普通の大学生がTOEFL 100点OVERを目指すブログ

TOEFLの結果と今後について(留学)

TOEFLの結果と今後について(留学)

  お久しぶりです。久しぶりの更新ですね。 働き始めて、研修や引っ越しや配属、TOEFLが重なり中々更新ができませんでした。   いきなりですが、早速前回のTOEFLの結果から行きます。   R24/L23/S18/W25 T90という結果でした。   正直、あんまりできてないなという感覚がテスト中からあったのでこの結果は妥当だと思います。春休みを含め、勉強してきた中で前回の93点から点数が上がるどころか下がってしまい非常にヘコむところではありますが、90台は安定してとれるという見方をすることとします。前向きに行きます。   今回のTOEFLで感じたのは   Reading: やっぱり実力不足を痛感する。語彙力の問題ではなく読解力の問題だと思う。ただ正直、伸び悩みを感じる。 → Deltaなど他の教材を使って新しい文章にどんどん触れてみようかと思います。 Listening: 個人的には最も点数の伸びを期待したセクションだったにも関わらず、本番では???という部分がいくつかあった。まだまだ実力は不足している。 →Web TOEFLでも試してみようかなと思ってます。   Speaking: 20を取るつもりで行ったが、1問目から噛んで躓く。そして5問目ではListening力不足で上手く解答を作ることができなかった。Listening力を強化しつつ、今後も継続して学習する必要がある。   Writing; 点数は変わらないものの、IntegratedもIndependentもGood評価。安定して点を取れるセクションになった。ただ、普段書いているように多様な語彙・表現を用いて論理的に文章を書くことができない。書く量だけでなく、多様な話題に今まで以上に触れていく必要がある。     こんな感じですかね。 TOEFLについてはまた近いうちに受けますので、受験日が決まったらまた報告します。   続いて留学について。   本日、大手留学予備校のAGOSに行ってきました。結論から言うと、   留学開始年 2020年 出願年 2019年 TOEFL 110/ GMAT700 が最低ライン TOPスクールはやっぱり狙っていきたい   ということが決まりました。留学時期が決まったことは非常に大きいです。今後より明確に意識を持って勉強や準備をすることができます。 実はTOPスクールでないスクールに早々に行く方がBetterかとも思ったのですが、人生で1回切りのMBA留学ですし、最高峰を目指していきたいなと思いトップスクールを目指すことにしました。 目の前には沢山の問題が山積していますが、1つ1つ片付けていこうと思います。   以上です。   これからもよろしくお願いします。

Continue reading
GWはいかがでしたか?

GWはいかがでしたか?

  こんばんは、お久しぶりです。 待ちに待ったGW!・・・だったのですが、もう終わりですね。この現実を直視したくないです。リアルに朝起きたら出社拒否してしまいそう(T-T)   さて、このブログは一応英語学習ブログなので英語学習について最近の近況などを織り交ぜながら書きます。   英語学習ですが、今月のTOEFL受験に向けて勉強しています。正直にいうと、100点取れるか自信ないですねぇ。LR共に9割を越えるようにはなってきたのですが、安定しません。LRでいかに安定して稼ぐかが重要だと思うので、本番まで気を抜かずに勉強しようと思います。   次にSpeaking。先月頭からレアジョブで英会話を再開しました。今までDMMを利用していたのですが、仲の良かった先生が居なくなってしまったことやTOEFL対策ができるという理由からレアジョブに移りました。 レアジョブではTOEFL SpeakingのTask1,2のIndependent Taskの練習をしています。結構良いと思いますね。自分の場合、回答を難しくしようとしてしまう傾向があるので本番ではシンプルに答えていきたいと思います。難しくする必要無いのに、ついやってしまう・・・ Integratedも練習はしています。が、量がまだまだ足りないと感じます。本番までできるだけ量をこなしたいです。   Writing 実はTOEFLに向けて最も勉強していないセクションになります。その理由として、自分で書いて、直して・・・というプロセスに時間がかかるからですね。自分で色々と調べて・・・ とその過程も勿論勉強なのですが、そこに割く時間があるのなら他の危ないところをやろうとおもってあまりできていません。ですが、Integratedが個人的にどうも苦手なのでIntegratedはここからガンガンやっていきます!今日もこのブログを書いた後に勉強予定です!     こんな感じです。   英語に関してはこんな感じなのですが、自分の仕事の方は微妙です。社風に合わず、転職を真面目に考えています。早すぎるという声も十分に理解できるのですが、やはり入ってからでないと分からないものはとても多いですね。まだ1ヶ月ですが、自分にとって良い環境などなど様々なことは明確になってきましたね。 ただ、即転職するにしても準備が必要なのでとりあえずは英語の学習を続けつつ、それ以外のスキルも積極的に身につけていきます。   留学後も考えると、英語以外のスキルを身につけておく必要がありますからね。MS Officeみたいな実務的なスキルはもちろん、経営やファイナンスの知識、思考方法など身につけなければならないものは沢山あります。そして、それらを身につけようと常に自分自身を向上させ続けなければ、自分の目指す環境やありたい姿には届かないでしょう。   ということで、TOEFLに向けて勉強します! 実は英語学習の書籍を購入したので、それについて書こうかと思っていたのですが、それはまた今度で・・・(笑)   では!  

