アルビと読書三昧の日々

南三陸へ

南三陸へ

今回の仙台戦は、旅行も兼ねました。 試合前日に松島へ行き、カキを食べました。初めての松島だったのでアレコレ見たかったのですが、そこは我慢。またの機会を待つことにします。 それから海岸線を北上。 シーパルピア女川で人前結婚式をチラ見。 道中、どこもかしこも工事、工事、工事。 車のナビ通りに走るけど、通行止めがあったり、通行している車が少なかったりで(三陸自動車道が第一選択なのでしょうね)無事に宿に着けるのか不安になりました。 着いた所がここ。 大川小学校跡地。 ちゃきんさんが「行った方がいい」って薦めてくれて、行ってきました。 うん。行ってよかった。「百聞は一見に如かず」とはこのことでした。 きっと、以前はおしゃれな建物だったんだと思われます。 いったいどんなチカラがかかるとここまで曲がるんだろ。 卒業生が作ったと思われる作品が校庭にありました。 そして裏山。 「ここまで津波がきました」という立て看板は想像してた高さより低かったです。 歩いてみたかったけど立ち入り禁止。 教室の様子が生々しい。 私はね、教育者でもないし、学校関係者でもない。 成人した子どもをもつ、普通の母親。 どうして逃げられなかったんだろう、という思いは消えませんでした。 この場所は、子どもたちの魂が残っているのか、「これからどうするの?」と問われている気がしました。 それから、新しくなった南三陸のさんさん市場へ。 乾物をアレコレ散財してきましたよ(笑) 隣ではまだまだ工事車両が行きかっています。 車がね、とっても汚くなったの。 泥というか埃というか。 それだけ多くの工事現場の横を走ってきた。 誤解を恐れずに言うとね、五輪やってる場合じゃないんじゃないか、って気持ちになりました。 五輪工事する人たちを東北に回してあげたい。 宿に着いて、翌朝の日の出は4時14分と聞いて、しっかり起きました、3時半に(笑)。 天文薄明は1時間前から、だからね。 雲がたくさんあって、日の出は拝めなかったけど。 それでも。 日が差してきて、漁船の音がして、カモメの鳴き声が聞こえてきて、、。 ちょっと感動的ですらありました。 震災から6年経って、もうだいぶ復興しているんじゃないか、って勝手に思ってました。 全然だった。 復興住宅もあちらこちらにありました。 「遅い」ってことはないと思います。 今からでも、行ける方は自分の目で見て感じてほしいです。  

Continue reading
第13節・ベガルタ仙台戦@ユアスタ

第13節・ベガルタ仙台戦@ユアスタ

ゴールしたときは幸せいっぱいでした。 こんな気持ちはいつ以来なんだ?って、じわーっとくる喜びを反芻してました。 ガリャの奥様が、なのかな。 こんなダンスも微笑ましくみてました。 こんな大仰に抱きつくかあ???と笑ってました。 その後。 なんか私からみて訳のわからないPKを決められ、訳のわからないシュートがゴールネットを突きさし、いつの間にか負けてました・・・。 後で二点目を見たけど、あっぱれなゴールだね。 そういえば、試合前、息子が「仙台といえば今年はクリスランっていうのが調子いいんだ」と言い「誰?それ」と答えた私。 よぉく覚えたわ・・・ 試合後、試合の他にもむしゃくしゃすることがあって、わたし、かなり怒ってた。 そうだね、悔しい、っていうより、今、考えると、怒ってた、んだ。 選手の頑張り、わかってるつもり。 でも、ね。 こんな気持ちが自分に残っていたとはちょっとした驚きだった。 ねえ、武蔵。 もうこんなショットは撮りたくないよ、、    

Continue reading
雲蝶さんツアー@三条

雲蝶さんツアー@三条

GWには三条にも行きました。雲蝶さんを観に。 昨秋、魚沼の雲蝶さんツアーに参加し、すっかり開眼したのです。 今回はその時一緒に行った友人ともう一人誘ってオンナ三人の旅です。 アルビサポ仲間に「三条雲蝶会というのがあるよー」と教えていただき、連絡をとって、ガイドさんを頼みました。 午前中は石動神社。 雲蝶さん、晩年の作品を多く貯蔵している神社です。 ただ、神社にいくまで400段の階段を昇る、ときいてかなりビビってましたが、無事に登頂w。 確かに、アッチもコッチも、もう、ずーっと眺めていたいシロモノばかり。 向拝左の獅子。 柱を抱えているようです。 私が気に行ったのはこれ。 欄間の一枚なんだけど、着物の袖がそのまんまに繰り抜かれているんだよ? 友人は友人で他のモノが一番、といった感じで各々の好きなものを言い合うのがまた面白い。 これは脇障子、といわれているもので、アクリル版の中に入っているため、映り込みしちゃうのね。 おっぱいをあげているのは皇后陛下なんだけど、乳首までしっかり彫ってあって(笑) 着物の柄まで細かいの。 他にも十二支があったり(一部無いのは盗難らしい)、見ていて飽きませんでした。 午後からは本成寺。 実は、あたくし、初本成寺。 立派なお寺ですね。 「赤門」っていうから、東大か?と思ったら黒門もありまして、、。 ここでのメインはこれ。 「柿の実をもつ猿」 柿は無くなっちゃたそうですがw。 亀は見たかったけど、お留守で見られず、残念。 これはナニにみえます? 「飛龍」とよばれるもので門の左右についてます。守り神みたいなものかな。 本成寺では雲蝶さん以外にも美しいものがたくさんありました。 六角堂にあった彫り物は季節のお花が綺麗に彫られてました。 たとえば、あやめ。 いやー、堪能しました。 天気もよくて桜は散った後だったけど、新緑がまぶしい季節ですね。 あ、雲蝶さんのお墓も参ってきました。 県内にはまだ他にも雲蝶さんの作品があるので、ぜひ行ってみたいです。              

