バレエダンサーさんの治療院。東京港区の鍼灸整体

プリエで股関節が開かない原因と対策

プリエで股関節が開かない原因と対策

こんにちは。島田です。 あなたはプリエをするときに ・すぐにかかとが浮く… ・太ももが硬い… ・足首(アキレス腱)が硬い… という悩みがありませんか? そうなってしまう原因が2つあります。 今回は、プリエするときにありがちな間違いと、股関節が開きやすくなるプリエのコツをお話します。

Continue reading
バレエで内側の筋肉を使ってガラケーのように前屈するヒント。

バレエで内側の筋肉を使ってガラケーのように前屈するヒント。

こんにちは。島田です。 あなたは 開脚できても前屈が苦手 ハムストリングスが固くて膝が浮く という経験ありませんか? 今回はバレエで使う2つの動きを使って、ガラケーのように前屈をしやすくする方法をお話します。 PS. この方法は内側を使って動かすヒントにもなります。 ジャックナイフ型のカンブレ(前カンブレ)も使うのはここですから。

Continue reading
バレエで足の付け根が痛いときのタイプ別・傾向と対策

バレエで足の付け根が痛いときのタイプ別・傾向と対策

こんにちは。島田です。 バレエを一生懸命踊っていて足の付け根が痛かったり、つまったりすることありませんか? 「パッセすると付け根がつまって…」 「アラベスクするとお尻がつまる…」 という経験があるかもしれません。 今回は、バレエを踊っていて足の付け根が痛いときによくみられるものを大きく3つのタイプに分けました。 それぞれの傾向と対策についてお話します。

Continue reading
ターンアウトでよくある2つの間違い

ターンアウトでよくある2つの間違い

こんにちは。島田です。 「股関節が開かない…」 「出っ尻やタックインになる…」 「プリエで膝が痛い…」 「踊り終わるとふくらはぎパンパン…」 と悩んだりすることありませんか? これらに共通しているのは、ターンアウトでよくある2つの間違いです。 今回はその2つと、それぞれの対策についてお話します。 ターンアウトでよくある間違い①出っ尻やプリエで膝が痛いときの原因に 出っ尻や、膝を痛める原因になります。ここで紹介する対策は、ぱっと見、受け入れづらいです。が、股関節の開き具合で比べるとこっちのが開くのがわかります。 ターンアウトをする時に、 股関節が開かない… 出っ尻(もしくはタックイン)になってしまう… 膝が痛い… という問題があるとき、これらの状態になりやすい人には共通している部分があります。 それは膝下(スネ)も外に開いているという事です。   どういう事かというと…ターンアウトは膝も開いて股関節も開いて足首も開く、全部開いていくイメージが強いと思います。 しかし、実際は膝から下だけ捻ってしまうと重心が外にいってしまいます。 なので、足先から開いていって膝下で開いていく感じになると、重心が外にいって危ないので股関節はインに入ってしまいます。 つまり、膝下を外に捻ると股関節は開こうと思っても内側に入ってしまいます。   そうすると重心は股関節がインに入った状態から、膝で外に抜ける感じになります。 この状態でプリエをすると股関節は開かず、膝から下だけで開いていかないといけません。 なので、お尻を後ろに出したり、前に出したり、出っ尻になったり、タックインになったりします。 また、股関節が開かない状態でしゃがんでいく為、膝に負担がかかってしまい膝を痛める原因にもなります。   では、どうすれば出っ尻や膝を痛めずに股関節を開きやすく出来るのか   それは「膝下、もしくはスネを内側に捻る」という事です。   こうする事によって、足先と股関節を開いてあげると、きちんと1本の線になって股関節から回しやすくなります。 でも、ターンアウトって開くイメージが強いので、スネは内側にねじると言われても一見受け入れにくいと思います。 なので、実際の写真を見ながら違いを見ていきたいと思います。 これは私がターンアウトをしている状態です。 ここだけ見るとターンアウトが出来ているように見えますよね。 でも、膝下を外に捻ってしまうとプリエをした時に…膝下が外に向いている事によって、股関節がインに入るので写真を見て頂くと分かる通り、お尻が後ろにいってしまいます…出っ尻になって股関節は実は開いていない状態になります。 逆に膝下を内側に捻るとどうなるかというと…プリエをした時に足首がきちんとハマるので、途中で膝が止まるのですが、そこから股関節が開いてきてプリエしやすくなります。 最終的に下に落とせる位置も、こちらの方が落とせるんですね。 かかとも上がらずに、きちんとプリエが出来ます。   もし、ターンアウトで股関節が開かずに出っ尻や膝の痛みで悩んでいるのであれば、股関節は外、膝下は中、足先は外、とイメージで一度ターンアウトを開いてみて下さい。 最初のうちはなかなか慣れないと思いますが、結果的にこのようにした方がきちんと股関節から回せるなといのが分かるようになってきますので、徐々に試してみて下さい。   ターンアウトでよくある間違い②足首が弱い、ふくらはぎが張る原因に 踊り終わったあとに、アキレス腱が痛い・ふくらはぎが張るといった症状があるなら、この影響アリです。   バレエを踊り終わった後にふくらはぎがパンパンだったり、「足首が弱いからもっと鍛えなさい」と言われたりする事があるかもしれません。 この時、一生懸命セラバンドを使って足首を鍛えたりするのも良いのですが、この原因は足首が弱くてつま先が伸びない事、だけではありません。   では、何が問題なのか?   それは、ターンアウトを足を開く事にしか使っていないことです。 ターンアウトのイメージというのは股関節を開く運動というイメージが強いと思います。 でも実際は、ドリルやネジのように足を捻りながら床に突き刺す運動なんですね。 […]

