Outlook for Tommorow

金ではなくパラジウムETFに注目

金ではなくパラジウムETFに注目

Forget Gold, Palladium ETF is Shining the Brightest 貴金属は、地政学的な要素と米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行)との駆け引きで動く傾向が高く、金(ゴールド)は、セイフヘイブンとしての資産価値が高いとみられており、この傾向が特に顕著だ。 しかし、現在の相場では、プラチナ族金属に注目すべきだ。

Continue reading
米FRB、来年には最大で4回の利上げも=PIMCO

米FRB、来年には最大で4回の利上げも=PIMCO

PIMCO says U.S. may lift rates four times in 2018, but recession likely パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、2018年には米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)が最大で4回の利上げに踏み切るものの、今後3〜5 年のあいだにリセッション(景気後退)に陥る可能性は、依然として高いとみている。

Continue reading
債券利回りが低下、年内の再利上げ可能性薄まる

債券利回りが低下、年内の再利上げ可能性薄まる

Bond Investors Ready To Push Yields Lower As Cash Floods The Market 米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)が利上げ政策を採用し、経済も着実に成長、株式市場には資金が継続的に流入し、世界各国の金融政策が正常化しているなかでは、これまでの金融の常識に従えば、債券利回りは上昇に向かう。 しかし、目の前の相場では、債券利回りは低下に向かっている。

Continue reading
シンガポール政府系ファンド、新興諸国債で投資リターン確保

シンガポール政府系ファンド、新興諸国債で投資リターン確保

Singapore wealth fund GIC: This is where we’re looking for fixed income returns シンガポールのソブリン(政府系)ファンド、GICは、債券利回りが低迷するなかで、通常とは異なるリターン確保に努めている。GICの債券担当チーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)、Liew Tzu Mi氏が明らかにした。

Continue reading
アジアの投資家、世界平均よりも楽観度が低い

アジアの投資家、世界平均よりも楽観度が低い

Asian investors want to take on more risk, survey says, but their portfolios show otherwise アジアは、世界のなかでもトップの経済成長が見込まれる一方で、この地域に住む投資家の収益期待度は、ほかの地域に比べて低くなっている。 レッグ・メーソンの最新調査で明らかになったもので、今年の投資見通しを問われ、アジア地域の投資家は、少なくとも「一定程度の楽観」と回答している向きが60%にとどまっている。世界平均は、60%。

Continue reading
原油、現状価格は買いの機会=専門家

原油、現状価格は買いの機会=専門家

These lower oil prices could represent a buying opportunity: Expert エネルギー・アスペクツの石油市場アナリスト、ミスウィン・マヘッシュ氏は、世界的な供給過剰懸念で下落している原油価格について、買いの機会にあるとの見方を示した。

Continue reading
原油、来年には30ドルに下落の可能性大=専門家

原油、来年には30ドルに下落の可能性大=専門家

Here’s why oil prices could drop to $30 a barrel again: Fesharaki コンサルティング会社、FGEの創設者、フェレイドゥン・ファシャラキ氏は、石油輸出国機構(OPEC)が追加減産に踏み切らない限り、原油価格が30ドルに下落するとみている。

Continue reading