Continue reading
今年最後の桜

今年最後の桜

今年はなんなんでしょ、春を待ちわびたのか、桜に恋したかのようで。 県外まで行ったのにまだ未練があって、GW最終日に新発田(旧・加治川村)の大峰山に行ってきました。 数年前、さくらまつりの最中に行ったら駐車場難民となったので、今年はお祭り期間を避けて、かつ、朝のうちに!と、現地に着いたのは8時前。 駐車場に車を入れ、山の中に入っていきます。 雨?朝露?に濡れた桜が美しい。 ところどころに桜の木はあったのですが、どうもイマイチ満足できなく、そうこうしていると、ここまで来てしまい、熊が出たらどうしよう、と一抹の不安を覚えながらも、えええいい!!と結局、登山口を登り始めたのでありました。 目指すは「橡平(とちだいら)サクラ樹林」だったのですが、盛りはとうの昔に過ぎてまして、、。 それでも、樹木一本一本違う「緑色」の奥深さを堪能できました。 山頂から見える風景は黄砂のため、靄ってました、、。 ここまで登ったのは十数年ぶりです。途中、息切れがしたけど、やっぱり気持ちがいい。風と鳥のさえずりしか聞こえません。贅沢な時間でした。登っている途中は圏外だった携帯がここでようやく通じ、ツイッターのTLを昨晩から追い、監督云々を知ったのであります、、、(-_-;) 下山しながら、足元に見えるちっちゃな花を愛で(花の名前を知らないけど)。 下山途中には桜公園へ。 ここはいろんな種類の桜があって、樹木に説明の板がついているので、満開の頃に来ると楽しめるんですよ。 散っても絵になる桜。 あー、退職したら、桜の開花と共に北上する生活をしてみたい、、。

Continue reading
L第6節・ノジマステラ戦@五十公野

L第6節・ノジマステラ戦@五十公野

さあ、GWのはじまりです。 私はカレンダー通りの勤務ですが、5連休なのになぜかホームのトップの試合がありません。 欲求不満気味、というか、そんな思いを持った方々が思いのほか多かったようで、入場者数1410人!素晴らしい(≧▽≦)!! 五十公野で千人超えればかなり大入りと思っているので、この人数は凄い!! 本日のスタメン。相手には8番の田中陽子選手が居ます。 そして、GKの身長の高いこと、高いこと! でも、ジェフの山根はんよりは低いそうですよ。 ウチ。 由梨愛がまたベンチスタート。 由梨愛といえば、昨日の番組は笑いましたねえ。 最初のショットはまるでアイドル並。 メイクもいつもと違ったような、、。 そしてやっぱプロカメラマン!! 今日は途中出場でしたが、走るたびに私たちは「アタシ、足が速いので」と繰り返してましたw。 前半、萌乃の惜しいシュートがあって、、。バー?だったかな。 最近の萌乃は絶好調だね、って話したばかりだったし、入るかと思ったわ。 失点してのPK。 1本目は外したのですが、彩の猛烈アピールでw、やり直し。 それを決めた沙弥香。 PKをもらってくれた瑞貴をなでなでw。 そして2点目。 この写真をみれば得点者は沙弥香、と一目瞭然なんだけど、由梨愛がやたらほっぺをペタペタしてたので、由梨愛かと思っちゃった。 結果は2-2。 勝ち点1止まり。 試合後、満面の笑みを見られないのはやっぱり寂しい。 でも面白かったな。 試合後のこの気持ち、topの試合後と違うのはなぜなんだろ。 試合後、初めて出待ちを体験。 そしたら、芽依ちゃんが千羽鶴もらったり、お礼言ったりしてた。 おみ足はしっかりギプスで固定してあって、痛々しいけど、本人の明るさが救い。 しっかり治して帰ってきてね。  

Continue reading
ラ・フォル・ジュルネ新潟2017

ラ・フォル・ジュルネ新潟2017

はい、今年も行ってきました。 チケット発売日は横浜へ行ってたので、翌日朝にチケットセンターに行ったら結構な人が並んでいて、ちょっとびっくりしました。手数料かからないし、好きな席が欲しいのでチケットセンターで買うのです。 今年のメインは数年ぶりの帰還の横坂源ちゃん。 中学生の頃の彼を知っているので、すっごく愛着があります。 お目当ての源ちゃんは完売! 本公演の前に少し時間があったから交流ステージへ行こうとしたら、そこがお茶のみスペースになってて,案内の方に聞いたら今年は劇場で半券を見せてみるスタイルに変更されてました。 ま、そうだよね、交流ステージの前にいたらずーっと無料公演を観ているようなもんだもんね。 清心のハンドベル部でした。「アルルの女」がよかったな。 今年は3公演をチョイス。 最初はサックスのカルテット、という初めての分野。 これが、イケてた。若いイケメンお兄ちゃん四人が奏でます。タンゴがよかったわあ。 2公演目がコンサートホールの管弦楽&フルート、オーケストラ&ピアノ、という二本立て。 指揮者が女性。 コンサートホールで初めての最前列。 もっと音が前にばーーんと来るのかと思いきや、そんなことない。さすが、りゅーとぴあ。 トイメンにオーケストラを挟んでパイプオルガンの前にお客さんが座っているので、なんか、我々も観られている気持ちになっちゃう。 指揮者とフルートを吹く人が目で示し合わせて曲が始まる、というのをまじまじと見てしまった。 そして最後が源ちゃん。 先回見たときは少し茶髪でパーマかけてたのに、今回はすっかり精悍になってました。中学生の頃を思い出しちゃった。 演奏の後「この会館(音文)はチェロを始めた4歳半のときから発表会をした会館で、懐かしくて、、」とお話してくれました。 今や世界の源ちゃん。 アンコールの1曲目が「G線上のアリア」で、最初のあの音が聞こえてきて、それこそ、キタ――(゚∀゚)――!!って感じ。もう泣いちゃった。 なかなか新潟で公演をしてくれなくて、でも、こうやって数年に一度でも聴けるの、すごくうれしい。