Continue reading
第一週を終えて+洋楽紹介

第一週を終えて+洋楽紹介

皆様、4月第1週はいかがだったでしょうか? とりあえず自分はなんとか・・・って感じでしょうか?週末が嬉しかったです(笑)色々と感じたところがあるのでその辺を書きつつ、洋楽を紹介します。   まずは紹介しきれなかったSimple Planの曲を。前回Boom!等大好きな曲を紹介しましたが、同等の曲を更に紹介します。結局全部好きじゃん!という突っ込みは受け付けません(笑)   Saturday 是非聞いてみて欲しい曲ランキングNo.1です。 かなり好きな曲です。シングルでしか入手できませんが、iTunesで購入できますので気に入られた場合はお買い求めください。 曲を聴くと分かると思いますが有名な、Bay City RollersのSaturday Nightをモチーフにしています。が、とてもSimple Planらしい曲です。夏っぽさと青春を感じます。夏にドライブでもしながら聞きたいですね。全体的に歌詞も好きですし、サビのテンポなんかも好きですね。 最近の曲なのでNetflixとか新しいワードが出てきます。後はサビに Singing  “Don’t stop believing” til the morning light なんて部分があり、即反応してしまいました。JourneyのDon’t stop believingですね(笑)後は歌詞に偶然でしょうけどBoulevardという単語も使ってありますね。Don’t stop believingにもup down the boulevardって歌詞がありますよね。Saturdayを聞きながら、あー単語も少し被ってる?なんて思いました。偶然だと思いますが。   今日は日曜日ですが、Saturdayを聞いて休日の余韻に浸ってください(笑)   ・Take my hand 前回全く紹介できなかったSimple Planのアルバム、「Simple Plan」の曲です。このアルバムはバンドにとっても結構挑戦したアルバムのようで、収録曲の雰囲気が他のアルバムと違います。自分は大好きですけどね。   かなりロックな曲です。雰囲気としては暗めな感じがしますが、テンポ・歌詞共に好きです。アルバムの最初の方に入っている曲で、この曲を聴いたときにこのアルバムは良いアルバムだ!なんて思いました。   ・What if   同じアルバムよりWhat ifです。6分近い長い曲ですが、その曲の歌詞がなんとも抽象的で・・・サビはタイトルのとおり、What if 〜 を繰り返し、問いかける内容となっています。個人的にはWhat if I graduate? という部分が君からの卒業なのか、何を示すのか?なんて未だに考えます。 […]

Continue reading
洋楽の紹介

洋楽の紹介

  就職が近づいてきて完全に気が気でなくなってます! さて、今日は以前紹介しようと思っていたSimple Planというバンドの曲の紹介とGleeの曲を追加で紹介しようと思います。   まずSimple Planとは!   シンプル・プラン (英: Simple Plan) は、カナダのケベック州モントリオール出身のポップ・パンク・バンド。2002年メジャーデビュー。これまでに4枚のアルバムを発表し、いずれもアメリカ・ヨーロッパを中心とした世界中でヒットを記録。その後、地元カナダのみならず世界中で熱狂的な人気を獲得するようになる。2010年には、バンクーバーオリンピック閉会式でパフォーマンスを行う。バンド名は映画『シンプル・プラン』から。 Wikipediaより   カナダのバンドで全体的にロックというかパンクな曲が多いです。自分は友人から紹介され、ドハマリしてしまい・・・友人から借りたアルバムに加えてTSUTAYAで借りてきたりしました! まずは思い出の一曲。友人から借りた自分にとって初めてのSimple Planのアルバム「Get your heart on!」より You Suck At Loveです このMV、イメージなのでバンド本人達じゃないです(笑) 曲としては女に遊ばれた高校生くらいの男の子の心境って感じでしょうか? 疾走感あるさわやかなメロディーが印象的で、パンクっぽいなぁと思います。Simple Planらしさのある曲だと思います。自分はこの曲の印象が強すぎてリピートしまくってました。   次は同じアルバムからJet Lagです   Jet Lag、つまり時差です。曲は遠距離恋愛を題材にしています。友人が印象的な曲と言っていたのを思い出します。日本国内だと時差が存在しないので物理的な距離が遠距離恋愛の壁になることが多いと思いますが、アメリカだったり欧州だと時差は一般的ですからね。サビの You say good morning When it’s midnight Going out of my head Alone in this bed I wake up to […]

Continue reading
大学を卒業しました

大学を卒業しました

  どうもー先日大学を卒業したkazuです。 卒業したらすぐにブログを更新しようと思っていたのですが、体調を崩したので今更の更新です(笑)つらつらと書きます。   大学を無事に卒業しました。卒業式当日、なんだかとても感慨深かったことを覚えています。自分は大学生活を1年余分に経験しているのですが、その全てが無駄ではなかったと自信を持って言うことが出来ます。自分は大学生活を通して自分の人生を変えることが出来たと思いますし、今後の人生が大きく変わったと確信しています。 大学生活5年間で自分は、継続して何かをやり続けることの大切さとその力を知ることが出来ました。この1点が大学生活を通して得られた最も大きな経験の1つですし、今の自分の自信に繋がっています。これがなければ留学を決意することもなかったでしょうし、今のように英語の学習を継続することは出来なかったでしょうね。 加えて自分がお世話になった教授や先生には感謝しなければなりません。自分が留学を決意し、英語の学習を始めたのも必修の英語の授業がきっかけですし、授業外でありながら個人的に指導してくださった教授の支えがなければ今の自分は無かったでしょう。本当にありがとうございました。 自分は大学生活を通して自分自身を変えられたと思っています。もしもこのブログを見ている新大学生の方がいたら、4年間は本当に短いから自分のやりたいことを全力でやれと伝えたいです。別に勉強でなくても、スポーツだって課外活動だって良いです。だけど大切なのはそこに自分があることです。自分自身の軸をしっかり持って、大学卒業後に自分の道を切り開いていけるように、充実した学生生活を送ってください。大学生活を実りあるものにするのは自分自身です。 卒業後、良い大学生活だったと思えると良いですね。       さて・・・とうとう卒業してしまいました。モラトリアム終了です。就職が目前に迫ってきていることもあってか、もやもやとした日々を過ごしています。というのも、いよいよキャリアの問題が明確になってきたからですね。   以前にも述べたように、最近ではMBA以外の選択肢もありだなぁと思うようになってきました。MBA以外の選択肢をとる場合、それに合わせて今後の勉強や身の振り方を変えていかなければなりません。その決断をしなければならないんですよね。 色々調べているのですが、MPPに進む場合でもGMATでOKの場合があるようです。GREかGMATがTOEFLに加えて求められる感じですね。なのでGMATをやっておけばMBAにもMPPにも出願できることになります。テストの面はあまり心配しなくて良いかな?という感じがしました。   ですが、EssayとReference、そしてResuméの問題があります。MBAに進む場合はビジネスに関連したことをEssayに書く必要があります(いわゆるWhy MBA? Why you?)し、Resuméにも仕事上でやってきたことを明確に示す必要があります。Referenceも上司からですね。 MBAの場合、3年の実務経験が求められる場合が多いですし職務経験があった方が有利ですからReferenceは大丈夫だと思います。多分。Resuméは問題ですね〜Business achivementを書け!なんて言われても果たして・・・って感じです。自分の心配しているポイントです。   ですが、MPPの場合 Referenceには References are invited to evaluate the applicant’s achievements within the selection criteria of academic and analytical excellence, commitment to public service and leadership and impact. というような条件が求められます。これはOxfordの条件ですが、どこも似たような感じです。そしてEssayでも公的な視点に立って文章を書いていく必要があります。 EssayとReferenceは選考上重要なファクターです。特にEssayでは自分の意思表示をするわけですから、相当練り込んだ文章を書かなくてはいけません。ですが、MBAの場合とMPPの場合では求められるものが大きく違うんですね。出願準備には沢山の時間がかかりますが、こういった点から流石にMBAとMPPを両立させていくのは難しいと思います。     […]