Continue reading
バレエで開脚しやすくする2つの方法。体が硬い私でもできます

バレエで開脚しやすくする2つの方法。体が硬い私でもできます

こんにちは。島田です。 バレエのストレッチで開脚するときに、 「お尻が固くて…」 「太ももの横が張って…」 「内ももが固くて…」 開脚しづらいと思ったことありませんか? 今回は、体が硬い私でも1週間で開脚しやすくなった2つの動きについてお話します。   開脚でできなくて股関節周りが硬いと、「股関節の骨のつき方が変なんじゃないか」と思って整形外科でレントゲン撮ってみたりするかもしれません。 でも、多くの場合はそうではないので、「単に体が硬いだけかなぁ?」という風に考えた事があるかもしれません。 今回、お話するのはそういう体が硬い人でも出来る方法です。 実際私もすごく体が硬いので、靭帯のストレッチだけではなかなか開かないです。 なので、体幹を使って(内側を伸ばして)股関節を開く方法をお伝えしていきます。   開脚=内側の筋肉を3方向に伸ばすこと   開脚をしようとすると、ガバッと開くイメージが強いですが…、 実際は体の中心から上と横、左右に伸ばしていく事によって、結果的に股関節が開いて開脚が出来るんです。 この3方向に行く力が弱いと背中と足が縮んでしまうので、いわゆる腰が落ちる状態だったり、膝裏が曲がって膝が伸ばしにくいという状態になります。 こういう状態になると縮んでいるので股関節が開かないので結果的に開脚が開かない状態になってしまいます。 では、この3方向が伸ばせるとどうなるのか? 先に結果からお見せするとこうなります↓。 上と横の3方向に伸ばす力が、前の写真よりも上がっているので、これが出来る事によって結果的に股関節が回って開脚出来る範囲が増えます。 先ほどの写真と比べてもらうと少し違うなというのが分かるかもしれませんが、1週間何をしたか?という事ですが…ある2つの運動をしていました。 それが、バレエで使うプリエとタンジュという運動です。 これはどちらも床を押す時に使いますが、プリエの方は股関節を開きながら床を押していきます。 背中を上下に動かす運動で、その時に股関節がついでに開いていくという感じです。 これを使って股関節が開きやすくなるので、内ももが硬い人はプリエをやってあげると開脚しやすくなります。 そして、もう1つがタンジュという動きです。 このように、軸足だけ片方置いて足を伸ばす運動なのですが、足を伸ばす運動というよりは背中を伸ばす事によって床を押す力で足が伸びてる、という事になります。 これをする事によって、外側が張っていたりとか、ももが辛い時、開脚した時にお尻やももが辛い時はタンジュを多めにしてあげると開きやすくなります。 バレエでよく使う、この2つの動きをする事によって、いわゆるストレッチ…ギュ〜っと押したり、誰か後ろから押してもらって又割みたいにつぶすような靭帯のストレッチというのは、やらなくても開脚をしやすくする事が出来ます。   ビフォー&アフター(1週間後)   先ほどの写真を前後で比較してみると、これが元の状態です。 ここから1週間で、このようにきちんと開くようになっていきます。 もしあなたがバレエを踊っていて「体が硬くて開脚が出来ない」という風に思っているのであれば、プリエとタンジュを少しチェックしてみて下さい。 特に内側(内転筋)が引っかかる時はプリエが有効で、開脚した時に外が辛いとか、付け根とかお尻、太ももが辛い時はタンジュを直すと開きやすくなります。 まずはそこからやってみると良いでしょう。 是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。 ありがとうございました。