Continue reading
ご近所桜

ご近所桜

置賜地方だけではなく、近隣の桜も撮ってました。 まずは、新発田城。この日は日曜で、起きたら真っ青の空。 とるものもとりあえず、カメラもって車を走らせました。 青空、白壁、お濠に映るお城、そして満開の桜。 素晴らしすぎました。 次は宝光寺。 昨年初めて行ってハマりました。 樹齢380年の枝垂れ桜が圧巻です。 数種類の桜があって、山門ごしに見える桜も綺麗です。 今年初めていった新発田キリスト教教会。 建物はご高名な建築家さんによるものだそうです。 中の見学は要予約だけど、私は結構交通量のある道路っぱたから撮ってました。恥ずかし、、(笑) 昨年、休日に目指して行ったら人が多すぎてレンズを向けることすらできなかった加治川治水記念公園の水門。 このときはまだ三分咲きくらい。 すぐ近くにあった桜は早咲きなのかな。濃いピンクが素敵でした。 これはまた別の日の安田インター辺り。 山の名前が分かるともっと楽しめるんだろうなあ。 そこから五頭方面に向かって。 途中にあった、中は立ち入り禁止地域。 私は道路から撮ったから、大丈夫のはず(汗) 最後は福島潟。 菜の花畑の反対側ね。 今はもう散ってると思う。 この頃はまだまだだった。 ・・と今年は桜三昧してましたけど、まだ足りない位だ(笑)。 人を避けると満開は見られず、 満開を目指すと人多すぎ、 この兼ね合いが難しいのよねえ、、、 来年はどこへ行こうかなあ、、      

Continue reading
置賜さくら回廊

置賜さくら回廊

なんだろ、今年はすっごく桜に飢えてて、決算処理が終わったら絶対年休取って平日に桜三昧するんだ!!と意気込んでました。 そして、ようやく先週金曜に実現。 開花情報はまだどこもまだ満開には遠かったんだけど、雨じゃないだけ良しとしよう、とR113で山形方面に向かいました。 最初に行ったのは南陽市の烏帽子山公園。ここは「日本のさくら名所100選」に選ばれている公園で、街並みを見下ろす小高い山が桜でいっぱいになるらしいです。 いろいろな種類の桜があるので、咲いている桜をめがけていきました。 この頃はまだ曇り空だったけど、残雪をまとった山並が綺麗。 花咲か爺さんもいるんだぜ(笑) そして、ここから山形新幹線がみえる、というので、鉄ちゃんの真似事。 時刻表を調べて構図を決めて列車が来るのを待ちます。 ピントは線路に合わせる、と聞いていたのを忘れてしまった、、、 次は伊佐沢の久保桜。 樹齢約1200年なんだとか、、。 次は長井市の最上川堤防千本桜。 近くに新しい道の駅ができたようで、混雑してました。 昼前のこの頃から青空が見え始めました。 で、お昼はお蕎麦を食べて、、(笑) 樹齢約800年の「越の釜桜」。 ここはもう花が付いてませんでした。数年前までは咲いていたそうです。 それでも、こうやって手当してあって、なんだか、脇を支えられた老人のようで正直、痛々しかった。 それでも隣の二世木はしっかりと咲き始めました。 そして、樹齢約1200年の薬師桜。 神社と桜と雪山と青空と、、、。至福のときでありました。 この後もいくつか1本桜巡りをしましたが、せいぜい咲いてて三分咲き。 やっぱり早かったなあ。 ここまでの置賜地方はどこもかしこも道案内がしっかりしていて、矢印看板が出ていたり、旗が立っていたり。 そして現場には説明してくれる地元の方が多くいらっしゃいます。 「次のココは咲いてますかね?」と聞くと快く答えてくださり、「それよりコッチがいいよ」と教えてくださったり、ホスピタリティにあふれていました。 地元のお土産を買ったり、お茶を飲めたりするテントも立ってます。 ・・・けど、このままだと消化不良なので、ここは一発、満開の場所へ。 上山市まで。 モンテの試合に行くとき、高層マンションがあったでしょ? あそこが上山市です。 そこに月岡公園という街並みを見下ろせる公園があるの。 この頃は日も傾いてきて少し夕焼けモード。 そして公園の中には上山城が! どやっ!という位の満開でした!! あー、よかった、、、。 満足な休日でした。 帰路は関川村の桜並木が散り初めてて、その中を運転してきて綺麗だったわぁ、、。 県境辺りは満開間際のところがあって、止まって撮りたかったくらい。 田んぼの中の一本桜や並んでいる桜。 樹齢○年の一本桜もいいけど、ちょっと足を延ばしてみると撮りたくなる桜がたくさん。 来年の宿題とします。  

Continue reading
L第4節・INAC神戸戦@スワン

L第4節・INAC神戸戦@スワン

ダブルヘッダー、とでもいうんですかね、一日でtopとレディスの2試合楽しめる日となりました。天気がよくてよかったです。 試合前練習で、由梨愛がピッチに出てきて、つい手を振って叫んでしまうこの習性、いい加減トシを考えろ、と自問自答してましたがナニカ?(笑) スタメン省略。 先制点は大野忍でした。相変わらずの裏に抜けるプレイがさすがです。そして、中島依美が憎たらしい位にいつもいいとこにいる。高瀬さんはtopの位置ではないんですね。サブメンバーをみても、豪華なメンツ。さすがINACです。 ウチのいいシュート(誰だったかな?)を相手GKが手一本で止めて、くーーーっ(涙)、の後でした。萌乃のスーパーミドルシュート。 あの位置、結構、打ちますよね、彼女。自信あるんだろうなあ、、いいよ!!(≧▽≦) そして、後半になってのゴール。最初は彩かなあ、って見てましたが、、 美夕紀でした。 この前のカップ戦パルセイロ戦で、振り向きざまのシュート、っていうのがあって、調子よくなってきてるんだろうなあ、のところでのスタメン器用。結果が出てよかった!!(同じ名前だし・笑) 由梨愛も途中から出てきて、うっはー、うれしい(≧▽≦)!! 昨年の皇后杯準々決勝を思い出すコーナーでの時間稼ぎ。 そして、コチラでも、メグ自ら!! メグといえば、このラインから相手を置き去りにしてからのくるっとターンという技を再び(これは一昨年の皇后杯@仙台)見せてくれて、あたしゃ、きゃああきゃあ言ってました。 いつもレディスゴール裏応援には否定的なわたくしですが、この頃は「アイシテルニイガタ」のチャントがスタジアム全体に広がってて、マイボールになるとおっきな拍手が沸きあがり、なんか、思い出しても涙ぐみそうになるわ。いい雰囲気だったなあ・・。 ようやく今季初勝利となりました。 今季初めての試合をシリクで観て、頌子ちゃんの抜けた穴の大きさに唖然としたのでありますが、コッスーはじめとして、みんなよくここまでチームを作ってきてくれました。 昨日の試合を観た人は、また観たい!と思ってくれる人が多いと思います。 笑顔はホントに素敵でかわいくて。 ヒロインインタビューを終えた萌乃。はにかみながらのバンザイがかわいい(≧▽≦) そして、リハビリ組も降りてきてのオンナノコ談義。 次のホーム戦は5月3日祝日。俺らのホームw五十公野で13時キックオフ。 相手は田中陽子ちゃんを擁する「ノジマステラ神奈川相模原」。 昨日の試合後、ツイッターやオフィシャルコメントで選手たちは「多くのサポーター」の後押しを認めてくれています。 お時間ある方は是非、足をお運びくたさいませ。    