Continue reading
久々のWriting

久々のWriting

  どうもkazuです。Writingは長らく(1ヶ月くらい)やっていなかったので昨日の夜英検1級のお題を使ってやってみました・・・が、自分で自分の書いたWritingを直すって結構大変じゃないですか?単語の使い方だったり不安がある文法事項などは直せますが、全体でみたときの流れとか、細かいニュアンスの違いとか。 自分はactive vocabularyを増やそうと思ってパラフレーズを心がけて、単語を使って英文を書くようにしているのですが、例えば Scarce をDearth で言い換えたら、Dearthは強すぎる。なんて言われました。英単語は英英辞典で基本引きますが、こういう差異はやっぱり分かりづらいですね。   自分は大学のWritingのクラスに頼っていたので、自分でWritingを直せるように修行しなければなりませんね。英語に触れる絶対量を増やさなければ、英語の感覚は養えないでしょうし。 加えて、文法が最近疎かになっているので改めて勉強しようと思います。Writingをやっていると、自分の文法知識の危うさが露呈するんですよね。時制だったり冠詞だったり・・・勉強しなければならないことが沢山あります。   Q: Do you agree or disagree with the following statement?   Food shortage will be eliminated in the future?   Today, we all are facing a serious problem, food shortage. Although I’d like to think that problem will be solved or today’s situation will […]

Continue reading
MBAとMPP

MBAとMPP

  こんにちは!春休みも終わりが見え始めたkazuです。新生活ということで、再びオンライン英会話を再開しようと思っています!次のTOEFLでは確実に100点を超えていきたいですからね。     さて、今日はMBA, Master of Business Administration と MPP, Master of Public Policyについての話しです。   自分はMBA留学を前提に勉強を進めていますが、MPPもいいなぁと思っています。前者は経営学修士、後者は公共政策修士ってやつですね。MBAを目指す人はMPPも視野に入れていることが多いなんて聞いたことがありますが、自分もその例ですね。 この両者の違いは簡単に言ってしまうと、MBAは企業における経営戦略の策定などにフォーカスを当てたコース(学位)ですが、MPPは政府等の公的セクターにおける戦略に焦点を当てたコースです。まぁMPPは公的セクターメインのMBAって感じですかね。 日本で社会人になってから留学というとMBAがメインで、それ以外は珍しい選択なので知らない方も多いと思いますが、海外ではメジャーな分野です。HKS(Harvard Kennedy School)とかUC Barkley辺りが有名どころでしょうか。英国にもOxfordをはじめ名門公共政策大学院を設置しているところはあります。 なぜ自分がMPPにも興味を持ったか最近色々と考えてみたのですが、自分は何か問題が生じたときにその原因と背景を知り、対処するためのアプローチを考え、実行するっていうプロセスが好きだからですね。ビジネスの分野であろうと公共性の高い分野であろうとそこは一貫していると自分では感じています。   で、MPP留学するために必要なのは ・英語力(MBAと共通) ・GRE(学校によって異なる) ・大学時代の成績 ・CV ・Personal statement ・Essay ・References/letters of recommendation(3枚) です。   まずは兎にも角にも英語力です。ちょっとOxfordのRequirementsをみてみました。English level: higher とありました。具体的には TOEFL iBT 110です。これはMinimum requirementです。そして Reading 24 Listening 22 Speaking 25 Writing 24 がMinimum component […]

Continue reading
お勧めの洋楽(続Glee編)

お勧めの洋楽(続Glee編)

こんばんは。なんだか更新したくなったので更新です。ちょい雑談と洋楽の紹介です。 今日はネイティブの友人と習慣のSkypeをしたのですが、彼が米国に帰国してから初ということでSkypeをする時間が真昼になりました。今までは自分は夜、相手が昼だったのですが、今回から逆転です。なんだか日の高いうちからSkypeって変な感じがするなと思いました。日本の友人とSkypeするのも大体夜ですしね(笑)そう思うと時差を感じます。 それとなんだか知りませんが、今回のSkypeは割とスラスラと英語を話せたなと感じました。ペラペラと舌が回りました。この調子で伸び続ければTOEFLは勿論、それ以降に大きくプラスだろうなと思いましたね。勉強のモチベーション上がりました。やっぱり楽しいと思えることが勉強には一番ですよね。楽しんでやってる人には何をやっても勝てないと思いますし。自分が就職したら頻繁にSkype出来ないので、可能な限りやりたいなと思います。働き始めたらオンライン英会話を再開するつもりですけどね。やっぱり色んな話題を友人とフレンドリーに話すのって楽しいじゃないですか(笑)     さて、本題です。本当はGlee以外の洋楽を紹介しようと思ったのですが、Gleeのアルバムを聴いていると、あ!そういえばこの曲良いなと思ったのに忘れてた!というような曲があったのでそれを紹介しようと思います。   まず最初にBeyonceのListenのカバー版です。歌っているのはCHARICEです。フィリピン人の歌手でその歌唱力の高さは世界的に認められているほどの人ですね。Glee本編ではSunshineという役でゲスト出演していますが、あんまり出番はありません。ただ本編でもその歌唱力の高さは認められています。 このListenという曲はcontrolling husbandからの自立をテーマにした曲です。 オリジナルのBeyonce版と比べるとChariceはBeyonceの歌い方を真似ているなと思わせますが、どちらも素晴らしいですね。個人的にはChariceの方が好きですが。         これから自分の意思で自分の道を歩いて行くというメッセージが伝わってきて良い曲だと思います。歌唱力の高さと一緒に詩も楽しんでいただきたい曲です。   続いてもChariceが歌う曲です。この曲はCharice演じるSunshineとヒロインのRachelを演じるLea Micheleが歌うTelephoneという曲です。この曲はLady GagaとBeyonceがオリジナルを歌っています。Charice個人がBeyonceを尊敬しているのでしょうか?2つともBeyonceが歌っていますね。この曲は中毒性があると思いますね。リズムと歌詞が絶妙だと思います。ノリが良いです(笑)オリジナル版も貼っておきます。オリジナル版はPVで歌い始めまで少し時間があるので、曲の歌い出しからスタートするようにしてあります。     Stop in the name of love/ Free your mind mush up  ver   Stop in the name of loveという曲にFree your mindという曲を合わせて歌った歌です。こういうのをマッシュアップというようですね。Gleeを観るまで知りませんでした。 曲が歌われるまでの経緯もありますが、力強さを感じられて好きな曲です。   ・Pretending これはGleeのオリジナルソングです。完全にドラマをみていいなぁとおもったのに紹介し忘れた曲です(オイ   ・Light up the world   この曲もGleeオリジナルみたいです。曲のノリが好きです。後は前向きな感じが良いですね。   […]

