SOLAKZADE

鼻パッド加工について

鼻パッド加工について

ソラックザーデのNOBです!!!!!!!       当店で買ってもらったフレームは、 必要に応じて「鼻パッド」加工(通称「鼻盛り」)も無料でしています       気に入っているフレームなのに、 ・ズレて下がってくるとき ・レンズにまつ毛が当たってしまうとき ・マユ毛が見えすぎてマヌケな印象になってしまうとき         その悩みは、鼻パッドを高くすることで解消できます!       ソラックザーデの鼻パッド加工(鼻盛り)は ハイクオリティな鼻パッド加工をやっています       僕たちは、多くのめがね店がやっている あの「シリコンのシール」が大嫌いなんです 元々のパッドを削り落として、別のパッドを融合させて磨き上げる 手間のかけまくったヤツをやっています         [ 下:ビフォー / BEFORE ]   [下:アフター / AFTER]       お持ち込みの場合でもOK(有料)ですよ!! うちで買ってもらったヤツじゃなくても、遠慮なく持ち込んでください!    

Continue reading
Thanx Selena Gomez! JPG 56-6104

Thanx Selena Gomez! JPG 56-6104

そういえば昨日のブログ ゴルチェの56-6104 セレーナ・ゴメスもその1人 買ってくれたのは去年(2016年)8月某日のことでした   東京での彼女の滞在先であるグランドハイアット六本木のスイートルームに呼ばれ 僕らが持っていった約100本から10本ほど買っていただいた中の1本が56-6104でした        

Continue reading
JPG 56-6104

JPG 56-6104

1990s Vintage Jean Paul Gaultier(ジャンポール・ゴルチエ) 56-6104 RESTOCK   この56-6104は、ソラックザーデに前回(2016年4月)大量入荷した約50本が 国内外、数々のアーティストを含むカスタマーの手に渡り、間もなくSOLD OUTしました     SOLD OUTのあとも問い合わせが続いていましたが もう再入荷は難しいと思われていました     56-6106と同じ現象です 2011年に300本ほど大量に入荷した56-6106が SOLAKZADEからG-DRAGONをはじめ、数々のアーティストの手に渡り、いまや3000ドルオーバーのプレミアモデルに       1990sスタイルがまだファッションである限りマストアイテムであり続けるでしょう   次のレジェンドモデル。           ALL 56-6104!!!        

Continue reading
Early 1990s Vintage Sunglasses by TRACTION PRODUCTIONS

Early 1990s Vintage Sunglasses by TRACTION PRODUCTIONS

TRACTION PRODUCTIONS(トラクション・プロダクションズ)のヴィンテージ 1989年にできたフランスのアイウェアブランド このモデルはブランド創立から間もない頃にリリースされたモノ マットブルー、マットクリアの2色

Continue reading
GFF = Gianfranco Ferre

GFF = Gianfranco Ferre

Early 1990s Vintage Gianfranco Ferre Sunglasses ジャンフランコ・フェレ のヴィンテージサングラス    

Continue reading
Vintage Ray-Ban “CARAVAN” from 1970s

Vintage Ray-Ban “CARAVAN” from 1970s

[Vintage Ray-Ban = MADE in USA] 1999年にRay-Banが買収される前の BAUSCH & LOMB(ボシュロム)社がやっていた頃のRay-Banは アメリカで作られていました (一部、特殊レンズは日本で、特殊フレームは西ドイツ、フランスでも作られていました) 現行Ray-BanはイタリアのLUXOTTICA社がやっていてMade in Italyと書かれていますが パーツは中国で作り、組み立てだけをイタリアでやっています。   アビエイターと呼ばれるパイロット向けのモデルの中でも、スクエアなシェイプの筆頭がこのCARAVAN(キャラバン)   [残り僅か] 2015年5月にスイスでかなりの数(確か1300本くらい)のレイバンを発掘し全部まとめて書いとりました スイスのモントルーという町にあった当時ボシュロムの代理店であった会社の倉庫からでした キャラバンも200本ほどありました いまでは残り後20-30本ほど あと何ヵ月もつのか 残り僅か    