Continue reading
LC第1節・AC長野パルセイロ戦@スワン

LC第1節・AC長野パルセイロ戦@スワン

前日の日報さまに由梨愛の怪我が伝えられ、楓も代表離脱で一体どうなるんだ??と不安を抱えながらスワンへ。桜はこんな感じ。咲き初めですね、水曜夜が楽しみです。 席をとって控え選手が売店で売り子をしてる時間だったので、ソチラにいくと、優理に似ている子が居る、今年の新人?誰だっけ?それにしても似てる、と見ていたらご本人でした。ユニ販売していたのですが、あまりにこなれてる!!(笑) 思わず「なんで居るん・・・」とつぶやくと隣にいたお兄さんが「コッチで練習してるみたいですよ」と教えてくれました。そうなのか、、(それならこっちで試合に出れば、略。。) 今日、渡米した、と夕方のニュースで知りました(昨日は彼女なりの私らへの挨拶だったのかな。それならそうと言えば、陰から見てないで、ちゃんと激励できたのに、な、、とボソボソと思う)。 スタメン。 相手には初めてのスタメン登場、円美。 ウチ。7番瑞貴もスタメンでは初。 そして、新潟県人の春陽も。 試合前、輪になって弾ける前の様子。 キャプテンがモモチだったのですが、なかなか輪が解けません。 ファインダーを見ていたらすっげ笑顔。いったい、ナニを話していたんだー(笑) そして、懸案だったバックライン。 なんと!3バックでした。 シンさん、前目で生き生きしてたー(´艸`*) ゴールは沙弥香。 負けていたから、喜ぶ間もなく、この後はボールを持って真ん中へ。 えっと、同じ名前だからw、気になっている選手ですが、今まではうーーん(-ω-;)、という展開が多(おお)ござった、16番高橋美夕紀。 が、昨日は一本、えっ!!というシュート。振り向きざま、ってヤツを1本打ちました。うん、あれはよかったなあ。 そして、瑞貴。前の試合よりうんと動けてました。流石にこの前は緊張してたかな。 対峙してからの、、 抜いちゃいました。 ボールも最後まで追うし、それこそ「新潟らしい」選手だと思います。今後に超期待!! 試合は負けちゃったけど、ま、次に期待!ってとこで(笑) で、円美。 ・・・元気でした。 ウチのチームじゃないのは寂しいけど、サッカー続けててくれてうれしいです。 《追記》観客数が前のシリクより千人減。寒さもあるけど、駐車場無料なんだけどな。やっぱ、シリクで「次も来たい!」と思ってもらえなかったのか……。残念な限り。  

Continue reading
L第1節・伊賀フットボールクラブくノ一戦@シリク

L第1節・伊賀フットボールクラブくノ一戦@シリク

前日の土曜のFMポート。アヤと由梨愛と楓のガールズトーク。 すっげ、面白くて、テンション上がりました。先輩二人がほぼしゃべってて、最後の〆は楓キャプテンよろしくねっ!的ノリで振られ、それでもちゃーんと〆るさすがな楓キャプテン。 ラジコでまだ聞けるかな、きいてみてね。 そして、ホーム開幕戦の日曜。 雨が心配されたけど、サッカー観戦日和、となりました。 topの試合もないし、シリク開催だし、千人集まるといいなあ、と思っていたのですが、、。 試合前に友里さんと小金丸さんのU-18コーチ挨拶。 満面の笑みで話し始めた友里サン。言葉に詰まったら、声が上ずっちゃって、あれ?あれ?という間に涙声。 続いて小金丸さんが話すころには、こんなしぐさも、、、涙。 そして、親御さんから花束贈呈。 小金丸さん、いいキャラしてるわ、(笑) スタメン。 相手チームには昨年までいたハルさんがいます。女子サッカーは選手生活が短いから、やっぱり(好きなサッカーの)試合に出てナンボ度が男子より強いと思います。 好きな選手だったけど、しゃあないよな、って自分を納得させてる感じ。 そして、ウチ。 噂どおり、優理の姿がベンチにもありません、 試合は、この前の長野とのPSMの課題がそのまま出た試合となりました。 あのときは「これで優理が入れば、なんとかなるんじゃね?」と言ってたのですが、現実は甘くはありませんでした。 スタンドには、平井さんや、頌子ちゃんの姿が見えました。 昨年の皇后杯決勝から頌子ちゃんとメイちゃんがいなくなっただけ、なのに、全然思ったような展開にならない、、。 試合後の監督インタビューを聞いて、私が感じたことと同じことを述べられていたので、ちょっと安心したけど、、。 本日夕方ニュースの目玉だったカラマユ。 ご自身も「全然できなかった」という主旨の話をしていたので、こっから上を目指してほしいです。 他にも、コッスーやミズキなど、新しい若い選手が出てきたのは良いことだけど、彼女たちが、より輝くポジションで使ってあげられるようになるといいなあ。 試合後。 上でベンチ外選手として見ていた優理が降りてきて、テレビカメラに囲まれて、、。 まさか、さっそく、今日の夕方、使われることになるとは、。 彼女の移籍については、思うことはたくさんあります。 L2の中学生の彼女から見ています。DFなのに10番の背番号でした。 高校生になって、他の選手はお仕事してるであろうお昼時、鳴尾監督とオレカフェでランチしてたり、大学生になったと思ったら、化粧してることに気が付いたり、いつの間にか、代表に呼ばれ、いつの間にか移籍して、、。ま、一回外に出るのは大切なことだ、なんて親のように思っていたのに、それこそ、あっという間に海外移籍するような選手になっていました。 今日のテレビでインタビューをみても、まだまだ大人の対応ができてなくて、ハラハラするんだけどね。 仙台からでなく、新潟から海外へ出た、ということに意味を見出そうとしています。 彼女の「おっきくなって帰ってくる」っていうのは納得するんだけど、昨日の試合見てると、おれら、おめさんが帰ってくるまでどーせばいんだ?なんて泣き言もいいたくもなるけど。 観客数は1768人。 びっくりしました。素晴らしい。 ただ、初見の方に「もう一回来よう」という気持ちになってもらえたか?というと厳しい結果でしょう。 そして、ゴール裏の応援は、嫌悪感しか残りませんでした。 今年も一年あの応援なのかなあ、と思うと気が重いです。  