Continue reading
Don’t stop believin’ 和訳

Don’t stop believin’ 和訳

今日は結構自己嫌悪に陥っていて、意思表明の記事でも上げようと思っていたのですが、友人と話をしていたら、色々と自分なりに思うとことがあり?なにか普段と違うことをしたくなりました。ええ、気分です(笑) ということでJourneyの名曲 Don’t stop believin’ を和訳してみようと思います。自分はGleeの影響でこの曲をとても好きになりました。そして聞いているうちに、曲の雰囲気も良いけど、歌詞がいいなぁと感じるようになりました。自分がこの曲を聴いて思うのは、新しい世界に旅立つ人も、街を歩いていて見かける見知らぬ人も何かしらの不安や思いをそれぞれの胸に秘めて人生を歩んでいるんだよなぁ〜なんてことです。 何言ってんだコイツって感じですね(笑) この曲を聴くと頑張ろう〜って気持ちになれます。ということで和訳します。 最初に言っておきますが、和訳は得意ではありません。そしてFeelingで訳したりします。ご容赦ください。   Just a small town girl Livin’ in a lonely world She took the midnight train goin’ anywhere 小さな町に住む孤独な女の子 真夜中の列車に飛び乗った 何処か遠くへ行きたくて Just a city boy Born and raised in south Detroit He took the midnight train goin’ anywhere どこにでも居そうな都会の少年 生まれも育ちもSouth Detroit※ 彼も当てもなく真夜中の列車に飛び乗った 何処か遠くへ行きたくて A singer in […]

Continue reading
TOEFL申し込みました

TOEFL申し込みました

  タイトル通りです。 5$の値上がりに加えて金欠(&以前より円安・・・)ということもあり受験自体悩んだのですが、今受けないと春休み勉強しなさそうということと、配属先が決定し、おそらく土日休みじゃ無くなるので本配属前に受けたかったというところです。 土日休みじゃ無いとTOEFLを受けたりGMATを受けるために有給を取らないといけなくなるわけですよね。土日休みであれば他のことに有休を使えるのに。あーあという感じです。まぁ配属先に関しては何故自分がそこの配属になったか正直予想の範囲内なのですが、英語を仕事で使えればそれでいいです。英語を使う業務であれば仕事時間中に勉強も出来て一石二鳥ですから。 一応貿易関連の部署ではあるので、後は配属先のどういった部署になるかが問題です。貿易関連の処理に携わることが出来れば英語が使えて万歳ですね。   というわけで5月に受験します。後3ヶ月ちょっとあるのでしっかり勉強して100を越えないといけません。TOEFLのスコアメイクが一般的に最も時間がかかるそうなので、早めに最低ラインをクリアしてGMATなりエッセイなどの対策に時間を使っていきたいですね。   就職したら色々と忙しくなりそうです(憂鬱  

Continue reading
春休み2週間目

春休み2週間目

  どうも。   タイトルを何にしようかと思ったのですが、そのまんまのタイトルにしました。大体春休みが始まって2週間が経ちました。個人的には決まった予定は全て終了したので、後は完全フリーです。ちょっとブログを書きたかったので更新です。教授と会ったこととか今勉強していることについてちょっと書きたいと思います。     定期券が切れると東京に行くのもコストがかかるようになるということで、ここ最近は東京でやることを全て済ませよう!ということで割とバタバタしていました。友人と会ったり教授と会ったり・・・教授と会ったのが東京でこなすべき最後の予定でした。   にしても2月10日前後って毎年大雪とか言ってますよね。教授と会った日も結構降っててビックリしました。実家の方が明らかに寒いし、標高もあるのに・・・なんて思いながら街中をさまよっていました。何故かというとカフェの席が無いんですね。 東京って至る所にカフェがあるのにどこも混んでるわけですが、その日は雪で寒いということもあってかいつも以上に空きがありませんでした。何件まわったことやら・・・待ち合わせの時間が近づいても全く席を見つけることが出来ず焦りましたね。教授に席を見つけることが出来ないと連絡をしても電話は出ないし、伝言メッセージも入れたけど雑な英語になっちゃったし(笑)なんて感じで久しぶりに人との待ち合わせで慌てました。メッセージを吹き込んだのは30秒位なんですが、TOEFLのSpeakingを思い出しました。ああ、TOEFLだったら微妙なスコアだろうなぁなんて思っていたら、教授から電話があって話しをしたんですが、電話って大変ですね。実際に業務で英語で電話をしたらもっと大変だろうなぁと思いました。ちなみにその時はなんとか大丈夫でした。   で、前回もあったthe cafe でお話をしました。とりあえずWritingのクラスの様に自分のエッセイを添削して貰いました。ネイティブの、しかも教授のような教養ある人に添削して貰える機会なんて今後ないだろうなぁなんて思うとすこし寂しいです。 Writingの添削についてはいつも通り、表現や時制のエラーを直して貰いました。そして授業と違い、時間がたくさんあることと自分しか相手が居ないので、エッセイに関連して色んな話をしました。 自分が書いたエッセイのトピックは Will the world become more peaceful in the future? Many parts of the world are losing important natural resources, such as forests, animals, and clean water.  Choose one resource that is disappearing and explain why it needs to be […]

