張を「社会的な事件」として認知させるための作戦だ。モーラにとってこうした活動は他人ごとだったが、働いている工場で活動家の女性と知り合いったことで変化しはじめる。下院の公聴会で、工場労働の実態を証言することになったのだ。彼女の言葉に、議員たちも深い同情を示す。だが、結果は何も変わらなかった。変わったのは、モーラも活動化の一員として警察にマークされるようになったことだ。モーラは逮捕され、夫とは離婚。子供は奪われ、工場もクビになってしまう。

Continue reading
恋妻家宮本

恋妻家宮本

1月28日(土)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー 明日は我が身の熟年夫婦コメディ  中学教師の宮本陽平と妻の美代子は結婚して27年。一人息子の正が結婚して福島に引っ越したことから、夫婦ともに50歳にして初の二人暮らしがはじまった。だがそんな矢先、陽平は部屋の中でただならぬものを見つけてしまう。それは美代子の署名が書かれた離婚届だ。日付はまだ新しい。一体なぜ、こんなものがあるのだ? 青天の霹靂とはまさにこのことで、狼狽しまくる陽平。だがこの事実を妻に突きつければ、彼女の気性からしてその場で「ハイ離婚です」ということに成りかねない。一体どうすればいい。優柔不断な陽平は悩む。同じ頃、陽平が担任を務めるクラスでも家庭訪問がスタート。お調子者でクラスでも人気の“ドン”こと克也の自宅を訪問するのが、陽平にはちょっと気が重い。ドンの母は夫が海外に単身赴任中、不倫相手と交通事故を起こして入院しているのだ。私生活に大きな不安要素を抱えたまま、陽平はドンの家族についても気をもむことになる。

Continue reading
沈黙 ーサイレンスー

沈黙 ーサイレンスー

1月21日(土)公開 TOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー 神は沈黙し、主人公は饒舌に語る  17世紀初頭。キリスト教が禁じられた日本では宣教師たちが海外に追放され、あえて日本に残ろうとした宣教師たちは棄教を迫られ殉教していった。ポルトガルのイエズス会修道会に、フェレイラ神父棄教の知らせが届いたのはそんな時代だった。彼の教え子であるロドリゴ神父とガルペ神父には、そのことがまったく信じられない。ふたりは真相を調べ、孤立した日本のキリスト教徒の信仰を途絶えさせないため日本に向かう。途中マカオで日本人漁師のキチジローと出会い、彼の手引きで長崎の寒村に上陸した神父たちは、そこで潜伏キリシタンたちの素朴で力強い信仰に感動するのだった。だが奉行所の詮議が厳しくなる中で、間もなくふたりは捕らえられてしまう。ロドリゴは牢の中でも日本人キリシタンたちのために神父としての勤めを続けるが、棄教しないキリシタンに対する奉行所の処置は情け容赦が無い。やがてロドリゴの前に、日本人になったフェレイラが現れる。

Continue reading
マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブン

1月27日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー 『荒野の七人』の中途半端なリメイク  鉱山王のバーソロミュー・ボーグは自分の金鉱を拡張するため、ローズ・クリークの町の住民たちに暴力的な立ち退きを迫る。部下に命じて教会に火を放ち、少しでも歯向かうものは射殺だ。夫を殺されたカレンは、近くの町で黒人の賞金稼ぎサムに出会い、彼にボーグに対抗するための助っ人を依頼する。はじめは相手にしなかったサムだが、相手がボーグだと聞くとこの話に乗ることにした。軍隊なみの装備を持つボーグを敵に回すには、腕の立つ仲間が必要だ。サムの誘いで、ギャンブラーのファラデー、狙撃手ロビショー、ナイフ使いのビリー、賞金首のヴァスケス、ハンターのホーン、先住民の戦士レッドハーベストなどが仲間に加わった。ローズ・クリークに乗り込んだサムたちは、ボーグの息が掛かった保安官一派を町から一掃し、ボーグたちがやってくるのに備えて町の守りを固める。束の間の平和な時間。だがボーグ一派の登場によって、町は血みどろの戦場になる。

Continue reading