Continue reading
城下町村上「町屋の人形さま巡り」

城下町村上「町屋の人形さま巡り」

三連休最後の日はお彼岸。 お墓参りに行ってきました。そのついで、といってはナンですが、人形さま巡り、に参加。 今年で第18回、となりました。 初回、二年目は見に行ってましたが、あの頃は「せっかくこんなに人が集まるのに、お昼ご飯食べるとこもなくて勿体ない、、」という気持ちでしたが、今は「どんと来い!」の姿勢ですね(笑)。 まずはベタなところから、「きっかわ」さんね。この鮭がぶら下がるお店。 店舗を通り抜けると、お雛様がどどーん、と。 手前にも人形さまが並んでいます。  他にもいっぱいあるのよ♪ 他にも数店舗お邪魔しましたが、一番撮りたかったのが、九重園さんのコレ。 「大名行列」。一体一体、お顔が違います。キリッとしたお武家さんや、おどけた顔した荷物持ち。ずーっと見てても全然飽きなかった。 これはいつの時代のお人形さま、なのでしょう。時代を感じるけど全然古ぼけていません。 そして、人形さま巡りをしながら、いつの間にか、小学校の時の通学路へ。 懐かしくて懐かしくて、、。 あの頃はもっと広かったり、長く感じてた道がこんなに狭くて短かったなんて、、とびっくりしました。 このお屋敷は、そばを通っていたのですが、中に入ったのは初めて。 某銀行の支店長宅を地元の方が買い取って、リノベーション?したそうです。外装はちっとも変ってないんだよ? お昼は、大町文庫があるお店でいただきました。 大町文庫とは、私も教えてもらった三人の高校教師の蔵書を地元の医師が私財で管理している文庫です。 数年前に初めて行ったとき、あまりの本の多さに圧倒され、手に取るとその中身の濃さにもびっくりしました。そして、もっと真面目に授業を受けとけばよかったなあ、と反省したものでした。 村上を離れてもう四半世紀以上経ちました。 こうやってときどき訪れると、地元に残っている人たちが村上という街を大切に守っていることを実感します。ありがとうございます、という感謝の気持ちでいっぱいです。 4月3日まで開催しています。お時間ある方、ぜひ、訪ねてみてくださいね。

Continue reading
L練習試合 vs長野パルセイロ

L練習試合 vs長野パルセイロ

へへへ。 マリノス戦を端折ったのは、コレがあったからさ。 今日は、午前中に用事をたして、正午から始まるレディスの練習試合を観るために聖籠へ車を走らせました。 着いたのが正午ごろ。 隣でtopも練習試合してましたが、チラ見もせず(笑)、まっすぐ奥のピッチに走りました。 メンツをみると、優理が不在のベストメンバーってとこ。 あ、メイちゃんは、ピッチ脇で見学してました。 で、なんと、カラマユがスタメン!!! 心躍るわあああああ(≧▽≦) ウチはシュートまでいかない。中盤がうーーん、、ってとこ。 早く、優理、帰ってきてぇーー。 楓は代表から帰ってきて、一段と強くなった感。 カラマユもJKとは思えない落ち着きっぷり。 メグも相変わらずのメグ(笑) あと、画像ないけど、沙弥香のボールの収まりっぷりは、本当にtopの選手にご指導いただきたいレベル。 うっとりします。 そして、長野パルセイロ、といえば、この方。 横山久美嬢。今日もプレイもお口も全開。 彼女の自分チの選手を鼓舞するw言葉に私ら見学者、一同(笑)、というシーンが何回も。 強くて早くて、ホント、早く海外修行に出た方がいんじゃね? ウチの得点シーン。 この二人が壁になったんだけど、俺ら見学者は「近っ!!」と口口(くちぐち)に。 審判が後ろに下がるように指示。 へへへ、してやったぜ(んな訳ないけどさ) で、その後、シュート打ったんだけど、GKが抱えて向こうが「入ってない」アピールをするから、またしても俺たち、「入ってるぅうううう!!」とww。 ゴール認められてよかったああ。 念願の瑞貴も登場。 2点目を取ってくれました。 45分ハーフで90分やって、その後、選手を替えてハーフ、という構成。 試合は敗戦という結果でしたが、カラマユと瑞貴を観られて満足でした。 レディスを観ている途中、後ろではtopの選手が走ってたようで、時折、会話が聞こえてきました。 しばらくしてからは、達也一家の姿が。ご長男にミニゴールにむけてボールを蹴らせてて、おお!ミライのJリーガーか? ゴールする喜びを教えているのか?と。 ちゃんとナイキのスニーカー履いてるんだよねぇ。 予定ではこの後、レディス激励会でしたが、わたくし、選に漏れまして、、。 定員に達する訳がない、とたかをくくって遅く申し込みをしたら、定員オーバー、と電話がきた次第でございます。 いいことです。それだけ、後援会に入っていただいている、ということです。 さてさて、レディスのホーム開幕も一週間後となりました。 3月26日 日曜日 シリクで13時 キックオフでございます。 皆さま、是非、足をお運びくださいませ。