Continue reading
最近聞いている洋楽 Glee編

最近聞いている洋楽 Glee編

  おはようございます。 今日は訳の分からない夢を見て、朝から若干疲れているkazuです。 今日は聞いている洋楽やどうやって新しい曲を発掘しているか書こうかと思います。思いっきりUKさんの記事のパクリです(笑) まず自分は最近積極的に新曲や新しいアーティストの発掘をしていません。中学生とか高校生の頃は新曲を追っかけたりもしていたのですが、次第に自分の好きな曲だったりアーティストが固まってきて、基本的にそれらをヘビーリピートしてます。 ですが、街中や店で聞いた曲やドラマなどに使われた曲で良いなこの曲!と思った曲に関しては基本的にその場で何の曲か調べます。 ShazamやSound houndを使うとなんの曲か分かります。自分は後者を使っていますが、かなり認識率が高く重宝しています。   自分で探す以外だとやはり友人からの紹介でしょうか?ただ好きな曲の話になってもお互いあーそんな歌手いるんだーふーん。みたいに結構冷めてる場合って多い気がするので気になったら積極的に聞くべきでしょうね(笑)   というわけで色々と紹介。   自分は最近米国で社会現象まで起こした人気ドラマ、Gleeを見終わりましてその影響でドラマないで歌われた曲なんかを聴いてます。   ・Somebody to love (Queenのカバー) フルはYoutubeで探すと出てきますが、高音質で聞きたくなったらiTunes Storeで売っているので、そこでDLしてください。リンクを上手く貼れなかったので各自でお願いします(^_^; ・Faithfully,  Anyway you want it/ LOVIN’, TOUCHIN’, SQUEEZIN’,  Don’t stop believing(Journeyのカバー) これらの曲はSeason1の締めの曲なのですが、凄い好きです。原曲も聴いたのですが、今風のあレンジが聞いているのと、やはりコーラスがあるのは綺麗で良いです。歌詞は基本的にそのままですが、一部違いますので歌詞を知りたい場合は ○○ lyrics Glee なんかで調べると正しい歌詞が出てきます。 全曲フルの通しがあったのでまずそれを貼ります。曲順はそのままです   ドラマ内でのパフォーマンス付き。通しで観ても6分位なので是非チェックしてみてください。       Journeyの曲、最後のDon’t stop believingはThe Gleeって感じの曲でドラマの中の節目で必ず歌われる曲です。最初は正直そんなに好きでは無かったんですが、聞いているとどんどん好きになっていってしまい・・・この上記3つはめちゃくちゃ好きな曲になりました。特にFaithfullyが好きですね。歌詞が綺麗というか雰囲気があります。 ただ曲自体は1983年の曲なので時代を感じる歌詞があったりします。それも凄く好きですが。 初めてFaithfullyを聞いたとき、スピードはゆっくりなので聞き取れるのですが Sending all my love along the […]

Continue reading
大学生活を終えて

大学生活を終えて

  先日の登校で全ての授業とテストが終了し、春休みに入りました。   早いもので自分の大学生活も終わってしまいました。一応卒業まで大学生というステータスのままではあるのですが、大学へ行くことがなくなるので個人的には大学生でなくなったという感じがしますね。自分は大学生を1年長くやっていたので、なんだか感慨深いものがあります。色々な出来事があったと思うのですが、どれもつい昨日のことのようです。 バイト先の予備校で現役生をみると、ああ自分にもこんなときがあったなぁ・・・なんて色々と考えてしまいます。     さて、授業が終わり春休みに入るということでお世話になった教授の2人に挨拶してきました。1人目は2年前からTOEFLのことや留学について色々と教えてくださいました。定期的に教授の研究室に伺っていたのですが、本当に卒業まであっという間でしたね。今後のことなどを色々と話して、推薦状をしっかりとお願いしてきました。 2人目はWritingのクラスで一年間お世話になったネイティブの教授です。彼の授業を受けなかったら自分のWritingの伸びは無かったでしょう。やはり毎週のように2000Words近く英文を書いたことと、ネイティブから指導を受けられたことが非常に大きかったと思います。 彼とは先日学外で会って色々と話したのですが、2月前半も予定が合えば会えるよということだったので会ってきます!非常にお忙しい立場にもかかわらず、自分に時間を割いていただいて非常に嬉しいです。Writingも授業では無いのに見て頂けますしね(笑)   それと前回会った時に思ったのですが、英語を使って生身の人とあれだけ長時間話したのは初めてですね(笑)いつも英語を使うのはSkypeでですからね。新鮮でした。         で、英語学習に関してはTOEFLですね。とりあえずTOEFLを終わらせないとお話になりません。 教材に関しては公式の模試本や今までに買ったものをフル活用します。 Readingに関しては先日GMATのVerbalセクションの問題集を購入してきました。TOEFLの英文だけでは無くGMATの英文も使ってうまく気分を変えていこうかと(笑) GMATはビジネススクールやビジネス系のプログラムの選抜に使われるだけあって、英文の内容もビジネスライクなものです。自分が既に読んだトピックの例としては、変化する環境に適応し、持続的に成長出来る組織を作るためにリーダーのすべきことは?どのような組織を作るべきか?というようなものがあります。   普通のTOEFLのReadingの内容が面白くないものでは無いのですが、やはり自分の興味のある内容だとより一層楽しいですね。大学の経営の教科書かなにかを英語で読んでいる感じです。モチベーションアップに上手く繋がっている・・・ような気がします。     TOEFL自体は5月くらいに受けるつもりです。それまで4ヶ月くらいあるので時間があるのでしっかり勉強したいですね。気をつけなきゃいけないのはモチベーション管理ですね。出来るだけ高い状態を維持できるように工夫したいと思います。       万年筆の話題は。。。次! ただオススメですよ。勉強やら色々と捗ります。生活を豊かにするためにいかがでしょうか                