Continue reading
SPECIAL: “Art Nouveau” Antique Gold Ring from 1890s-1900s

SPECIAL: “Art Nouveau” Antique Gold Ring from 1890s-1900s

ロンドンで仕入れた「スペシャル」について、ご紹介       ART NOUVEAU(アール・ヌーヴォー)は ART DECO(アール・デコ)と並ぶ デザイン様式の名前       ART DECOがSOLAKZADEのテイストで大好物には違いないのですが ART NOUVEAUとART DECOが衝突する時 そこには「ユニバース」が現れます     ART NOUVEAUのジュエリーは短期間しか作られていないため どれもスーパーレアでコレクタブルで、ロンドンやパリその他ヨーロッパのどこに行ってもなかなかお目にかかることはできません。     以前から岡本兄(僕)の親指についていたリング、ART NOUVEAUのリングが 気になっていた方がいるかもしれません いや、実際に結構おられるんじゃないでしょうか! このリングをパリで手に入れて3年くらいたちますが、 これまで何回も何回も聞かれましたから 「その親指のリング、めちゃくちゃカッコいいですね」 「その親指の、やばいやつですね」 ディーラーにも言われます “That’s very nice. Great find!” “I like you ring on your thumb. That’s aaaaaawesome.”     売って欲しいと言われたことも何回かありましたが 自分のスタイルにとって重要なピースなのでお断りしてきました そもそもART NOUVEAUのメンズリング 仕入れられる機会に滅多に遭遇しないスペシャルなカテゴリーだったので […]

Continue reading
Dreamy

Dreamy

1980s Vintage Emmanuelle Khanh ヴィンテージのエマニュエルカーン スーパーレアなラインストーンバチバチのVIP仕様  

Continue reading
For Summer!

For Summer!

Late 1960s Vintage Sunglasses And.. 1980s Vintage Sunglasses

Continue reading
ヴィンテージアイウェアのレストア

ヴィンテージアイウェアのレストア

せっかく手に入れた稀少なヴィンテージのアイウェア 買ってすぐにダメになって使えなくなったらショックですよね。     SOLAKZADEでは、ヴィンテージフレームの寿命を伸ばすコトができます。     年に1回程度、状態を確認させて頂き、必要に応じてレストアをさせていただくことで フレームの寿命を伸ばしていくことができます。         下の写真のフレームは、そこまで傷んでいませんが、ところどころ白くなったりしています。 これは酸化が進んで表面に酸化膜が出てきている状態です。 そして、内部から水分(可塑剤)がじわじわと出て行ってしまいます。 白い酸化膜が表面だけならその面を一層、剥いでやることで元に戻ります。 が、白いのが内部まで浸透してしまうと、一層だけでなく、二層という具合で、艶やかな面が出てくるまで磨いて、剥いでいくことになります。     このままあと1、2年使用し続けるともっと白くなっていき、割れてしまいます。 このように可塑剤が抜けていった末に割れてしまうと、修理も出来なくなってしまいます。 (衝撃などで割れたものをくっつける場合、融合させるための専用の溶剤(アセチラミ)を使うのですが、アセチラミは可塑剤が足りないと融合反応を起こさなくなってしまうからです)     とにかく、定期的にレストアしましょう。 そしてフレーム寿命を伸ばしましょう!     [レストア前 / BEFORE RESTORING] [レストア後 / AFTER RESTORING] ポリッシュをかけると、寿命も長くなって、失われた光沢も復活します。 元の質感を損なうようなレストアは絶対しません。   当店での購入品でないお持ち込みフレームでも大歓迎です(有料)。 当店で買っていただいたフレームは、レストアは何度でも永久に無料です。 いつでもお店に持ってきて下さい。     [参考:セルフレームにとってよくない環境] ・高温 ・多湿 ・着用後に付着した皮脂や汗     このような環境に置かれた場合、プラスチック内部の水分(可塑剤)が抜けていってしまいますので、なるべく避けた方が良いです。 ソラックザーデのストックルーム(店から数分のところにあります)も、特に春夏は24時間体制で空調管理をし、温度、湿度が最適に保たれた環境です。 着用後は最低限、フレームについた汗はぬぐってあげた方が良いです。   […]

Continue reading
Swan Swings: Uramune Twins

Swan Swings: Uramune Twins

  (Below) 1960s American Optical Cat-Eye Sunglasses 1960s French Vintage Hexagon Sunglasses in the Gorgeous Horn Color 1968s USA Vintage Flower Movement-Era Hippie Sunglasses in the 12K Gold Filled (1/10) Metal Early 1990s Vintage Jean Paul-Gaultier Sunglasses 浦宗姉妹

Continue reading