Continue reading
第4節 横浜Fマリノス戦@日スタ

第4節 横浜Fマリノス戦@日スタ

こんにちはー(こんにちわー) えっと、とりあえず、シーパスは継続しましたし、ホーム開幕戦も行きましたよ。 試合後、駐車場へ行くまでの間、今年もこんな気分で帰ることになるのか、、と暗澹たる気持ちにはなりましたが、、。 で、横浜へ行ってきました。 いつも誰かさんに連れて行ってもらうのですが、今回は一人です。 小机駅に着いたときの達成感と言ったら、それは、もう、、。 今日の仕事を終えたようでした。 スタメンメールみて、大谷が入っていることにびっくり。 鳥栖戦は試合を見ていないので、ネットで称賛されたことは知ってましたが、ここは守田で、その様子次第で、中断期間で大谷とDFの連携を図るのかしら、なんて思っていたけど、待ってられなかったのかな。 現地で見ていても安心できました。 失点シーンは、もう、しゃあない、な、って感じ。 で、ホニですよ、ホニ。 実は、ゴールシーンは観ていないの。急に眠気が襲ってきて(前日は遠足の前の日状態で興奮して寝付けなかった、というww)、うつらうつらしていたら、うわーーーーって歓声が聞こえてきて、慌ててファインダーみた、という、、、(笑) バク宙は見ましたけどね。 その後、ボールボーイからボールをもらって、、 お腹に入れて、ガリャルドと並走 テレビカメラにアピって 審判に注意を受けるという、、 ごめんね、初ゴールなんだもん、許してあげてね 最後はなんとか凌いでゲームセット。 正直、勝ち点1でもよく取ったと思うわ。こんなんじゃいけないけど。 そして、インタビューから帰ってきたホニ。 どんな形でもあれ、彼がゴールを決めたことはいいこと、いいこと。 これからどんどんアゲていってね。  

Continue reading
2017アルビレックス新潟激励会

2017アルビレックス新潟激励会

土曜日、この雪の中、行ってまいりました。 行くまでは「帰りが心配だなあ」とか思っちゃうけど、行っちゃうと「行ってよかったあ」って思っちゃうから、ゲンキンなもんです。 ま、いろいろ面白いとこがありましたが、感想は各々の画像にコメントつけてるのでお読みいただければ幸いです。 一言追加。 レディスコーナー。楓が挨拶してくれました。その中で「皇后杯で4回も同じ相手と戦って4回とも負けて申し訳ありません」って言ったんだよね。 あたし、立ち上がって「違うよ、楓。4回も決勝に連れてってくれてありがとう、だよ」って言いたかった。 昨年末の仙台→西が丘→千葉の3戦参戦は今思い出しても、あの充実感が蘇る。 優勝できなかったのは残念以外の何物でもないけど、今年への期待感がかなりあります。 それでは、みなさま、今年もいろんなところでお会いするでしょうが、よろしくお願いいたしますね! 激励会アルバム作りました。お時間ある方、ぜひどうぞ。   http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/30265900082eb23eb5de674fe42ffab118c63f430/76130412283564841

Continue reading
皇后杯決勝 vsINAC@フクアリ

皇后杯決勝 vsINAC@フクアリ

なんだか、まだ一昨日の余韻が抜けません。 ホントに「負ける」なんてこれっぽっちも思ってなくて、メグがカップを上げるシーンしかアタマに思い描けなかった。 試合後は「悔しい気持ち」もあったけど、ちょっと違う。 なんなんかなあ「寂寥感」が一番近いかなあ。 それもちょっと違う気がするけど。 帰りの新幹線の中でいくつかツイートしてたら泣けてきて、隣のおじさんが寝てくれたのが救いでした。 14時キックオフなのに在来線始発。 最寄り駅には知り合いサポが居てお互い苦笑。 私はメイン席ゾーン指定で観戦。 試合目前にはtopのようにボールの投げ入れ。 ゴール裏最前列にはガールズの面々。 大体の選手は手で投げ入れてたのに、メグはキック。 それが遠くまで飛んで、めっちゃ、オトコマエ。 前日にツイッターで突然流れてきたお広げ隊。 狭いフクアリでどうなるんだろ、と心配してましたが、こんなにきれいに広がりました。 ありがとうございました。 ウチのスタメン。 相手は準決勝とメンバーを代えてきたらしいですね。ベンチが豪華なはずです。 選手スタッフが見ているのはベンチ外の選手が座っていたメイン席後方辺り。 前半はそりゃあもう、いつ得点するのか!の勢いでした。今考えれば、前半でゴールを決められなかったのがずーっと引いた感じですね。 相手には鮫ちゃんが居ますが、ウチにだって「美しすぎるSB」が居ますから!!(このショット、エグザイルみたいだな(笑)) 後半。頌子ちゃんの交代シーン。 ベンチコートを着てからは控えの選手全員とハグ。 その後、ベンチにフードを深くかぶってずーっと座ってました。 本当にお疲れ様。 まだ十分できるのに引退するのは寂しくて仕方ない。 最後には同じく引退する友里とハグ。 そして友里交代。 このいつもの得意げな表情。 いつにも増して「キレイなお姉さん」でした。 それでもピッチに入れば「闘う女」。 中島さんとのやり合いは苦笑するほど面白かったわ。 私のイチ推し、由梨愛も鮫ちゃん相手に奮闘。 さすがのメイちゃんも疲労困憊。 美夕紀に交代。 もうちょっと美夕紀には頑張ってもらわないと困ります(笑) 延長戦はもうお互いヘベレケ(死語?)で見ているコッチがつらくなるほど。 PK戦に入る前。 控え選手はこんなとこで見守っていました。 そしてPK戦へと。 皇后杯、持って帰れず。 仙台戦からの三連戦。 とっても充実してました。 トーナメントに勝ち抜くってこういうことなんだ、って実感しました。 次!次!と次の試合を見るだけです。 まして今年は引退選手が早々に発表され、彼女たちの姿を次も観たい!という気持ちでいっぱいでした。 四度目の皇后杯決勝。 ここまで連れてきてもらって、選手には感謝しかありません。 もうひとつ上の「優勝」を捕るには、ナニが足りなのか。 INACとの違いは雇用関係や練習時間の違いだろうけど、どうしたら、それを乗り越えることができるのか、悶々としています。