Continue reading
新年なったので語彙数測定

新年なったので語彙数測定

  いつもの語彙測定の時間がやって参りました。今回もTest your vocabで測定しました。   今回の結果は・・・   19,500wordsでした。前回が16,100だったと思うので割と伸びましたね。大台にあと少しで乗りそうです。久しぶりに語彙数を確かめたら、問題が結構変わっていました。中には以前と変わらぬ単語もありましたが、久しぶりにやると正確性が増すというのはこういうところが関係しているんですね。 語彙を増やすために隙間時間に単語の勉強をしていることが語彙数増加の決め手だと思います。毎日少しずつでも積み重ねれば大きな差になっていくということを実感します。夏に入ってからTOEFLに加えてGMAT/GREの単語を勉強し、それらの単語集も佳境に入ってきたと感じています。ネイティブの知らない単語なんかも多く勉強した結果が今回の数字でしょうね。ただ、英検1級のパス単と割と被っているんじゃないか?なんて最近思います(笑)時間があるときにパス単も見直したいですね!   来週から学校が始まり、いよいよ大学生として受ける授業も終了になります。悔いの残らないように勉強しようと思います。   次に更新するときには万年筆のことでも書こうかななんて思います。そういう要望があったのでお答えします(笑)   では

Continue reading
明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 今年は自身にとって大きな1年になると思いますが、変わらず邁進したいと思います。   今までで一番ぱっとしない年明けでしたが(笑)   さて、2017年ですね。自分は今年大学を卒業してしまいます。授業に関しても今月一杯で終了し、大学に通学するのも今月で最後です。そう思うと色々と感慨深いものがあります。自分は大学に計5年在学しているわけですが、今日に至るまであっという間でした。それと同時に、自分は大学での記憶を思い返すと、大学らしい?思い出ってあまりありません。0ではないのですが、ほぼ完全に「個」の記憶です。高校までは集団の中で色々と動くわけですし、高校までを思い返すと、集団あるいは学校というものが思い起こされるのですが、大学では個ですね。主体的に行動してこれたかなぁなんて思います。英語の勉強や就活、今後の指針についても自身の軸をしっかりと持ってこれたかなと。もちろん、自分に足りないものがあることははっきりと認識しているので、それらはしっかりと直していきます。   今年、2017年の目標は以下の通りです。 ・TOEFL100を達成し、110 overへ歩みを進める ・GMAT/GREの学習を始める ・英語だけでなく、様々な知識をしっかりと身につけていく ・TOEFL受験(5月頃を予定)が終わったら留学コンサルに積極的にコンタクトを取る ・※仕事を通して自身のキャリアプランを明確にする   相変わらず英語力は高くないので、しっかりと勉強を継続して目標を達成していきたいと思います。仕事を始めたら大変なんて言いますが、結局自分次第ですからね。自分はやります。今まで以上に集中して自身の目標に向かって邁進するつもりです。   英語力に加えて自分は本当に知識がありません。大学で経営学を専攻していたと行っても本当に初歩の初歩も怪しいです。なので英語だけでなく幅広い知識を積極的に身につけていきたいです。自分は本を全く読まないという訳では無いのですが、習慣として本を読まないので習慣にしたいところです。   後半の留学とキャリア関連についてですが、留学コンサルには去年の春に既にコンタクトを取っているのですが、やはり複数のコンサルと連絡を取ります。複数の情報源が合った方が比較も出来ますし、その方がいいでしょう。次回のTOEFLが終わったらコンタクトを取ろうと思います。すぐにコンタクトを取った方が良いんじゃないか?という考え方もありますが、 ・今は自分の好きなことをしたいという ・本配属が何処になるか分からない ・就職してから生活リズムが変わるので少し落ち着いてからにしたい という理由でTOEFLが終わったらです。ただTOEFLは5月に受験予定ですし、本配属が決定する6月頃にはコンタクトを取っていると思います。留学するためのスクールも最近はSkypeなどを用いたオンライン講座などで勉強や相談が出来ますが、出来れば実際に学校に行って授業を受けたいですし、ただではないですからね。最適解を出すために6月頃にしたいと思っています。   あとは自身のキャリアプランについてですね。   まだ学生で自身のキャリアプランは頭の中のただの考えに過ぎません。だから仕事を通して経験を得てキャリアプランをブラッシュアップして行きたいなと思っています。これは今後の自分のあり方も規定しますし、留学の面ではMBAに進むのか、あるいはMasterに進むのかということにも影響してきます。なので働き始めてからも、この辺はしっかりと考えたいと思います。   ただキャリアに限ったことではありませんが、最適解なんて存在しないですよね。自分は最適解が存在しない=様々な可能性があると思っているので、最適解がないこと自体には全く問題ではありません。しかし、自分が何を目指すのか(留学の先)、どうありたいのか?ということが分からないという現状に不安を覚えます。というか不安しかないです。 自分はものすごいアグレッシブだよね、とか将来成功しそうなんて最近結構言われます。でも、自分では絶対にそんなことはないと思ってて。将来に対して不安しかないといっても間違いではないくらい不安を抱えているし、成功するなんて思ってません。 ただ、この状況は自分の積み重ねと行動によってのみ克服することが出来ると思っていますし、そうしなければ自分に先はないのでしょう。こういう状況を打破すべく、少しずつでも前に進もうと思います。     こんな感じでしょうか?   学生である期間もあと少しですが、後悔しないように過ごしていきたいと思います。   改めて、今年もよろしくお願いします。                    