Continue reading
パッセで股関節が開かない、体が内側に回るときの原因と対策

パッセで股関節が開かない、体が内側に回るときの原因と対策

こんにちは。島田です。 パッセするときに、『足が上がらない』と同じように、 『股関節が開きにくい…』 『体が内側に回っちゃう…』 ということがありませんか? 今回はその原因と対策についてお話します。 前回は、パッセをする時に足がなかなか上がらないという事に対しての対策をやりました。 その悩みと同じくらい多いのが、 パッセをする時に股関節が開きづらい、 股関節を開こうとすると体が内側に回ってしまう という事です。 実際にやってみると分かりますが…パッセをした後、パッセで足を引き上げた時点から股関節を開こうとしてもなかなか開きづらいです。 これは股関節が硬いからでは無く、多くの原因は背中が捻れている状態で足を開こうとしているからです。 どういう事かというと…実際の動きを見ながらの方が分かりやすいので、まずは動きで確認していきましょう。 前回、軸を伸ばして足を引き上げながらやる事によってパッセする足を高くする事が出来るというのをやりました。 でも、このままの状態だと肩の位置…右肩が少し前にきて左が後ろ、肩甲骨の下側もそれ合わせてズレる感じになるので、若干足を上げる側に体が回っていってしまいます。 右肩が前に来て、左肩が後ろに来る事で背中が捻れて歪んだ状態が出来てしまいます。 この状態から更に股関節を開こうとすると、倒れそうになって危ないので防御反応で股関節が内側に入って体が内側に回ってしまいます。 これが悩みで出ている「パッセをした時に股関節が開けない」原因です。 では、どうすればいいのか? 対策として取りやすいのが4・5番のターンアウトをしやすくする、という事です。 これは股関節を開きやすくする軸の位置と関係があります。 それぞれのターンアウトのポジションには股関節を開きやすくする軸の位置というのが背骨にあります。 4番、5番の場合は割りと背骨の上の方になります。 なので4番・5番のターンアウトをする事によって、先程肩甲骨の高さにあったような背中の部分の捻れが取れやすくなります。 実際の背術では5番のターンアウトをしやすくするように調整をかけます。 その調整前後でパッセを比較してみると… 背中の歪みが残っている状態と背中の歪みがとれた状態では、パッセしたときの膝の高さや股関節の開き方が違っています。 理由は先ほどお話した通り、背中が捻れてないぶん、股関節を開くことに使えるからです。 なので…あなたがパッセをする時に体が内側に回ってしまう、もしくは股関節が開かないという状態だとしたら、まずは4・5番のターンアウトをやりやすくするという所から初めてみると良いかもしれません。 レッスンでやる時は、バーレッスンで4・5番のプリエをするのがおススメです。 普段のレッスンから入る部分だと思いますので、是非試してみて下さい。 是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。 ありがとうございました。