Continue reading
皇后杯準決勝vs日テレベレーザ戦@西が丘

皇后杯準決勝vs日テレベレーザ戦@西が丘

はい、初めての西が丘でした。雨降ったら逃げるとこないよー、って聞いてて、ふえー、、と思ってたら、ばっちり晴れました、暑すぎる位。 ピッチが目の前で、取った席は控え選手がupする辺り。目の前をキレイなお姉さんがupし始めると、試合に集中できなーい、という難点があります(笑) スタメン。相手選手は角度的に撮るのが難しかったけど、阪口夢穂さんが相変わらず、、で(笑) 前半は、いつ失点するんだろ、と心配するばかり。ベレーザが速い、速い。とにかくなんとか凌いでくれーー、と祈っての45分。 後半開始してしばらくしてからでした。 メイちゃんのシュートがネットを揺らすまでが長く感じて、あああああ!という間にメイちゃん、 ガッツポーズ。ウチの控え選手も!! それからはテレビの通り、、、(笑) 控え選手のとこにも走ってきて、、 友里ちゃん、大喜び!! ピッチに戻って一番に走っていったのは頌子ちゃんとこ。 沙弥香のバックヘッド?からだったのですが、ほんと、沙弥香はカラダをはってくれます。 そして、このひと、福ちゃんの頑張りなしでは無失点は語たれません。 後半は、阪口夢穂さんが上がったせいか、ウチのボールが回るようになって、もう一点取って安心したい、でも、失点はイヤ、あーどうしょばーーー、ってドキドキしていました。 後半ロスタイムの阪口夢穂さんのシュートには奇声を発したわ。 あとは審判の挙手を見るだけ。左目でボールを追って右目で審判を追って(ん?)手が挙がった瞬間「やったあああああああーーー」 この二人の喜び方!!(笑) 何十年ぶりの再会か?的な(笑) ではしばらく、彼女たちの笑顔をお楽しみください(笑) ここからはベンチ外の選手も降りてきてくれて。 これは、ヒロインインタビューを受けてる二人を心配そう?に見てる、の図w コチラ側にお知り合いがいらしたのかな。横から拝借w ヒロインインタビューを終えての二人。 帰宅してみたけど、楓が糸魚川大火に触れたことはちょっと涙した。ありがとね。 そして、メイちゃんが頌子ちゃんをお知り合いに連れてきてのご対面。 マニキュア塗ってるのね、女子力たかーい(≧▽≦) 初めての「味の素フィールド西が丘」はナショナルトレセンのとこなんですね。隣にはテニスコートがあって、結構年齢高めの方がテニスを楽しんでおられました。 この天気だもんね、新潟じゃ、冬にテニスをするなんて考えられない。 駅にも近いし、選手は目の前だし、それゆえ、向こう側は見にくいけど、あの近さは凄い。 師走に、Jリーグ終わってからでも「初めてのスタジアム」に行ける、なんて、ステキなこと。 そして、明日は数年ぶりのフクアリです。 えっと、矢野キショーがPK止められた以来ですかね?(笑) メグにようやくカップを挙げてもらうことができます。 あんな逸材がずーっとウチに居てくれる、なんて、ほんとありがたい。 昨年、笑顔でひな壇を上がってもらえなかったけど、今年はきっと素敵な笑顔がみられるはずです。 では、明日、フクアリでお会いしましょう。  

Continue reading
仙台番外編

仙台番外編

皇后杯準々決勝の後は、光のページェントへ行ってきました。 若かりし頃、定禅寺通りを歩いたことはありましたが、この季節の夜は初めて。 通りにあるビルのガラスに映る光がまた綺麗。 オデュッセウスも光りの中に ページェントカーも走ってました。 サンタさんが運転してるんですよ。 県庁近くの広場にはシンボリックツリー。 その広場には、たくさんのイルミネーション。 素敵だったなあああああああ・・・・ そこら中に、自撮り するカップルがたくさん。いいねええ、、。 テント仕様でヱビスの立ち飲み屋があったり、大道芸が見られたり、お祭りそのものでした。 新潟でやるには、天気が不安材料ですかねえ。さすがに吹雪だと大道芸を見る気持ちにはならないし、、 話は前後しますが、ランチは仙台駅でお寿司。 これが、また美味しくて。。。 隣の席におっさん二人が昼から日本酒やってたんだけど、一口飲むたびに「んーー、美味しい・・」って二人で言い合ってて、なにやってんだか、と見てたんだけど、私らもお寿司が来たら、一つ食べるたびに「んーめえええ」「んーめええええ」と。一緒じゃん!!(笑) その後、駅近くのビルの上、展望台へ。 港が近いのと、楽天スタジアムが街中にあるのに驚きました。 次回くるときは、港の方も行ったみたいです。 夜は、試合後、地下鉄で降りて、光ペ(と略すそうですw)会場近くの牛タン屋さん。 さすが、有名店だけあって、お店を出るころは長蛇の列でした。 目の前で、牛タンを剥がす人、焼く人、スープを盛る人、麦飯を盛る人、と分業制で、見ていておもしろかったです。 仙台は意外と近くて、結構都会で、食べるものも美味しいし、好きな街のひとつです。 来年は何回行けるかなあ。  