Continue reading
今年の振り返りと辞書の話し

今年の振り返りと辞書の話し

  こんばんは。今回の更新が今年最後の更新になります。いつ更新をしようかと思っていたのですが、今日が一番いいかなぁと思ったので今日更新です(笑)     早いもので2016年も終わりですね。自分はまだ学生なので1年が終わる感じがあまりしません。日本の学生にとっては3月が大きな節目ですよね。就活開始やら卒業も3月ですし。ですが本当に1年が経つのが早いですね。去年の今頃は何をしていたのか?と思い返すと、実家に生活の基盤を戻して、迫り来る就活に対してもやもやしていました。自分の興味のあった業界の合同説明会の情報をゲットして応募してみたりしてましたね。それから早1年です。   この1年を振り返ると色々なことがあったと思います。特に就職活動は大きな出来事だったと思います。自分の場合思いっきり就活に傾倒したかというとそうではないんですけどね。ただ、就活を通して職を得るという以上に自分自身を見直すことが出来たと思いますね。自分の考え方や価値観がブラッシュアップされたというか、明確になったか?ってぐらいですけどね。   後は英語でしょうか。英語をやっていた印象が強いですね、やっぱり。C2メンバーらしく勉強してました。結果はTOEFL93と若干残念だったんですけどね。ただ、自分に足りないものが見えましたし、英語好きさんもおっしゃっていたのですが、 実力がすぐにテストの結果に表れるかというとそうでもないですからね。長い目で見ようと思います。次のTOEFLは5月にでも受けようかなと思っています。初めてTOEFLを受けてからちょうど2年くらいですね。そのときは100をしっかりと越えてGMATに繋げていきたいですね。   残り僅かな学生の期間ですが、授業も含めて充実させていこうと思います。もう授業が終わってしまうのか・・・と若干寂しいのですが、いつまでも大学生を続けるわけにもいかないので(笑)   来年4月から働き始めるわけですが、目的意識をしっかりともち、留学を実現させたいですね!邁進します!     ここからは辞書についてです。 クリスマスの日にAma○onを物色していたときに、ふと欲しい辞書があったことを思いだし思わず購入してしまいました。 それはOxford collocations dictionaryです。いわゆる連語辞典ですね。自分は電子辞書の追加コンテンツとして購入したのでそのほかにも英英と英英活用辞典も一緒に入手しました。電子辞書ではなく普通の紙の辞書と悩んだのですが、値段が変わらない上に電子辞書版は活用辞典も付いてきますから即電子辞書版にしました。確か紙の辞書はCD-ROMが付属していてPCに入れればPCでその辞書が使えるようになるのですが、自分はMacなので使えません(笑)まぁ勉強に使うのは電子辞書ですし、様々な辞書を横断検索しますし、発音も確認できるので電子辞書の方が自分は便利だと思います。軽いし。 ずっと買おうと思っていたら年末になってしまいました(笑)   どうして今回購入に至ったかというと、思っていたよりも手頃だったという現実的な問題に加えて、英語の運用力を高めたかったからです。運用力というと抽象的ですが、単語の選び方や修飾の方法、表現についてより深く知りたくなったからです。正直、コロケーション辞典は今まで欲しいしあったら便利だよな、くらいにしか思っていませんでした。自分が英文を書くときには類語辞典なり、英英辞典あるいは英和で事足りていたのです。しかし、Writingの授業を1年近く受け続けるうちに単語の選び方(特に前置詞)が分からないなぁと感じることが多くなりました。教授にも言いたいことは分かるけどネイティブはこういう言い方はしないなんて言われることもあり、自分の英語力をもっと高め、実際使われる英語に近づきたいなと思い購入しました。実際、日本人は文法は合っているけど言い方が変というような英文をよく書くそうですが、それはコロケーションを知らないという部分が大きく関係しているような気がします。英文を書くにしろ英語を話すにしろ、正しいコロケーションを知らないと自身の考えを相手に正確に伝えることが出来ませんし、相手に理解するために余分な努力を強いてしまいます。 Oxford collocation dictionaryの冒頭にはWhy is collocation important?という項目があります。そこには A student who talks about strong rain may make himself or herself understood, but it requires more efforts on the part of the listener and […]

Continue reading
色々と報告を

色々と報告を

こんばんは、kazuです。TOEFLが終わってからというもの抜け殻みたいになっております。 ずっとブログを更新しないとなぁと思っていたのですが、ブログに書くことがないな・・・と(笑)なぜ去年はあんなにも更新が出来たのでしょうか?謎です。TOEIC・TOEFL・英検と話題に事欠かなかったからでしょうか。 さて、今日は今後についてです。 まず最初にTOEFLについて。 卒業までに100を取ること。これが自身に課した目標だったわけですが、未だに受験を悩んでおります。受けると言った気もしますが、受験費用のこともありますし、そもそも後3ヶ月程度で7点上げられるか?という疑問があります。前回の80から今回の93まで13点の点数アップがありましたが、93と100の間の7点はこの13点よりも大きいものだと思います。それを考慮すると少し長い目で実力をつけていくべきかなと思います。 今回のTOEFLを受けて色々と自分に足りないものが明確になったので、それを改善していけるように勉強していきます。まぁ、全セクションなんですけどね(苦笑) TOEFLの次回受験については未定です。今の気持ちは大学在学中に受けないって感じです。臨時収入やらが合ったら分かりません(笑) ・最近の生活 もう英語ブログとか関係なくなってる話題ですね(笑) TOEFLが終わり、中間テストやレポートが全て終了しましたので現在は本当に暇です。時間があります。自分は朝起きて映画を観たり音楽を聞いたりネットをブラブラしたりとかなり自堕落な生活をしております。思い返してみると、今年が始まってからTOEFLなどが終わるまでこういう時間をほとんど取っていませんでした。就活に身を投じながら授業を受けて、夏休みはTOEFLの勉強をして・・・なんて生活をしていたからですね。それはそれで後悔はしていないのですが、本当に久しぶりにゆっくりとしています。出掛けるのも悪くないのですが、朝起きてコタツに入ってぼーっとしながら映画を観たりという生活はかなり贅沢ですね。リフレッシュ出来ます。 そんな生活をしていると、不思議と勉強をしたくなってくるのです。やる気チャージですね(笑) ですが、どう勉強をしよう?と久しぶりに思ったのです。TOEFL100越えを目指しているのだからTOEFLの勉強をやれといわれればそれまでなのですが・・・ ReadingはTIME辺りを読みつつ、まだ読んでいない論文でも読み始めようかなと思っています。読解力を養えるとは思いますし、様々な分野の知識を持っておくことはTOEFLだけでなく様々な面で役に立つでしょう。後は単語をやります。単語学習に関してはずーっと継続しています。最近はGMAT/GREの単語をやっています。これらのテストはTOEFLとは違いネイティブ向けなので単語が非常に難しいです・・・こんな単語あるのか!という単語を多く目にしますね。ほとんどが常用単語じゃないと思われます。 Listeningはまず根本的に聞く量が不足しているので量を増やします。そんなに長くないTEDの動画でも見ようかなと。あとはPodcastなんていいですね。正直Listeningの勉強を日常に組み込むというのは今まで成功していないです。出先で英語だけ聞くのってかなり辛いんですよね。洋楽は良いんですが。行き帰りの電車で時間を決めてやりましょうかね。 Listeningの勉強法で何か良いアイデアがある方はコメントにお願いします。 Speakingはよく使うフレーズを暗記します。瞬間英作文的な感じですね。やっぱり日常的に使うものはガッツリ覚えないと駄目ですね。ものすごく地味でつまらないと感じることも多いですが、結局近道だと思うので通学の電車内でやってます。勿論電車内では声を出しません(笑) Writingは大学の授業に頼りっきりです。大体週に計2000単語越えの量を書いているのでそんなに不足はしていないかなと。ただ最近文章の展開や使用語彙・表現がマンネリ化してきたので新しい表現をインプットして実際に使っていきたいと感じでいます。TIMEを読んだりして英語表現を身につけていきたいです。TOEFLのIntegratedに関してはListeningが足を引っ張っていることは明白なのでListeningを頑張ります。 上記に加えて文法を見直していきたいです。なんだか最近、Writingで顕著なのですが、文法を考えていないんですよね・・・もちろん動詞が文中に2つあるとかそういうミスはしないんですが、ここはこうすればつなげるよなーなんて感じで結構感覚で文章を書くことが増えてきました。正直、ネイティブの教授にネイティブが書いたみたいな文と言われたり、褒められることもあるので問題はないとは思うのですが、それが怖いんです。基礎が疎かになっている気がしてしょうがないんですよね。今TOEICを受験したらPart5とか落としまくる自信があります。基礎に立ち戻ることも大切ですね。気になったら文法書で再チェックするなりしたいと思います。 こんな感じでしょうかね〜 また何かあったら更新します。