Continue reading
パッセで足が低くて上がらないときの原因と対策

パッセで足が低くて上がらないときの原因と対策

こんにちは。島田です。 パッセで足を上げる時、 「足の付け根がつまって足が上がらない…」 「足を擦るように持ち上げられない…」 「パッセが低くて…」 と思うことがありませんか? 今回は、パッセで足が上がりづらい原因と対策についてお話します。 バレエ教室でパッセをする時に 「足が上がらない…」とか 「膝が下を向く…」とか、 パッセをした時にどうしてもグラグラしてしまい、バランスが取りづらい という事はありませんか?   これらの原因でよくあるのは、足(膝)を持ち上げようとしているからというのが多いです。   どういう事かというと…パッセで上げる側の足を上げようとしてしまうと膝を持ち上げる形になるので、その力の分が斜めにいってしまいます。 そうすると体が軸足に横から乗っかる感じになります。 横に乗ってしまうのでバランスがここで取れなくなってしまい、上半身がグラついて背中が丸まってしまいます。 そして前に倒れそうになるので、これ以上足を上げる事が出来ません。   では、どうすればいいか?   パッセで足を上げる時に膝を持ち上げるのでは無く、軸足を伸ばすようにすると足が上がるようになります。 これをもう少し詳しく見ていきます…この位置で軸足を伸ばしていくと、押した分だけ上に体が引き上がるので足を持ち上げるのと同時に体を少し引き上げる事が出来ます。 この上に引き上げる力を使って、足を上げる事が出来ます。 この状態で足を上げるとここから更に足を上げようと思っても上がります。 実際に足を持ち上げる時と軸足を伸ばした場合で、どのような違いがあるのかというのを見てみようと思います。 【左:膝を持ち上げる】 左のように膝を持ち上げる感じにすると、こんな感じになります。 この状態だと膝を持ち上げるので体は少し斜めにスライドします。 こうなってしまうと軸足は、このように少したわんだ状態になります。   【右:軸足を伸ばす】 反対に、軸足を伸ばしながらやるとどうなるかというと…まず軸足を押して伸ばしていく事によって、つま先を擦りながら持ち上げる事が出来ます。 そうすると実際には少しなのですが…少し体が伸び上がります。 最初の位置よりは高い位置にいられるようになります。 軸も見てみると…このように歪んだ分というか、横にズレる分がかなり減ります。 軸足から真っ直ぐ体に乗せる事が出来るので、軸足から伸ばしながらパッセをするというのが足を上げる時のポイントになります。   バーレッスンでできる、軸足を伸ばす練習法   軸足を伸ばす時にオススメな方法がバレエのレッスンでいうとタンジュになります。 「タンジュは毎回のレッスンでやってるよ」と思うかもしれません。 でも、足を伸ばす運動としてタンジュをしてしまうと軸足に乗る練習としてタンジュが出来ません。   なので、軸足に乗るようにきちんと床を押しながらタンジュをしてあげる事によって軸を押しながら、つま先を伸ばす事が出来ます。 軸足に乗る時のチェックですが膝から下、スネだけで頑張って床を押さないようにして下さい。 一生懸命軸足を押してると思っていても、膝下だけで押してしまうと股関節には乗らないのでバランスが取りづらくなります。 伸ばしている足の方がメインのようなイメージがあるのですが、実は形は変わっていませんが両足とも足裏全体を使って伸ばしています。   なので、両足とも足裏全体を使うようにしながら(かかと→くるぶしの下→土踏まず→つま先と4段階で押していきます)、タンジュで軸足を伸ばしてあげると、より乗りやすくなります。   もしあなたがパッセで足が上がらない、もしくは引き上げられない状態なのであれば…まずは軸足を伸ばして足を上げるというのを試してみてはいかがでしょうか。 是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。 ありがとうございました。