Continue reading
皇后杯準々決勝 vs長野パルセイロ@ユアスタ

皇后杯準々決勝 vs長野パルセイロ@ユアスタ

今年3回目の仙台ですよ。 topのリーグ戦、省吾のコンサート、そして、この皇后杯。 昨年の皇后杯@ユアスタは昼間の試合だったので、ビールが美味しく飲めたのですが、今回は16時キックオフ。 さすがにハーフタイムの頃には寒さを感じ「90分で終わってくれ」と祈るようにみていました。 相手チームは長野パルセイロ。 今年四戦して一勝三敗。勝った試合は横山久美嬢不在、という。 最後の試合は五十公野でのリーグ戦でしたが、内容はよかったのに、後半ロスタイムに相手の素晴らしいミドルシュートに決められる、という悔しい結果でした。 私ですらこんな想いですもの、選手の気持ちはどんなに悔しかったものか。 その時のリベンジができるチャンスが、皇后杯準々決勝という願ってもいない舞台でやってきたのです。 試合前に頌子ちゃんの引退ニュースが出て、すごくびっくりしました。 まだまだできる気持ちをお持ちのようですが、本人が決めたこと。 最後まで応援します。 試合前の練習時間でこんなこともしてて、一刻一刻を愛おしんでいるように見えました。 私はメイン席観戦でしたが、試合前にベンチ外の選手が後方に上がっていきました。 よかった、、、みんなで来られたのね。 (アウェイの試合だと、ベンチの選手も減らされてるウチなので密かに心配してたのよ、、) この日のスタメン。 円美はベンチにも姿が見えません。どうしちゃったのかなあ。 そして、ウチ。 GKに福ちゃんが久々に戻ってきました。 試合の立ち上がりは長野ペースでしたね。 メグになかなかボールが回らなくて、その原因がなんなのか良くわからない私。 それでいて、最初のゴールがウチでした。 やっぱ、沙弥香の決定力は素晴らしい!! そして、追加点まで! んーー。長野のゴール裏で撮りたかったぜ(笑) 心配だった横山久美嬢には、ウチのキャプテン楓が君臨。 何回、「かえでーーーー(≧▽≦)」と叫んだことか!! ハームタイムは両チーム控え選手が出てこなくて、ピッチががらーんとしてました。 寒いからかなあ、。 後半は、前半より長野がプレッシャーに来なくなって、どうしたのでしょうかね。 明らかに横山久美嬢がイラついているように見えました。 最後には「鹿島る」ことまで披露。 この頃からようやく安心してみてられました。 2点差は「危険なスコア」ですので、ずーっと、ハラハラドキドキしてました。 ナニが面白かったんでしょうかねえ。。 笑顔がかわいすぎる(≧▽≦) 「応援しているチームの勝利を生で観る」ということがひっさびさだった気がします。 topチームは残留して、喜びはしましたが、こんなふうに開放的wに喜べたわけではなく、じんわり、というか、控えめな嬉しさでしたから、、(笑)。 泉中央駅までの帰路。 私の前を長野サポさんが歩いていたのですが、逆方向から仙台サポさんがやってきて(次の試合が仙台レディスでした)、「新潟さん!勝ちました?」と聞いてきたのです。 長野もオレンジだったので、勘違いしたのでしょう。 思わず後ろから私が「新潟、勝ちました!!!」と代わりに答えておきましたが、ナニカ??(笑) 仙台での試合は常盤木出身の彼女らにとって感慨深いものがあることでしょう。 まして、頌子ちゃんにとってはこれからのすべてが「最後の~」となります。 ヒロインインタビューを終えてきた二人。 メイン席の観客にも挨拶してくれました。ありがとう。 さて次は、ベレーザとの準決勝。 昨年は福ちゃんのPK阻止で勝ちあがりました。今年はどんな試合が待ち受けているのか、楽しみでしかたありません。 私、メグにカップを挙げさせたいんだっ!  

Continue reading
第16節・ガンバ大阪戦@吹田

第16節・ガンバ大阪戦@吹田

今シーズンの日程が出る前から、吹田スタジアムは行こう、と決めていました。 土曜開催だったので、金曜にお休みいただいて、二泊三日の関西旅行の予定を立てました。それが、まさか、こんなシチュエーションでの試合になるとは、、、。 チケットはコーナー付近にある指定席にしました。 ここから書くことは、その席から見て感じた私だけの気持ちであることをご承知おきください。 あ、そして、まだ、スカパーに録画した試合は観ていません。 竜馬のミスからの失点は目の前の出来事で、まさに目を覆いたくなるような失点でした。ボールをかっさわれて、相手選手がシュートを打つまでの時間がすごく長く感じました。 勝ち点1は必ず持って帰りたかったので、これで必ずウチはゴールしなければならなくなりました。 選手たちは、前からボールを取りに行って積極的プレイにあふれていました。 そんな中のラファのゴール。 正直、え?ゴールなの?いいの?と言った感じでした。 ハーフタイムに入る前。 マグがすぐに竜馬を捕まえ、なにやら話し込んでいました。 カズが戻るまではこの若き二人の力にウチのDFはかかっているのです。 そして、その後、マグは、慶にも話しかけていました。 視線を代えると、翔がムサシに。 こうやってベンチの選手たちが動いていることに、ちょっと、グッときちゃいました。 そして、後半開始早々、ラファの退場となります。 あのシーン、細かいとこは全然見えなかったのですが、ラファはそれまで幾度となくあぶなっかしいプレイがあったように見えたので、それらが溜まってイエローをもらったのかと思ってました。繰り返しの違反、ってヤツですね。 それが、シミュレーション、だとは思いも寄らず、、。 シミュレーション、って、審判の主観がかなり入ると思うんです。たとえば、ボールに足が行ってた、とか、ハンド、とかは、審判が見(え)た行為であって、「~だろう」のジャッジではないはずですよね。 でもシュミレーションは「こいつ、オレを欺いたな」という主観がかなり入るジャッジだと思っているので「やっぱり、、」と感じてしまいました。 それが、そのシーンだけテレビでみたら、どうも違うっぽい。 選手たちは審判に詰め寄ったけど、ジャッジが覆る訳もなく、相手選手に促され、ピッチを出るラファ。 レオのレッドは、一回イエローが出て、その後、しばらくしてからレッドカードが出たように見えたので、審判にしつこくナニカ言ったのかなあ、ってみていました。 それが、カードを振り払った、とか、手が当たって落とした、とか、になっててびっくり。 現場で見て感じているのと現実は違うんだなぁ、、。 そのとき、守田までもが出てきて、びっくり! あ、でも小林キャプテンが交代するとき、キャプテンマークをしたままピッチを出たので、誰がキャプテンやるん?と私はちょっとそわそわしてました。 そうして、レオを抱きかかえるようにする監督、、、。 試合後は、他会場の結果も知らず、ひたすら選手を称えました。 だって、本当に頑張ってたもん。 能仲さんが、すぐに岳人のところに行ったので、どうしたんだろ、と見ていました。 監督はゴール裏に挨拶に来た選手を迎えた後、我々に向かって一礼。 すごく心に響きました。 リーグ戦は残り1試合。 こういった結果になると、緊張と不安とそして期待が入り混じる不思議な気持ちです。 試合後、仲間たちと飲みに行った席で、初めて会った人から 「だって落ちる気なんかしないだろ?」 と言われ、自分でも不思議な位 「うん!!」 と力強く返事をしました。 2012年の最終節。 試合後、少し、間があいてからの歓喜の声。 今でもしっかり覚えてます。 あと3晩寝ると「その日」が来るのです。    

Continue reading