Continue reading
Writing

Writing

  おまけで上げておきます。多分最近書いた中でいけていると思われるものを(笑)ミスもありますが大目にみてやってください(笑)   Nowadays we take using the internet for granted in our daily life. Its advent has dramatically changed our lifestyle. In addition, the widespread use of smartphones has elevated usefulness of the internet. All we need to access the sea of information is just to tap a screen with a finger. I think […]

Continue reading
TOEFLを受験してきました

TOEFLを受験してきました

  えー皆様本当にお久しぶりです。こんなブログにも人が来てくれていて嬉しいです、ありがとうございます。   さて、本日3回目となるTOEFLを受けて参りました。場所は御茶ノ水空シティです。今まで受けた中で最高の会場ですね。正直言ってテンプル大学以上です。立地は良いし設備も良いです。Very Good!!   1年ぶりとなるTOEFLでしたが、終わった感覚で言うと100際どい気がします・・・ここで100を取れても取れなくてもおそらく学生の間にTOEFLはもう受けないと思うので100を越えて気持ちよく卒業したいのですが微妙です(笑)いやー悔しいですけどね。   まぁグダグダ言っても仕方ないので感想から   Reading 最初が難しくて段々簡単になっていった印象です。多分最後の大問3は完答。それ以外は見直しを欠けましたけど分からないです。正直25は越えてると思いますがちょっと分からないですね。 語彙は全く問題なし。即答です。 読解については公式模試本を繰り返したり、TOPをやったので演習量はまぁまぁやったと思います。調子が良ければ完答、1ミスくらいに抑えていたので今回のTOEFLにもそれを期待したい。   Listening   本日のダメダメポイントその1.いやーアカンでしょう。LはRに比べて採点がシビアなことは有名ですが、それを考慮すると25を切ってしまう可能性が十分に考えられます。述べること無しです。ただ25は行っている気がする。そう信じたい。   Speaking   実は相変わらずグダグダって感じ・・・ですが明らかに以前よりは話せました。TOEFLってやっぱ最初の印象が大事らしくて口を動かしてれば割と点が来る・・・らしいです(笑)まぁ始めて受けたときほとんど出来なかったのに15点が来たことを考えると20位行ってるんじゃないかなと思っていますが・・・20切っちゃうかも知れないですね〜Speakingで唯一よっしゃーってなったのは5問目でしょうか。Lを聞いてどっちの解決策がBetterか述べるみたいな。アレは完答していると思います。期待。   Writing   実は最も自分が得点できると思っていたポイント。理由は簡単。今年度初めからネイティブの教授が担当するWritingのクラスを取っているから。前期はアレですが、後期はかなりWritingが向上したと思います。教授からもネイティブの文章って言われたりってことが最近あってですね(笑)語彙力表現力、文章の構成全てが依然とはレベルが違うと感じています。このブログに投稿した過去の自分のWritingと比較すると一目瞭然です。   が、   Integratedがちょっと不安です。Lの力がやっぱり不足しているんでしょうか。ちょっとLの内容に自信がないです。思いっきり外してるとかはないと思うんですが・・・痛いミス   で真骨頂のIndependentはお題が好きじゃなかったです。今まで培ってきた語彙力やら表現が全然使えなかったと思います。他の受験者と差別化するような内容が書けたかというと微妙です。ただ文量に関しては550Words書いたので文量は評価されると思います。redundantな文章でもないと思いますし。文量も評価されうるようなので期待しています。 この文量をかけたのはWritingのクラスのために、特に後期に入ってからは毎週合計2000 Words over エッセイをUS配列のキーボードで書き続けたからだと思います。元々ブラインドタッチは出来たんですが、USには慣れてなかったので。慣れたのが大きいですね。   でWは何点か?25は越えていくと思うんです。28位いけるかなぁ・・・   R25~/L25/S20/W28 T98って感じでしょうか。正直90台の可能性は高いと思いますね。L死んでると思いますし。まぁ今自分に出来ることはただ待つだけなんですけどね。   結果が返ってきたらまた更新します。前回のTOEFL受験時に書いたようなブログにならないようにします(笑)    

Continue reading
久々にWritingを

久々にWritingを

  こんばんは。今日はかるくWritingをあげます。Writingのクラスに後期も参加しています。聴講生扱いですが・・・で、TOEFLもあるということで週4−5本のペースでIndependent Taskのお題を書いています。 その中で割と良い感じに書けたというものを上げます。あ、でも最近は全体的に問いにしっかりと答えていてWell-developedだねと言われることが増えてきました。やったね!(笑)   Q: Some people say that the Internet provides people with a lot of valuable information. Others think access to so much information creates problems. I think the Internet offers a lot of informative information to people. Of course, countless information lies in the sea of the internet but I believe the […]

Continue reading