Continue reading
バレエのストレッチで前屈が苦手なときの解決法

バレエのストレッチで前屈が苦手なときの解決法

こんにちは。島田です。 バレエのストレッチで、前屈が苦手というとき、多くの場合「ハムストリングスが固くて…」と思いませんか? でも、実はこんなケースの場合、いくらハムストリングスのストレッチをしても前屈はできません。(かえって痛めるだけです) 今回は、普段あなたにお伝えしているセルフチューニングを、私が実際にどう使っているかも含めて解説していきます。 バレエのストレッチで前屈をする時によくある悩みが、 「ハムストリングス(もも裏)が硬くて前屈が出来ない」 です。あなたもそう思っているかもしれません。 でも…同じ前屈をしていても、こんな場合はハムストリングスの硬さというのは原因ではない事があります。 例えば…これくらいの位置で一生懸命この状態でやっても、もも裏が痛いだけでなかなか前に進まないと思います。 これ何が問題かと言うと…腰が落ちていたり、骨盤が立っていなかったり背中が硬い事が考えられます。 従って、この状態からだといくら頑張っても前屈は出来ません。 これはハムストリングスの硬さの問題では無く、どちらかというと上3つの問題です。   では、どうやって前屈をしやすくするのか?   バレエ自体が整体なので、そのポーズで必要な動きをパーツに分けて整える事で改善する事が出来ます。 例えば今回の前屈の場合はこのようなチェックシートになります。 私が行ったやつは、この中でもプリエです。 腰を立たせる…特に1番、2番等は腰を立たせるのに使います。 背中をまっすぐ倒すのに使うのは3番から5番のプリエです。   続けてアームスの絞りです、これをやる事によって背中が引き上がって股関節が開くのでプリエもしやすくなりますし、ターンアウトが開きやすくなります。 後は内ももで骨盤を立たせる方法によって、内転筋を使いやすくして骨盤を立たせるというのをやりました。 プリエで、背中を真っ直ぐ上げ下げ出来れば体幹が使いやすくなって体は折りやすくなります。   プラスで内ももで骨盤を立てる方法を行っています。 背中を引き上げた状態で、まず体幹を起こして骨盤を立たせるようにします。   これ、腹筋に見えますが腹筋は全く使っていません。 使っているのはどちらかというと背中です。(背中を伸ばして足を上げている感じ) 後は骨盤の中側の筋肉を使っている感じになります。   前屈ビフォー&アフター   こうして整えていくと体幹が使いやすくなるので、このようになります。 先程の状態と比べると、折れる位置が変わっているのが分かると思います。 ストレッチをする前にきちんと整えてあげると…ここまでいくので、ここからストレッチをしてあげると、より効果的です。   このように、パーツに分けて整える事によって「前屈なんて柔軟性の問題だろ!」って思っているかもしれませんが、そのように諦めているポーズもスキル…運転や自転車と同じように学んで使っていけば出来る事に変える事が出来ます。 なので…もしあなたがハムストリングスが硬くて前屈が出来ないとか、ストレッチをしてるのに全然硬くていかないなぁと悩んでいるのであれば、今回のようにパーツごとに整えてみてはいかがでしょうか?

Continue reading
バレエで前後開脚 (縦スプリッツ)ができないときの攻略法

バレエで前後開脚 (縦スプリッツ)ができないときの攻略法

こんにちは。島田です。 バレエのストレッチで前後開脚(縦スプリッツ)するときに、「柔軟性ないからムリ(~_~;」と思ったことありませんか? 実は普段やってるバレエの動きを、パーツに分けてきちんと行って整えることで対応できます。 柔軟性や体の作りの問題かなと思っていても、自転車や車の運転と同じように技術(スキル)にできるんですね。 よくある問題は お尻浮くとか、 体が斜めになったりとか、 正面にしようとすると体が前につんのめってしまうとか… ハムストリングスが硬くて膝が曲がったり、膝裏が伸びない というのがあります。 これらの項目に関してですが、ここは柔軟性の問題だけではないです。 ある程度バレエのスキルで対応が出来ます。   では、どうやって前後開脚をしやすくするのか?   バレエはそれ自体が整体です。 なので、そのポーズで必要な動きをパーツに分けて整える事によって改善する事が出来ます。 例えば縦スプリッツの場合、 膝を伸ばしたり、プリエをしたり、アームスを絞ったり…という風に、それぞれの項目にチェックを入れていく事によって、きちんと縦スプリッツがしやすくなります。   膝を伸ばす事によって、ハムストリングスの硬さが取れたり、膝裏が引っかからないという状態になりますし、プリエをする事によって足が広げられる幅が増えます…後は背中が反りやすくなります。 また、アームスの絞りを入れてあげる事によって縦スプリッツをした後に背中を反る事も可能になります。 今回、この3つをやるとどうなるかというのを解説していきます。 このようにパーツに分けて1つずつやっていく事によって縦スプリッツに近づくよ、という事ですが…まず最初の状態が、体が前にいって少し斜めになっている状態からスタートしていく感じになります。 まずは2番プリエをしやすくします…これくらい下げられるようになっていれば、お尻が浮かなくなってくるので体が前にいかなくなります。 更にアームスの絞りを足してあげると、脇がたって背中の柔軟性が上がってくるので縦スプリッツをした状態で首を上げやすくなってきます。 そこからプラスして膝を伸ばしていくようにすると、更に背中を反らせる事が出来るようになります。 前後開脚をしても背中を反らせるところまで持っていく事が出来るわけです。 これをステップ毎に見ていくと…最初はこのくらいの状態です。 2番プリエをする事によって体が真正面になり、アームスの絞りを足してあげる事によって反りやすくなって、更に膝の伸ばしを加える事によって、きちんと上を向いて反る事が出来ます。   前屈ビフォー&アフター   反り幅みたいなものは5番までのプリエを入れる事で更に上げる事が出来ます。 このように、パーツに分けて整える事で柔軟性の問題だと思っているような縦スプリッツのポーズだったとしても、スキルといっていつでも自分で整えてやる事が出来るようになります。 もし、あなたが縦スプリッツが苦手だったり、ストレッチを一生懸命やっているのに、なかなか硬くていかないなぁという事であれば、バレエのレッスンをしている時にこういうパーツを気にしてみてパーツごとに整えてみてはいかがでしょうか? 是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。 ありがとうございました。

Continue reading
アラベスクで腰がつまるときの改善法

アラベスクで腰がつまるときの改善法

こんにちは。島田です。 アラベスクで足を上げる時に腰がつまることありませんか? 今回はバレエの動きをパーツに分けて、アラベスクで腰がつまるときの改善法をお届けします。 アラベスクで腰がつまる時にやりがちなのが動足、いわゆる足を上げる方を上げようとする事です。 どういう事かと言うと…アラベスクで動足を上げようとすると、このように腰がつまってしまい、これ以上はしんどいという状態になります。 ここで筋トレをして、パワーで足をグッと上げていくのも良いと思いますが、実際にパンシェなどでバネを使う時に腰の故障が多かったりします。   では、どうやって腰がつまらないようにするのか?   バレエはそれ自体が整体です。 なので、そのポーズで必要な動きをパーツに分けて整える事で改善する事が出来ます。 例えば今回のアラベスクの場合は…このようにパーツに分ける事が出来ます。 膝を伸ばして、ターンアウトで体を前にして、骨盤を後ろに持っていきます…これはプリエで行います。 そしてお腹を使って骨盤を支えます、これはタンジュで行います。 前回の動画でもお伝えしましたが、舌骨と呼ばれる喉仏の上を意識する事によって背中が安定するので足が軽くなります。 上げた足をキープするのに体が開かないようにする為、肋骨(あばら)を閉めます。 そして背中を反りやすくする為にアラベスクの手を使います。   このようにパーツに分けて整えてあげると…これは2番プリエですね。 アラベスクの手をして、背中の捻れをとって、アームスの絞りでターンアウトをしやすくします。 このようにパーツごとに整えると…負担なく上げやすく出来ます。 使うところが変わるので、腰に負担をかける事がかなり減ります。 このように体のコツを使って整える事によって使うところが変わるので形もキレイになって楽に上げる事が出来ます。 なので…もし、あなたが筋トレを一生懸命やってるけれどもアラベスクをする時に腰がつまったり、ストレッチをゴリゴリにやっているのにどうしても踊る時にアラベスクをすると腰がつまる、という事であれば一度パーツごとにチェックしてみてはいかがでしょうか? 是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。 ありがとうございました。 

Continue reading
バレエで顎が上がるときに意識したいポイント

バレエで顎が上がるときに意識したいポイント

こんにちは。島田です。 あなたはバレエ教室で 「顎が上がってる」 「もっと顎(顔)引いて」 とアドバイスされた経験ありますか? これは、足も使えるようになってきて、もっと細かいところに意識がいくようになると気になる部分だと思います。 顔の位置で、バランスや足の重さ・使いやすさに差がでるんですね。 今回は、顎が上がらないためにどこを意識するといいのか、その解剖学的な理由と合わせてお話します。      

Continue reading
アラベスクで足を上げるときに意識したい3つのポイント

アラベスクで足を上げるときに意識したい3つのポイント

こんにちは。島田です。 あなたはバレエ教室で踊っているときにこんな経験ありませんか? 「アラベスクで足が上がらない…」 「足を上げようとすると顔も下がる」 「顔上げて背中を反ると足が下がる…」 教室によって表現は違いますが、なかには「シャチホコになってる!」と注意されるケースもあるようです。 今回は、そのなかでもよくある3つの共通点とその対策についてお話します。

Continue reading
開脚でストレッチするときに気をつけたい3つのポイント

開脚でストレッチするときに気をつけたい3つのポイント

こんにちは。島田です。 バレエ教室で、レッスン前にストレッチをすると思います。 そのとき、 「開脚で足が全然開かない…」 なんてことありませんか? 実は、硬い部分をかばって『そもそも股関節のストレッチができてない』ケースがあるんですね。 そこで、今回は開脚でストレッチするときに気をつけたいポイントを3つ紹介します。        

Continue reading
バレエで背中がつまる、あばらが開く意外な原因

バレエで背中がつまる、あばらが開く意外な原因

こんにちは。島田です。 「あばらが開く」 「背中がつまる」 コレ、大人でバレエをやられている方にけっこう多い症状です。 なんでこんなに多いのかな〜と原因を探っていったところ、 『盲点になってて気づかない部分が原因になっているケースが多い』 ということがわかりました。 それは…

Continue reading
バレエで足の付け根が痛い意外な原因

バレエで足の付け根が痛い意外な原因

こんにちは。島田です。 バレエを踊っていて、もしあなたが、次の3つ、 ・パッセやアラスゴンドで足を上げるときに足の付け根が痛い ・普段はデスクワーク ・股関節をケガした心当たりはない というなら、もしかしたらこの影響を受けているかもしれません…。

Continue reading
ルルベアップで体重が小指側に乗るなら…

ルルベアップで体重が小指側に乗るなら…

こんにちは。島田です。 あなたは、ルルベアップするときに外側体重になったりしませんか? そして、「もっと足首を鍛えれば外側体重が中心に直る」と思っていませんか? 実は、足首を鍛える前にあることをやっておくと、アキレス腱やふくらはぎを痛めずに立ちやすくすることができます。

Continue reading
バレエで股関節を柔らかく使うファーストステップ

バレエで股関節を柔らかく使うファーストステップ

こんにちは。島田です。 バレエを踊っていると、 「もっと股関節を柔らかく使いたい」 と思うことありますよね? でも、実はレッスン最初のある段階で、きちんと手順を踏まないと…前ももとふくらはぎに力が入って硬くなっちゃいます。

Continue reading
笑顔で踊った方が足が上げやすい理由

笑顔で踊った方が足が上げやすい理由

こんにちは。島田です。 あなたはバレエ教室で踊ってるとき、顔が 「能面みたいになってる」 「ロボットみたい」 「もっと笑顔に」 と言われた経験ありませんか? 『バランスや振りについていくのに必死でそれどころじゃない』 と思いますよね。 でも、実は(楽しくなくても)笑顔の方が足は使いやすいんです…。 PS. 口角を引き下げてルルベアップするのと 口角を引き上げてルルベアップするのと比べてみると面白いですよ。

Continue reading
ほうれい線と股関節の意外な関係

ほうれい線と股関節の意外な関係

こんにちは。島田です。 バレリーナって年齢関係なく顔綺麗な方が多いですよね。 その要素の1つは、バレリーナにはほうれい線ができにくいからじゃないかな〜と思ってます。 バレリーナに、ほうれい線ができにくい理由は2つあると思っていて、1つは運動量と食事管理。 これで皮膚がたるみにくい状態になりやすいから。 これは「まぁそうだろうな」と思うと思うんです。 でも、鍼や整体の観点からみると、もう1つあるんです…。 PS. ちなみに、『股関節や腰の痛みをとるために歯医者で噛み合わせ直してもらう』なんてケースもありますよ。

Continue reading